適正価格で、

私のお店では、平日のランチを950円でご提供しています。内容はカレーとナンだけ。

定食屋さんやファミレスのランチだったら600円〜700円台。500円以下でがんばっているお店もありますよね。また、同業のインド料理店でも特に都内では、700円〜800円台で副菜や飲み物もついていたり、さらには食べ放題なんてお店もあります。

私のお店所在地が銀座のような一等地なわけでもないのにランチの価格だけで見たら安くないというか、ぶっちゃけ高いと思うんですよ。

価格のことだけ考えれば、材料を安いものに変更してコストダウンすれば、前述のような価格でのランチメニューのご提供は可能なんです。

でも、どうしても生肉を使用する(冷凍ものは使用しない)という点に関して妥協することができません。野菜も冷凍物を使用すればかなりのコストダウンになることは間違いないですが、やはり妥協することができません。

新鮮な食材にこだわってしまうと、どうしても原価がUPしてしまいます。自分が食べたいと思う料理を、おいしいインド料理をと思うとどうしてもその点だけは譲れないです。

ラニセット

私も50歳になりまして、これからの人生で死ぬまであと何回食事を摂るのだろうかと考えると、1回でも無駄にしたくないと思うんです。そして、最近は新鮮でないものを食べると体の調子が悪くなってしまいます。そのため外出先などでよさそうな食事に出会えない場合は1食抜いてしまうことも多いです。

本当は、お店のキッチンはオープンキッチンにしたかったんです。その方が厨房の緊張感も上がりますし、なにしろ愚直に丁寧に仕事しているところをお客様にぜひ見ていただきたかったからです。しかしながら、店舗の構造上オープンキッチンは断念しました。

料理人の仕事に手間がかかる点はある意味どうでもいいんですが、やはり材料の原価については企業努力にも限界があります。努力しながらも尚、これからも頑固にがんばっていきます!!!

不景気だと毎日ニュースでも、レイオフの話も多く厳しい状況だとは思うんです。クリスマスも「おうちごはん」が増え、外食産業には厳しい冬となるという噂ですが、それでも私は「質」にこだわりたいと思います。

うちのお店の料理人は家族だけです。以前はコックさんを頼んで
いたこともあったんですが、今は家族以外はいません。信頼のおける人がなかなかみつからないというのもあるのですが、うちの厨房の仕事はものすごく面倒なんですよ。だからすぐに辞めてしまう。もっと楽な仕事(店)がいいってことです。仕事が楽でも、面倒でも給料は一緒ですからその気持ちも理解できます。

どのように面倒なのかカレーを例にご説明いたしますと、カレーをオーダーがくるたびにいちいち作っているインド料理屋はあまりないと思います。

通常は1回で1週間分ぐらいをまとめて作って、オーダーが来るたびに温めて出すというやり方が多いと思います。
場合によっては、カレーを冷凍保存。。。

本来は「温める」という行為にも相当なテクニックが必要なのです。単に温度を上げるだけなら簡単ですが。

なんだか長くてまとまりのない記事になってしまいましたが、これから先もブレることなく、私の理想とする
インド料理を追及してまいります。よろしくお願いいたします。

■食材の安全性について
 食品全般の表示や、安全性に関する報道の多かった2008年です。
 
 ラニで使っている食材の肉に関しては、鶏肉ラムマトンは、生なので全て日本国内で飼育され、加工されたものです。

 また野菜に関しても、地元の農園から購入したものは間違いなく 国産ですし、その他野菜に関しても冷凍ものに比較すれば、 日本国産の割合が圧倒的に高いと思います。

 お米はあきたこまちです。
■関連記事

コメント
熱意がガンガン伝わってきました。
そしてハリオムさんところのカレー&インドパンも絶対食べてみたい…と思いました。
私は遠い海外なので、お店に食べにいけないのですが、普段はYOU TUBEにアップされているレシピ等で勉強させてもらっています。
里帰りの際には都内の安ランチで済まさず、がんばってハリオムさんのお店まで足を伸ばせたらいいな!と思います。

  • Gyouza
  • 2008/12/25 1:07 AM
Gyouza さま
ご訪問&コメントありがとうございます。日本に帰国された際には、ぜひお立ち寄りくださいませ。そして幸せになってお帰りいただきたいと思います。
うちのお店はランチのお値段が安くはありませんが(ベラボーに高いわけでもありませんが)、ディナータイムよりは、ランチタイムの方がお得な価格設定となっておりますので、ぜひランチタイムにご来店ください。いや、経営的にはディナータイムにご来店いただいたほうがありがたいですが。(笑)
うちのお店は、ランチタイム用に別のカレーを出したりしていないので、本当にランチがお得ですよ。じゃあ夜もランチと同じ値段でやればいいじゃんという話もあるかと思いますが、私の中ではランチはあくまでサービスという位置づけです。本当は開業するにあたってランチタイムの営業自体やるかやらないか考えたんですが、日本では「ランチ」としても多くのレストランが営業していますし。まずはお店を知ってもらうためにお昼も営業した方がいいよねと。
経営的な話で言えば、ランチタイムはハードの稼働率を上げるためにやっているんですね。
でも営業するからには、それこそお店をあけていても、それなりにお客様にご来店いただける価格に設定にしないとなぁということで、サービス価格でご提供しております。
それでもランチとしては安くないですね。。。というのが今回の記事の趣旨です。
○ニクロや○クドナルドなど「価格で勝負」する経営戦略が好調のようですが、はやり私は「品質(というか味)」第一でいきたい。いや、各社もちろん「品質も重視」「価格を考えると相当質がいい」からこそ受け入れられているんだとは思います。
本当は低価格で質のよいものが提供できれば一番いいんですけどね。私はまだまだ力が足りないようです。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
サモサの皮です。サモサの皮も粉からちゃんと作ってますよ〜。 サモサも具。じゃがいもとカシューナッツ、レーズンなどを スパイスで味付けしたもの。このまま食べてもおいしいです。 サモサの皮で具を包んだところ。 サラダ油で揚げます。 で
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/03/25 12:47 AM

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめの本

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る