マスタードの花

マスタードの花
これ、マスタード(タネ) を植えたら花が咲いたんですよ。
黄色い花の方です。
 #白い花も自分で何か植えたんですが、
 #何を植えたのか忘れてしまいました。(笑)
日本では一般に「菜の花」と呼ばれるものに似ておりますが、
非なるものです。日本でも食べる
菜の花とは違う種類です。
でも見た目はほとんど一緒で、一見して区別がつかないよ〜という
ことが言いたかったです。

芥子(がいし・からし) カラシナ アブラナ科アブラナ属 サルソーン
■関連記事

コメント
ハリオムさん、自ブログへのコメント、ありがとうございました。遠隔地の話、とは言っておれません。気を引き締めています。
さて、以前、自ブログでとりあげたグァレッロ(方言のため、発音、語源がよくわからない)が、やはり菜の花によく似ており、ここでは別名『セナペ』とも呼ばれているのです。でも、辛くありません。
菜の花に似た植物、実はたくさんあるんですね。しかし自然に生えているというところが、素晴らしいですね。土地や環境が豊かだからこそですね。田舎暮らしは不便もありますが、そのような恩恵があります。本当はそういう旬のものを食べるのが一番おいしいし、体にもいいし、お金もかからないですよね。
私も東京でお店をやらなかったのは田舎が好きだから。横浜と言っても私のお店のある場所は結構のどかです。そうは言っても横浜ですから、そこそこには便利ですし。
はじめまして。ニューデリーに住んでます。
近所のマーケットで「サルソーン」を買いました。サルソーン=マスタード=芥子菜、ということは、辛いかと思ったのですが、全然辛くなく、和風におひたしや塩漬けにしたらとても美味しかったです。
一緒に「カシミーリ・サーグ」というのもすすめられたのですが、これは何の葉っぱでしょうか?今度試してみたいと思います。
  • tacca
  • 2009/04/13 1:05 PM
「サルソーン」も辛味・苦味のある種類もあるんですよ。あるいは、調理法にもよるのかもしれませんね。とりあえずインドでは、大根と並んで(インドの大根は日本の大根と比べて辛くないですか?)子供には人気のない野菜です。

「カシミーリ・サーグ」は最近デリーに出回っている野菜で(本当にたぶんここ2〜3年の話だと思います)その名の通りカシミール地方のサーグということなのですが、ニューデリーで普通にサーグと呼んでいるものとは違う野菜です。今年の初めに帰国した際に、パキスタン国境近くへの道中で、カシミーリ・サーグの畑は目にしたのですが、まだ収穫の時期ではなく、食べることはできませんでした。というわけで、私自身もまだ食べたことがないんですよ。

もし今度tryする機会がありましたら、どういう感じか教えていただけるとありがたいです。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
サルソサグとマッケギロティ
  • インド人シェフのブログ
  • 2014/01/31 10:36 PM

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめの本

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る