マトンカレー

マトンカレー

マトンカレー。ヤギ肉です。

インドのメロン

インドのメロン

インドのメロン

スイーツ

スイーツ

お中元にスイーツいただきました。いつもありがとうございます。スイーツつながりでインドのスイーツのページをご紹介いたします。

インドのスイーツ

アチャーリダムチキン・チャナダールサラダ・ラッシー

タージホテルの人気メニュー「アチャーリダムチキン」をご紹介しました。この料理はマトンへの置換が可能なので、マトン料理を習得したい方にもオススメ。プロのレシピです。スパイスの種類、プロセスともに多目です。併せて、チャナダールを使った「インド風サラダ」と、インドのヨーグルトドリンク「ラッシー」をご紹介いたしました。

インド料理教室

■ウエルカムドリンク
アイスチャイ

■アチャーリダムチキン
アチャーリダムチキン

■チャナダールサラダ
チャナダールサラダ

■ラッシー
ラッシー

インド料理教室のご案内
インド料理教室へ申し込む

■インド家庭料理ラニ 
224-0023 横浜市都筑区東山田3-17-7  045-591-8067 
横浜市営地下鉄グリーンライン 東山田駅 北山田駅 徒歩7分

■レッスンの様子
レッスンの様子

レッスンの様子

■本日のスパイス
スパイス

エアインディア機内食

エアインディア機内食

インディラガンディー空港から成田行きのエアインディア機内食でございます。ベジタリアンを選択。メインは、ミックスベジタブルサブジと、シャーヒパニール。

これ、激ウマでした。いままで数え切れないほどエアインディアを利用していますが、いままでの中で一番おいしかったです。もう機内食とか関係なく、普通の食事として美味しかったです。機内食のクオリティを変更したのかしら?というぐらい。

機内食はよかったですが、やはり客室業務員の接客は日本の航空会社と比較すると残念な感じ。ANAやJALの接客はおそらくワールドワイドで高い品質だと思います。

インドのカメラ事情

2016年6月〜7月。今回インドに帰って感じた、インドの変化。それは写真撮影について。

旅行や自撮りがとても大好きなインド人。ちなみに私自身は旅行にも自撮りにもあまり興味がありません。 ちょっと変わったインド人かも。

スマホは日本からやや遅れて普及した感のあるインド。インド全体がそうなのか知りませんが、インドに住む私の友人や家族や親戚など限られた範囲の人の動向はそうでした。写真撮影は数年前までは、デジカメが主流でした。 ここ1年ぐらいで爆発的にカメラ付スマートフォンが普及しまして、写真撮影はスマホが主流に。そして自撮りが大好きなインド人。セルフィが大流行していました。

劇的な写真(?)を撮影しようと「断崖絶壁でセルフィ撮影中に誤って転落死」などの事故がそこそこ発生していて、インドでは国が「セルフィ撮影中の事故に気を付けて!」と、かなり費用をかけて注意喚起しています。ここで撮影したら危険だなと、わかりそうなものですが、いろいろな人がいるものですね。

私はインドに帰国した際には、自分のブログに掲載するための写真を撮りまくります。「ブログでインドや、特にインドの食について紹介するのはあなたの仕事みたいなものだから、インドの食べ物や、日本にはない珍しいものを撮影してくるように。」という指令を受けてインドに帰国するので、カメラマンでもないのに、写真を撮るのが半ば仕事みたいになっておりました。

最初は正直「面倒くさいな。」と思いながら撮影していたのですが(笑)、今は「これは日本ではみかけないな。みんな知らないだろうな。面白そうだな。」と考えて自ら進んで撮影しております。(笑)

デジカメ時代は、なかなかに「写真撮ってます!」という感じになるので、撮りにくかったです。一度きりですが、ショッピングモールで撮影していた時にもめたことがありました。どうやら私は「一緒にいてはいけなかった二人」を撮影してしまったらしく

「今、オレのこと撮っただろ?」
「いや、このショッピングモールを撮影しただけで、あなたを撮ったわけじゃないですよ。」
「今の写真見せて。写ってるじゃないですか。困ります。消してください。」
「おまえは家族が雇った探偵か?」

などのやりとりの後、私は撮り方は知っていましたが、消し方がわからなかったので(笑)、その男性に頼んだら、それまでそのデジカメで撮影した写真が全部消えたというアクシデントがありました。500枚ぐらい。ガーン。

そのような感じで、外国人だったら観光客なので問題ないですが、インド人がむやみに写真撮影していると、「なに撮ってるんだよ?」と変な目で見られたりしました。

その後、日本では携帯電話のカメラがデジカメに迫る品質になり便利になった頃、インドではカメラ付きの携帯があまり一般的ではなかった。でもメールはみんなが使っていたので、インドに行ったときはスマホでメール読んでいるフリして撮影という技が使えるようになりました。

メールを読んでいるフリして撮影ができたのもつかの間、すぐにインドでもカメラ付き携帯が普及して、一旦はまた「何撮ってるんだよ?」っていう空気になりました。そしてまた、間もなくインカメ付携帯が普及しまして、もうインド人セルフィしまくりです。

今となっては「自分の写真撮ってるんだよ! なんか文句あるか?」という雰囲気で堂々と写真が撮影できるようになりました。ちょっと手を伸ばし気味でいかにも自分を撮影しているかのように、行きかう人を撮影するのが、街撮影の極意です(笑)。

インドで面倒くさいのは、商人のみなさんには、間近でご本人や商品を撮影する時は、ひと声かけて一応了解をいただいてから撮影するのだが、写真を撮ると「1個買え」とか、チップを要求されたりするのが面倒です。「1個買え」はわからなくもないんだけどな(笑)。だから面倒くさいけど、自撮りしてるフリしてお店や商品を撮影したりしています(笑)。

インドでもポケモンGOが流行するのだろうか。また死人が出そうです。

携帯電話2013年


TAJ MAHAL タージマハル
タージマハル


Khajjiar, Himachal Pradesh, Switzerland of India
Khajjiar, Himachal Pradesh, Switzerland of India

Rajma curry

rajma curry

ラージマカレー

インド豆

チャパティ

チャパティ

チャパティの作り方

サラダ

サラダ

きゅうりと玉ねぎ。

カダイマトン

カダイマトン

親戚のお兄さんがおもてなし料理を作ってくれました。カダイとは写真にある丸い取っ手のついた鍋のことです。この鍋で作ったマトン(山羊肉)のカレーです。

カダイマトン

カダイマトン

カダイマトン

カダイマトン


Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

ケータリング

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る