英語を勉強する

1985年に日本語はゼロの状態で日本に来た私。

英語は学校で習っていたので日常会話はできました。
でもとても「英語が使える」と言えるレベルではありませんでした。

それにはその頃のインド特有の事情もありました。
誤解を恐れず発言させていただきますと、
私が学生だった頃は時代として、少なからず反英感情
というのがありまして、私自身が英語を
習得することにあまり気持ちが入らなかったという
事情がありました。

もちろん、現代のインドの学生や若者達は
そういうコダワリは全くないと思います。

そんなわけで、日常会話には困らないものの、
自由自在に英語を使いこなすところまでは達していませんでした。
少なくともビジネスに支障なく使えるというレベルでは
なかったです。

日本で仕事をするからには
本当は日本語を勉強できればよかったのですが、
当時は英語以外の言語を母国語にする人のための
日本語を勉強する場やツールを手に入れることが
困難でした。

例えば「日本語−ヒンディ語辞書」
などをみつけることができず、ヒンディ語を介して
日本語を勉強するという術がなかったんです。

実際当時仕事をする上で、会社の社長や日本人の上司と
意思疎通を図るためには、とにかく英語をなんとかするのが
一番近道でした。まず必要なのは英語。

また日本に来たばかりの頃は、いつまでこの国に
いるかという見通しがたたないという気持ちもあり、
英語はどの国に行っても通用するだろうし。
とにもかくにも英語だぞということで。

最初はインドからテキストを送ってもらって自分で
勉強していました。そんなある日たまプラーザの
公衆電話待ちの行列で、オーストラリア人の
男性と隣り合わせになりました。まぁ、お互いヒマですから
ちょっと話をしたりしているうちに意気投合しまして仲良くなりました。

公衆電話の順番待ちで何度か会っているうちに、うちに遊びに来ないかって
ことで、アパートにご招待して、インドカレーをご馳走したんですね。
そこでまた話が盛り上がりまして
「また遊びに来てよ。インドカレーもご馳走するよ。」という話に
なったんです。「え?本当本当?!オレ毎日来ちゃうよ。」

みたいな展開で。実際その日以降、ほぼ毎日彼は遊びに来ました。
夕ご飯を食べながら毎日1時間ぐらい英語で話をしてました。彼が
帰宅した後は、自分で1時間ぐらい英語を勉強していましたね。
勉強

そんな生活はエンジニアの彼の職場が引っ越すために
彼もアパートを引っ越すということで、ご近所さんでなくなる
までの半年間ぐらい続きました。

その頃は私も若かったですし、その期間、彼とすごしたおかげで
だいぶ英語が上達したんです。私はインド飯を提供し
彼は英語を教えてくれて。まさに give&take な関係でしたね。

本当は「英語が母国語の彼女ができた」なんて話がネタとしては
面白かったんですが、残念ながらそういうのはありませんでしたねぇ。
■関連記事

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
英語を勉強したことによって、会社の役員との 情報共有もより深いものとなったことによって 私の日本生活も次第に快適になっていきました。 また、役員以外の社内の日本人スタッフとも英語で 会話ができるようになりました。その頃、 英語が話せる日本人スタッフ
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/12/21 12:21 AM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る