雪!

雪
今日の横浜は雪ですって!!! 先ほどお店に電話したら
弟が教えてくれました。なんてたって私はインドにいます。
明日の飛行機で日本に戻る予定でしたが、ちょっとアクシデントがあり
来週のなかばのフライトに変更することになりました。

実は、昨年の夏よりとても「縁」が深くなっている場所があります。
それは「病院」。私自身はメタボである、ということを除けば
至って元気なんですけどね。家族が次々に手術&入院しまして。

もう本当にこれでもか!という感じなんですよ。
実は、結構凹んでおります。<でも相変わらすメタボです。
昨年の夏より、ずっと浮上できない感じです。

日本には「お祓い」というものあがるそうで、インドのお寺
そういうことしてもらったら? と日本の友人からも言われたりして。
■関連記事

コメント
ハリオムさん、大丈夫ですか?
ご家族がご病気になられたのですね。
うちも結婚して20年なんですが、このほとんどを介護で過ごして来ましたので、ハリオムさんの心中お察し致します。
看病する方もされる方も大変ですが、上手くストレス発散出来たらいいですね。

東京も凄い雪が降っていますよ。
気をつけて帰って来て下さいね。
  • 2009/02/27 1:44 PM
名前を書き忘れてしまいました。
ジャスミンでした。
  • ジャスミン
  • 2009/02/27 1:45 PM
ジャスミンさま
いつもご訪問ありがとうございます。たった今、病院から戻ったところです。ジャスミンさまもいろいろご苦労されてきたのですね。「20年」と文字で表すとたった3文字ですが、簡単に語りつくすことのできない、いろいろなことがあったことでしょう。そういう方にかけていただく言葉は、重みがあるというか、本当に身にしみます。

今回のことで、日本の「健康保険」というのは素晴らしいシステムだと思いました。インドにはそういうものがないので、よりよい医療サービスの提供を受けようとすると、医療費の負担もそれ相応のものになります。要するに全額自己負担なので。

ともかく、私達家族に平穏な日々が訪れるのを待っている感じです。今はハリケーンや台風の暴風雨の中で翻弄されているかのようです。人間は無力ですね。
そうですね、日本は保険がききますし、障害年金があったら負担は少なくて済みますし、色んな制度があるのでいい方かと思います。

私自身もある病気を抱えていて、現在も進行形で家族の介護をしています。
一つだけ言えるのは、負の連鎖に巻き込まれない様に、自分の時間は大切に、好きな事をして考え込まない事が大切ですね。
私も今もってストレスを溜めない様にしていますが、なかなか難しいですね。
人には言えない、理解してもらえない事も沢山あありますが、上手に乗り切って行きましょう。

毎日拝見しております。
嵐はいつかおさまって、必ず晴れの日がやって来ますよ(^^)
おつかれさまです、ハリオムさん。
気忙しいことは重なりやすいものですが。
かつて実家が和菓子の製造、販売をしておりましたので、両親があわただしく働く姿を見て育ちました。祖母は脳溢血(のういっけつ)で右半身不随となり、3年ほど、家族揃って家で介護しました。母が「どうやって過ごしたか思い出せない」と言うことがありますが、その気持ちが伝わってきます。
ハリオムさんもご自愛ください。
  • Pandora
  • 2009/02/28 12:27 AM
コメントありがとうございます。
よくよく考えてみれば、私の家は病院にも行かれるし、面倒を見る人手もあるし、まだまだ状況はそれほど悪くないと思っています。お二人からコメントをいただいて元気になりました。ありがとうございます。
基本ブログには愚痴は書かないようにしているんですが、今回は書いてしまいました。親身になっていただきとてもうれしいです。
 HariOm先生、お元気ですか。横浜は寒いです。
 私は愚痴や告発など不穏な話ばかりblogに書き散らかして10年目です。今日も元気に愚痴ってまーす。
 私は先生をメタボとは思いませんでしたけど、痩せ過ぎより良いのでは。痩せ過ぎてると、なんか怖そうな感じがしますし。。
 健康的で肌にツヤがあって、瞳に目ヂカラが宿っているのが美しい。
 HariOm先生は美しいですよー!)^o^(

