サグ

サグ

「本物」のサグです。サグは菜の花(からし菜)のことです。菜の花のカレーです。

■今日は「ほうれん草=サグ」について熱く語ってみます。

ほうれん草のカレーのことや、ほうれん草のことを「サグ」と言ってますが、ほうれん草=サグというのは実は、間違いです。ほうれん草はヒンディ語ではパラクといいます。サグは菜の花のこと。インドでサグカレーと言ったら「菜の花(からし菜)で作ったカレー」のことです。

インドでは、誰もほうれん草のカレーのことを「サグ」って言いません。サグって言っているのは日本だけ。そういいながら、私のレストランのほうれん草のカレーも「チキンサグ」「マトンサグ」「サグパニール」ですが、本来なら「パラクチキン」「マトンパラク」「パラクパニール」なんです。

「じゃ〜なんで、オタクの店のメニューも『サグ』なわけ?」というと得意の「郷に入ったら郷に従え」方式なんですよ。(笑)日本では「サグにした方がお客様にわかりやすい」という
アドバイスに従いました。

ナンの形はインドでは丸い でも郷に入ったら郷に従って滴型さ

そしてですね、更に「ほうれん草カレー」の話をしますと、ほうれん草のカレーで最もポピュラーはものは以下の3品目。

・パラクマタル(ほうれん草とグリーンピースのカレー)
パラクパニール(ほうれん草とチーズのカレー)
アルパラク(ほうれん草とじゃがいものカレー)

ほうれん草カレーはベジタリアンのカレーというイメージで、あまり肉との組み合わせは一般的ではありません。少なくとも北インドのレストランのメニューにはほうれん草(パラク)+肉 はないと思います。(家庭料理では、ほうれん草カレーの具に肉はアリかも。)

一方、サグ(菜の花・からし菜)の場合はチキンマトンとの組み合わせはアリですね。

もともと「サグ(菜の花・からし菜)」はインドで多く食べられるものです。そのため私の出生の地(ニューデリー)周辺では、「サグ」と「パラク」は絶対違うもの、という感じなのです。

この記事の上の方で「ほうれん草=サグ」は間違いと断言しましたが、インド国内の北インド以外の地方においては
「ほうれん草のことをサグと呼ぶ」地域もあるようなのです。<やや弱気

それで日本で「ほうれん草=サグ」となったのかもしれません。どちらにしても、実際の料理の「見た目」がほとんど一緒。(当然、味は違います。)

もうひとつの仮説は、インドでは「ほうれん草(パラク)」は通年流通していますが、菜の花(サグ)は期間限定(季節物)なので、サグをパラクで代用するうちに、どちらもそう呼ぶようになった???

■家庭で食べるサグカレー

基本的にインドの家庭料理は「できたて」が一番おいしいです。が「サグ」に関してだけは、2日目、3日目がおいしいと言われています。(日本でも欧風カレーやおでんは2日目がおいしいと言いますよね。)

そのため「サグ」はサグだけで作って、1日目はチーズ(パニール)を入れて、2日目はチキンを入れて、3日目はマトンを入れて、というように楽しみます。

そのようなカレーは
マトンサグワラ(マトン入りサグカレー)
チキンサグワラ(チキン入りサグカレー)
と呼ばれます。

この場合なぜかカッテージチーズを加えた場合はサグパニールと呼びます。

インドの野菜

■ラニのカレーメニュー
ラニのカレーメニューには、ほうれん草のカレーは4種類。
サグパニールチーズ
チキンサグ鶏肉
マトンサグ羊肉
アルパラクじゃがいも

なぜ「じゃがいも」だけパラクなのかと言えば、、、あとから追加したメニューだからというのが一番大きな理由ですが、「ほうれん草はパラクなんだよっ」と主張したかったというよりは、「アルサグ」より「アルパラク」の方が言いやすい(語呂がいい)からという軟弱な理由だったりします。

