ハリドワール

ハリドワール

ハリドワールはヒンドゥ教の聖地である。日本ではヨガの聖地としてのリシュケシュの方が有名かもしれないが、デリーからリシュケシュへ行くとき隣町のハリドワールを通過する。

イスラム教で言えば「メッカ」、キリスト教の「エルサレム」みたいなものなのだと思います。ヒンドゥ教の聖地としては他にバラナシなども有名です。



ハリドワールとヒンドゥ教の関係についてご紹介していきたいと思います。
 #ちなみにこれからご紹介することは、私が実際に体験したことや
 #私の周囲の決まりごとであって、全てのインド人あるいはインド全土の
 #話ではないことを予めお断りしておきます。

ハリドワールとは「ハリ=神様」「ドワール=ドア=入り口」という意味で、地名そのものに「神様へのドア」「神様に会う場所」といった意味がこめられています。

ハリドワールにはいつでも好きなときに出かけて巡礼(沐浴)をすればいいのですが、私の場合は自宅からそれほど近くではないので人生の節目に出向くことになります。

まず、女子は結婚が決まったら、結婚式をする前に必ずハリドワールに出かけて沐浴をします。結婚する前に心と体を清めるためです。

また、人が亡くなると火葬しますが、その骨を持ってハリドワールに行き骨をガンガー(ガンジス川)に流します。ガンガーの聖なる水の作用で人の骨はすぐに砂に変わると信じられています。ガンジス川の水は何年経っても悪くならない聖水です。

ハリドワール

ハリドワールには記帳所があります。ハリドワールに行ったときには必ずこの記帳所に寄り、帳面(ノート)に日時、住所、ハリドワールに来た理由、一緒に来たメンバーなどを「パンデ」と呼ばれる管理者に記帳してもらいます。

ハリドワールの記帳所

この管理者は代々「帳面」の管理者を継承しております。また葬儀の際は葬儀に立会います。記帳や葬儀の立会いを
生業としており、その際のお布施で暮らしている人々なのです。

そして管理者によりそのノートは数百年分が保管されているらしいのです。ですから父方のルーツはそのノートを見れば誰でも辿ることができるのです。

ハリドワールの記帳所

その管理者は「ゴートラ」ごとに担当が決まっています。ゴートラとは血族(親戚?)ごとに付けられたグループ名のこと。祖先を同じにするグループというようなイメージです。姓によってどのゴートラに属するのか決まっています。ヴァルナやジャーティとはまた違うグループ分けなのです。

 #「ヴァルナやジャーティとは違う」わけですが、出自という
 #点では全く無関係ではないと思います。
 #実際のところゴートラがどのように構成されているのかは
 #私にもよくわかりません。

私は自分のお父さんが亡くなるまで自分のゴートラがなんなのか知りませんでした。それほど日常生活では意識されないものです。ちなみに私の姓はmehraで所属するgotraは「シブゴートラ」(シヴァ神のグループ)です。

インドでは「同じゴートラ同士は結婚できない」という決まりがあります。もちろん私が結婚するときにもゴートラの確認があったはずです。インドはお見合い結婚が多いので、最初から同一のゴートラの相手を紹介されるということがありません。
 #もちろん私の時は両親が確認をしていたと思います。

私は自分が結婚する時点では自分のゴートラを意識することはありませんでした。

自分のゴートラを知らなかったぐらいですから、他にどのようなゴートラがあって、どの姓の人がどのゴートラに所属するのかは全くわかりません。

クンブメーラ [12年に1回開催されるお祭り。ハリドワールも開催地のうちのひとつ]
人が死んだらガンジス川に流すって本当ですか?
インドはお見合い結婚が多いって本当ですか?
インドの結婚式
インドのパスポートの謎(インド人のとっての姓)
沐浴の様子(ジャイババシドゴリア寺院)

よく使われるジョークで
「ハリドワールいくけど一緒に行く?」
「どうせ死んだら行くんだから、今いかなくていいよ。」
というのがあります。
 #ニュアンスがうまく伝わるでしょうか?

私たちに一番大きいハリドワールのイメージは家族の遺骨を埋葬する場所というイメージです。

インドのパスポートの謎でも触れていますが、インド人にとって姓は非常にデリケートな側面があります。

自分で書いておいてなんですが、ゴートラに関しても同様の側面があります。単に「話題作り」で悪気なく軽い調子で、お知り合いのインド人にこの話題を持ち出すというのは避けた方がいいと思います。
■関連記事

コメント
初めまして。
いつもブログ拝見させていただいております。

こういう話はなかなか聞けないので、ためになります。
ゴートラという言葉は初めて聞きました。

先日レシピを参考に、アルムリを作りました。
辛さと大根の苦みが、とてもおいしかったです☆

美味しいレシピ、ありがとうございます。
  • はむは〜
  • 2009/10/01 8:27 PM
コメントありがとうございます。いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。いろいろなレシピを公開しておりますので、ぜひお試しください。
去年の一月に、ハリドワールに行きました。と言っても、半日だけ立ち寄っただけで、目的地は、リシケシでしたが。でも、夕方ガンジス川に火のついた花を流したりもしました。ものすごい人でしたが。
バラナシと並ぶぐらいの聖地だったんですね。
聖地とは、もちろん知っていましたが、順序についてはわかっていませんでした。
聖地でもあるのですが、特に人の多い時はいろいろな意味で危険ですので、細心の注意を払ったほうがいいと思います。
  • ハリオム
  • 2010/10/03 5:36 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ヒンドゥ教のお祭りクンブメーラはかなり大きなお祭りです。 12年に1回だけ1月の下旬から4月の下旬まで 3ヶ月に渡って催される、かなり盛大なお祭りです。 何をするのか簡単に言えば、聖地ハリドワールで沐浴(ガンジス川に入る) するというお祭りです。 ■ハ
  • インド人シェフのブログ
  • 2010/02/10 12:05 AM
ヒンディ語でパニプリ(PANI PURI)。パンジャビ語では ゴルガッパ(GOL GAPPA)。インド特有の屋台料理。 家で作るものではありません。 昼食から夕食の間の間食としていただくものです。 撮影場所:ハリドワール アタとスージの粉から作った生地を油で揚げて、
  • インド人シェフのブログ
  • 2010/03/15 1:23 PM
ハリドワールのお土産屋さんで売っていた、貝のキーホルダーです。いろいろな色や形や大きさのものがあります。なんでもガンジス川でとれた貝で作ったらしいです。
  • インド人シェフのブログ
  • 2014/03/10 12:15 AM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る