 ご無事のご帰還をお祈り申しております。
 ご家族の平安をお祈りします。
 先生とご家族が世界中の神様達から護られますように。
ご飯さま
コメントありがとうございます。いろいろ大変だったみたいですが、お互い頑張りましょう!!!
メタボに見えないとはうれしいお言葉。でも脱いだらスゴイんです。(笑)
ご飯さまも「癒しのステージ」花粉症に負けず頑張ってください。
料理教室は私にとってライブみたいなものですよ。最近は楽勝?ですが、昔は前日緊張して寝られないなんてこともありました。毎回最高のパフォーマンスを見せたいと思っています。「おくりびと」じゃないですが、職人の本物の技は美しいですよね。
ご飯さんのライブもきっと職人技で美しいんでしょうね。
愚痴とひとことで言ってもいろいろなものがあると思うんです。それが当人のワガママだけからくるものだと、どうかと思うんです。ただの文句。でもそうではないものもあるじゃないですか。ご飯さんの愚痴はけっこう人の役に立っていると思いますよ。
ご飯さんもそうですが、実名で顔も、私の場合は更に住所も電話番号も大公開で、、、となるといろいろ気を使いますよね。
本当は「裏話」が一番面白いんでしょうけど、書いた瞬間に裏話じゃなくなりますしね。(笑)
皆さんに見ていただけるようになるのはとてもうれしいですが、アクセス数が増えるのに比例して「変な電話」や「変なメール」の件数も増えますしねぇ。
でもやっぱり私には、みなさんと私とつなげてくれるツールとして、お店サイトやブログは欠かせないものです。
 わっ。
 ゆうべ何度tryしても、とうとうcommentを書けなかったなあ、先生にメッセージが届かないなんて悲しいなあ、、、(;;

 と思いながら寝たのに、

 しっかり届いていてビックリしました。

 確か20回ぐらいtryしたので、もしかして同じのが大量に入ってませんでしたか?荒らしてたらスミマセン。

 でも、comment入れられて嬉しいですー♪)^o^(

 #♭#♭#♭#

 今日も沢山愚痴って告発しました。戦闘機に向かって竹槍で突撃してるようなもんで、かっこ悪いし、恥ずかしい。本当は専門分野のことばかり書きたくなる自分になりたいです。
 先生のように、一貫して【お客様に向けてより良い情報提供をするために専門分野のことだけひたすら載せ続けて行くwiki的なblog】を書けるようになりたいのが、本当のところです。
 先生のblogは知識と経験が豊かだからこそ成り立つスタイルだと私は思います。
 技術と健康と愛に溢れる専門blog。それだけの生き方が在るからこそなんだなあと思って、心から尊敬しています。

 自分は、いつかそんな素敵なエキスパートになりたいなあと思って居ます。(それでも延々と愚痴や告発を続けそうですが。許せないことを胸に溜めて不条理に追従するのは我慢ならんのです。)
 先生の背中を見て、これからも精進します。

 と、綺麗に纏めて終わりたいけれど、公演が近付いて来て今日も眠れません。なんか、こう、
 「なるようになるのさ〜♪」
 とか、潔くなれないもんでしょうか、、、

 先生、早く日本に帰って来てください。
 住所や電話は載せてないんですが、、、簡単に突き止められるらしく、私のところも変なのがガンガン来ます。
 電話は自宅電話ごと何回変えたか判りません。時には本人の実物が押し掛けて来ることも。何回警察に届けたか判りません。。(T-T)
 私も、IT技術屋さんの友達にblogとmixiを管理して貰ってます。独りで管理なんて絶対無理(;;

 お店は連絡先を変えるわけにも行かないから大変ですね。テレビに紹介されたばかりの時期なんて、きっと物凄く大変だったでしょう。saki姐さんも幾つ体があっても保ちませんね。

 やっぱり「御祓い」ですね!!
 世界各国の色んな神様全員集合で悪いのやっつけて貰いましょう。

 先生と御家族の御健康にラニの皆様の平安も追加して、私も祈ります。

 (−人−)合掌。
不本意ながらも「なぁなぁ」で終わらせてしまいそうになるところを、折れないで頑張る姿勢は素晴らしいですよ。みんな元気をもらっていると思いますよ。基本、愚直で不器用なんですよね。<プロの音楽家に対して失礼なものいいご容赦ください。褒め言葉です故。