サグ(菜の花)
インドで売っているサグ

チキンサグの作り方(レシピ)
■関連記事

コメント
ハリオムさん、おつかれさまです。
ていねいに料理、素材の解説を書いてくださるので、ついつい読んでしまいます。ここでは菜の花は入手できませんが、菜の花に味の近い野菜を畑で育てています。育ったら、このカレーを作りたくなりました。
私はインドに行ったことがないし、ヴェジタリアンでもありません。でも、野菜や豆が基本にあるインドの食事は、カラダが求めているものです。
  • Pandora
  • 2009/03/01 12:53 AM
ブログを参考に、晩御飯作ってます。
インド好きなので、でも調味料とか、
なかなか手に入らなくて、今は市販のカレー粉だけで作ってます。 ハリオムさんがYoutubeに、載せたキーマカレー作ってみました、市販のカレー粉でですが笑、でも美味しかったです。鶏のミンチはなかったので、胸肉かって包丁で自分でミンチにしました笑

ブログ、コメント余りできないですが、毎日見てるんでこれからも、美味しいレシピ教えてください。

後、自分ちょっと頭よくないんで教えて欲しいんですがナマステって意味なんでしたっけ?、確か、こんにちはとかだった気はするんですが??
  • インド大好き
  • 2009/03/01 2:28 AM
Pandoraさま
私は田舎暮らし好きなんですよ。私のお店のある場所も横浜市と言っても、市役所や山下公園や中華街などのいわゆる「横濱」と言われる場所からはちょっと離れていて、車社会ののんびりした場所ですよ。
私も家庭菜園やっています。植木鉢でですが。近所で野菜を直売している農園も多く、新鮮野菜で幸せになれる場所ですよ。
インド大好き さま
ご訪問ありがとうございます。私のレシピを参考にインドカレーを作っていただいているそうで、うれしいです。キーマカレーは本来包丁でミンチするものなのですよ。(面倒だからみんなやりませんけどね。)ですから、むしろ包丁ミンチが本道です。

ナマステは万能の挨拶の言葉です。
詳しくは以下URLに記載されております。
http://blog.chefhariom.com/?eid=113557

毎日見てくださっているのですね。うれしいです。これからもがんばります。
サグって菜の花のことなんですか!個人的にはカラシ菜のことだと思ってました。からし菜とほうれん草を混ぜて作るカレーがサーグ
だと聞いたものですから。コーンのチャパティと食べるらしいのですがこれはニューデリーではあまりメジャーではないのでしょうか?
  • カレー好き
  • 2009/03/08 9:21 PM
コメントありがとうございます。私にはサグは菜の花ですね。サグ(菜の花)とパラク(ほうれん草)を混ぜて作るカレーというのはおっしゃる通り、一般的です。コーンのチャパティはマッケギロティと言いますが、これとサグを一緒に食べるのはパンジャーブの流儀です。
カレー好きさまの情報ソースがわかりませんが、からし菜のことをサグと呼びますが、それでカレーを作るという話は聞いたことはありません。なぜなら、からし菜はあまりおいしくないからです。苦味、辛味が強いですからね。アブラナ科の植物という点では、共通点があるとも言えなくはないですが、全く違う野菜ですね。
でも、からし菜でカレーを作っている地域もあるかもしれませんね。インドは広いですからね〜。カレー好きさまの方がインド人の私より多方面でインドにお詳しいのではないでしょうか。これからもいろいろご教示くださいませ。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
インドで売られている「サグ」(菜の花)です。 日本で菜の花と言えば、10cmぐらいの長さのものが 売られていますが、インドではこんなに長いです。 品種が違うのかな? ⇒「サグ」にまつわる薀蓄(うんちく) ⇒インドの野菜 ⇒菜の花のカレー
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/03/08 12:18 AM
サグ(菜の花) ■今日は「ほうれん草=サグ」について熱く語ってみます。 ほうれん草のカレーのことや、ほうれん草のことを「サグ」と言ってますが、 ほうれん草=サグというのは実は、間違いです。 ほうれん草はヒンディ語ではパラクといいます。 サグは菜
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/03/08 12:19 AM
「たまねぎは茶色くしなくていいんですか?」というご質問。 「豚肉にしてもいいですか?」と同じぐらいよくある質問です。 確かにたまねぎを茶色く小さくなるまで炒めるというカレーの作り方は TV番組などでよく紹介されておりますし、実際インドでも 「飴色
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/06/20 12:15 AM

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る