日本語の勉強をはじめる

英語を勉強したことによって、会社の役員との
情報共有もより深いものとなったことによって
私の日本生活も次第に快適になっていきました。

また、役員以外の社内の日本人スタッフとも英語で
会話ができるようになりました。その頃、
英語が話せる日本人スタッフが増えたことも
私にとっては幸運なことでした。

そして、日本人スタッフとも英語で話ができるように
なったことで、日本人スタッフから少しずつ
日本語を教えてもらえるようになりました。

また、私が入社する以前より勤務していた
日本人シェフの1人がヒンディ語が話せる方でした。
彼は別のインド料理店から転職してきたのですが、
前の会社では、同僚のインド人とアパートで
同居していて、その時にヒンディ語を覚えたそうです。

自分の言葉で話せるというのは、私にはすごく
うれしいことで、彼からも日本語をたくさん
教えてもらいました。

そんな様子で英語を経由して少しずつ日本語も
覚えはじめていた私だったのですが。
そんな時、決定的な出来事がありました。

ある夜寝ていたら、私はハンパない激痛に襲われました。
それがもう尋常じゃない痛さで「もしかして死ぬのかな?」
と思いました。どうにもならないので社長に電話して。

社長が救急車を呼んでくれて私は搬送されました。
 #救急車が来たときにこっちは痛くて死にそうなのに
 #金はあるのか? 保険はあるのか? とか聞かれて
 #金も保険もあったけど「ない」って言ったら
 #そのまま帰るつもりですか? とかなりカチンと
 #来たりしたのはもう笑い話です。

そして私は横浜総合病院に入院しました。
激痛の原因は尿路結石で3日ぐらい入院しました。
でね、その入院中にものすごく困ったんですよ。
入院

英語ができるナースがいなかったために
全くコミュニケーションがとれず、そればかりか
ドクターもあまり英語ができかなったため、
症状の説明を日本語でされても全く理解できませんでした。

結局社長や役員が病院に来てドクターの話を聞いて
病状を英語で私に説明してくれたんですが、
社長も役員もずっと病院にいるわけにはいきませんから。

やっぱり日本で暮らしている以上は、最低限ではなく
ある程度のレベルの日本語が使えないと、
こういう非常事態に困るんだな〜と痛感しました。

自身の病気ばかりでなく、何か災害や事故にあったときなどにも
日本語があまりわからないという状況だと、それが原因で
命を落としかねないなと。

この頃には「よっぽどのことがない限りずっと日本で働くだろうな」
という覚悟が自分自身の中にもできていたので、この入院騒動を
きっかけに日本語の勉強を始めました。

当時テレビはビデオを見るだけだったのですが
 #TVをつけても日本語だから何を言っているのかわからない
日本のTV番組も積極的に見るようになって、当時のお気に入りは
ドラゴンボールとドラえもんでした。<アニメかよっ!!
■関連記事

コメント
ご無沙汰しております。

1ヶ月弱インド行ってきました。
自分も体調が悪いときホテルの部屋でドラゴンボール見てましたよw
  • はちねこ
  • 2009/12/22 11:25 PM
おひさしぶりです!最近おみえにならないな〜と思ったらインドに行かれてたんですね。旅のお話聞かせてくださいね。
  • ハリオム
  • 2009/12/23 12:36 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る