私のblogに関して、過大な評価をいただき恐縮です。私の野望としてはとりあえす日本国内では「インド料理のことならハリオムに聞け!」みたいになればいいな〜とは思っています。

うちはお店だからいいですけど(実物の押しかけ大歓迎:笑)、自宅に来られたらコワイですよね。気をつけてくださいね。でも立派な用心棒がいるから大丈夫ですね。
『インド料理のことならハリオムに聞け!』。

 良いですねー!

 沢山の巨匠がいらっしゃいますが、これだけ誠実に人を愛し世界を愛し、大切なレシピを大公開でインド料理の素晴らしさを教えてくださる先生は稀有な存在だと思います。
 きっと先生は生まれもってインドの神様の御意思に見込まれてしまったのですね。私はそう感じます。それはLuckyというか、因果というか、まあLuckyなんでしょうけれど、現実的には大変な宿命を背負ってしまわれて、お疲れ様です。(←褒め言葉です!(笑))

>愚直・無器用
 あはは。いつもそう評価されるのでドンピシャです。英語圏の友達には、愚直の意味を含むhonestyと良くからかわれます。
 私も人の子なので、突き詰めれば【パンドラの箱】ですが、顕在意識は先生のおっしゃる通りです。多分それが自分の宿命です。

 先生、ホントに日本語が上手いですね!私は良く趣味とアルバイトを兼ねて小学生から大学受験生まで国語を教える仕事をしますが、去年初めて先生のblogを拝見した時、美しい日本語だなあと思いました。日本に生まれ育った方なのかとばかり思っていました。
 こないだ初めて、テレビでヒンディー語講座を観ました。意外と文法や感覚が似てるんですね。日本語と同じ系統の文法なのは韓国朝鮮語だけなのかとばかり思っていました。
 先生の日本語はとても美しいですね。どうやって習得されたんですか?昨今崩れた日本語ですが、先生の美しい日本語を、今時の日本人には知らしめたいものです。
 素晴らしい料理の先生に、こんなにも日本語を愛して戴けるってホント嬉しいです。
 不肖な島国日本でホント申し訳ありませんが、これからも日本に素敵なインド料理を教えてください。

 saki姐さんにも話していたのですが、私は先生の料理の、心優しい味が大好きです。
 それは先生のblogから感じて習いに行きました。
 それはひとえに、【行間から先生の愛と優しい味が溢れて居たからです】。
 色んなリスクを背負いながらもblogを続けてくださって、ホントに有難うございます。
 これからも宜しくお願い申し上げます。


 長文投下、失礼致しました。
Honestyと言えば、Billy Joelを思い出しますね。

年配のお客様に「キレイな日本語を話しますね。イマドキの日本人よりよっぽどキレイな日本語だねぇ。」とお褒めをいただくこともあります。

私達4人兄弟の中では、私が一番キレイな日本語だと思いますよ。(自画自賛)でも一番日本語がウマイのは2番目の弟のディーパック。彼は仕事の関係で日本人と暮らしていたことがあるので、日本語がとても自然です。あまり訛ってないですし。しかも「変な言葉」もたくさん知ってますよ。(笑)

書き言葉で正しい日本語(をできるだけ使おうと思っています。)で表現できているのは、ひとえに優秀な日本人スタッフのおかげです。

どうやって日本語を覚えたのか。まぁ、20年以上住んでいるので、自然に覚えた感じですよね。最初は日本語、全然わからなくて、覚える気もなかったですよ。全部英語で通していました。ですから、実際かなり不便でした。来日した時点で、英語は学校で習っていたので、そこそこできたのですが、あまり得意ではありませんでした。でも日本人とのコミュニケーションの手段が英語しかなかったので、来日してから英語を懸命に勉強しました。それしか方法がないわけですから追い詰められると、人間なんとかできるもんですね。

日本に住んでいながらも、しばらくは「英語だけ」で生活していたんですが、少しでも日本語ができると買い物にしても、なににしても便利なので、次第に身に着けていった感じです。

但し、今でも困るのが本当に丁寧な営業さん。日常会話には困らないのですが、ビジネス仕様の会話で「漢字の熟語連発」の会話。アレは困るんですよね。「おんしゃの…」というアレです。対面ならまだいいですけど、ものすごく丁寧な電話が一番困ります。

ところで、ヒンディ語と日本語はちょっと似ていますよ。文法も似ていますし、意味は全然違うけど、日本語にもヒンディ語にもある言葉などもあります。
 コメントストッパーのご飯です。何だかいつも恐縮です。

 先生の日本語、ひとつも間違って居ないところが凄いです。私が書く不自然な英語は先生には絶対見せられません。(笑)
 物凄く馬鹿丁寧な仕事会話の電話は、あれはあれで凄いですよね。中身は大したこと無くても、良くもまあペラペラと。あれは訓練の賜物だと思います。
 あれはロールプレイング(日本語では《応酬話法》と訳すらしい)ってやつで、普段の会話やディベートとはまた違った、営業職なら欠かせない技術だそうですね。ベテランで、ロープレの例題を1つに付き200回も唱えて完全に歌詞のように暗唱したという友達も居ます。
 私も、出来もしない英会話を仕事で必要とされた時、台本を本気で200回ずつ唱えて丸暗記して臨みました。でも、台本に無いことを聞かれたら凄い困るんですよね、、、「すみません、それは台本に無いから日本語で失礼させて戴きます」と答えました。日本語で。面接は落ちました。w

 ヒンディー語、最初は記号と音に思えていました。親しみが湧いて来るにつれ言葉として美しく胸に響いて来るように思えて来ました。毎日チキンカレーばっかり作って食べてるせいでしょうか。

 いきなりですが
 サリーの着付けが出来たら素敵ですね!近いうち、サリーでステージに出てみたいです。
  • ご飯
  • 2009/03/04 1:18 AM
サリーはね、日本の着物ほど着付けは大変じゃないと思うんですが、結構面倒ですね。動きにくいしね。ステージだったらあまり動かないから大丈夫ですかね。パンジャビドレスは誰でも簡単に着れるのでオススメですね。普段着ではなくて「ハレの日」用の豪華なパンジャビもありますよ。パンジャビも上着デザインや丈の長さ、パンツも種類がたくさんあって、ものすごい太いけど足首あたりは細くなっているもの、スパッツみたいにひざ下の細いもの、ブーツカットタイプなどいろいろありますよ。
またレヘンガという、スカートとブラウスに別れたドレスもあります。レヘンガは結婚式の新婦さんの衣装の定番です。
 私はサリーを着たことが無いので想像ですが、確かにシッカリ着ると演奏にはキツそうですね。簡易バージョンのセパレートにします。でもサリーが理想です。とても惹かれます。

 今日は残念ながらフツーに地味に無地のタートルネックセーターに黒いロザリオ、黒ズボンに軍靴で出演で、何だか隣近所のオバサンて感じでした。

 太ってドレスが入らなくなっちゃったんですう(><
 別に、だから「サリーを着たい」って言い始めたのではありません。でも半分は太っても綺麗に見えそうだからという理由です(←微妙。w)。

 ‥でもインド人やネパール人のみんなは顔のパーツが大きくて、太っても埋まらないから綺麗なんですよね、ルックスが。顔立ちが美しいと、何を着ても綺麗に栄えるんですよね。
 ずるいです。羨ましいなあ!
  • ご飯
  • 2009/03/05 12:33 AM
太っても埋まらない

太っても目鼻口が顔に埋まらない

日本人は太ると目鼻口が顔に埋まって変な顔になる

それって自分。

 という話でした。
  • ご飯
  • 2009/03/05 12:43 AM
サリーは1枚の布なので、太っても痩せても同じものを着ることができます。またアンダーのペチコートも「紐」なので、自由自在にサイズの調節ができます。但し、ブラウスだけはピッタリしていないと決まらないので、これはオーダーで作るぐらいの感じです。アジャスターのついたブラウスもありますけどね。
ですから、ブラウスについてだけ言えば、むしろ洋装のドレスよりもジャストサイズかもしれませんよ。サイズ変化に対応できるように、ブラウスを何枚か用意しておくというのも手です。

確かにサリーは痩せている人よりも、むしろ太っている人の方が似合うと思います。ステージ衣装もそう頻繁に着るものでもないですし、なかなか大変ですよね。

ステージうまくいったようで何よりですね。もう今月ですが、お料理教室へのご来店お待ちしております。私はたった今日本へ戻りましたよ。
 先生、無事の御帰還との由、嬉しいデス)^o^(
 長い間お疲れ様でございました。いきなり寒い日本で風邪引かないでくださいね。
 私も無事に公演を越えて、この1ヶ月の怒涛から解放されて、やっとゆっくりとカレーを作り、チャイを作りました。。
 3月のレッスンを楽しみにしています☆

 衣装のこと詳しく教えて戴いて有難うこざいます。お話を伺うと益々ワクワクして来ます。これから1つずつ揃えて行こうと思います。
 近所にネパール人の家族が何世帯も越して来て、良く色とりどりのサリー(?)で歩いて居ます。そのうち2世帯は何年も前から顔見知りで良く話すので、その人達にも聞いてみようかなあと思います。
 その人達、奥さん達はみんな色鮮やかなステージ衣装のような恰好なのに、旦那さん達はみんなユニクロとかの地味な恰好で、フツーの働くオジサンて感じです。男性はお洒落しないんですか?それとも地味な恰好がお洒落なのかしら。
  • ご飯
  • 2009/03/06 1:29 AM
ダンナさんのおしゃれ度に関してですが、日本人のオトーサンだって、服装にあまり構わない人とお洒落な人がいるように、どこの国の人だっていろんな人がいると思いますよ。
たまたまご飯さんのご近所のオトーサンが、あまり服装にかまわない男性ということなんではないでしょうか?
ただ、奥様が色鮮やかで派手なぶん、余計に地味に見えてしまうというのはあるかもしれませんね。
まぁ、そういう意味では男性はあまり派手な服装はしないですね。男性用の民族衣装もありますが、比較的地味な色合いのものが多いです。女性の民族衣装のように、原色や原色を使った柄ものなどはないですね。男性の民族衣装の装飾は刺繍ぐらいですかね。女性の場合は、色や柄だけではなく、刺繍、ビーズ、ミラー、スパンコール、鈴など、様々な装飾があります。
それに、女性に比べて男性は普段の生活であまり民族衣装を着なくなっていますね。みんなフツーの洋服で生活していますよ。結婚式では豪華な民族衣装を着る男性もいますが、普通の背広+ネクタイの方も多いです。
メタボですか。メタボにはマテ茶がいいと聞いたことがあります。横浜にお住まいなら、ブラジル人がやってるお店にあるはずです。
外国の店なので入りにくいかも知れませんが・・・。ちなみに結構苦いですので好み
でお砂糖を入れる人もいます。粉のやつは700円もあればかなりの量買えます。これなら入れ方は日本茶と同じで結構です。
お体を大切にして下さいね。
  • カレー好き
  • 2009/03/06 11:51 AM
カレー好きさま
コメントありがとうございます。ドクターには適度な運動をといわれております。メタボじゃなくても適度な運動は健康のためにいいですよね。仕事で結構体使っているんですが、それではダメみたいです。
お茶情報ありがとうございます。いろいろ試してみようと思います。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
公園では桜が咲いています。 春ですね。今日は朝は暴風雨?で、その後暑いくらいに晴れました。 また夕刻より強風が、そして夜は寒かったです。こんな気候だと 体調を崩しやすいので、皆様ご自愛くださいませ。 私は最近、家族のゴタゴタも落ち着いてきまして、
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/03/21 12:09 AM
昨年、健康診断を受けたら「中性脂肪」にアラームが出ました。 そして、家族がたて続けに入院し「健康」のありがたみを 痛感しております昨今。もちろん、防ぎようのない病気というのは あると思います。でも、仮になにか病気になったとしても、 もともと体に不都合
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/04/18 12:44 AM

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る