運べるタンドールオーブン

タンドールオーブン
運べると言っても、洗濯機ぐらいの大きさはありますし、
気軽に運べる重量でもないのですが、とりあえず動かせる
タンドールです。

タンドールオーブン

タンドールオーブン
縁あって私のところに来ました。
まだ一度も火を入れていないので、これから機会を作って
試運転する予定です。

いままでケータリングのお話をいただいて「ナンは焼けません」
ということで成立しなかったお話が何度もありました。
今後はナンもお受けできますよ!

新製品発表会
ケータリング
タンドールオーブン
■関連記事

コメント
はじめまして。
インド料理のレシピなど参考にさせていただいています。
私は北海道に住んでいますので、残念ながらお店に行くことができず残念です。

以前3年間ニューデリーに住んでいました。
帰国の時に写真と同じような「タンドール」を買ってきました。

何度か炭を入れてナンを焼いたのですが、上手に焼けません。
生地がくっつかないで下に落ちてしまいます。

釜の温度が低いのかと思い、多めに炭を入れて1時間くらいふたをしてから挑戦したのですが、やはり落ちてしまいます。

何が原因なのでしょうか?
もしおわかりになったら、教えていただけないでしょうか?

初めてのメールでいきなり質問で申し訳ないのですが、このタンドールを使いこなして、友人たちにインドカレーをごちそうしたいのです。
よろしくお願いいたします。
  • さかき
  • 2012/07/22 10:29 AM
タンドールでナンを焼く場合、以下3つの条件が揃うことが必要です。

1.タンドールが良好な状態であること
2.ナンの生地がうまくできあがっていること
3.タンドールの壁に貼り付けるテクニック

1と2の条件はクリアしているとして、問題は3なのですが。例えば新入りのタンドールコックがまともに貼り付けられるようになるまで一ヶ月ぐらいかかります。毎日勤務時間中ナンのはりつけ練習だけをするわけではないですが。

仮に1時間練習していたとして、一ヶ月で22日勤務したとして22時間(笑)程度でしょうか。

そのくらい練習しないとできるようにならないということです。冗談ではなくて大マジメに言ってます。

もうひとつ。タンドールを温めている最中ですが、ふたを完全に閉めてしまうとダメです。酸素が不足して火力が弱くなります。少しふたをずらしてすきまをあけておくか、むしろ閉めない方がいいかもしれません。

点火直後のタンドール
http://blog.chefhariom.com/?eid=1279745
早速のお返事ありがとうございました。
ナンを焼くのも修行が必要なのですね。
あきらめず何度も練習したいと思います。

焼き方の動画を見せていただきましたが、ナンの生地のそばにある入れ物の中身はオイルですか?
それと貼り付けるときに手に持っている丸い布は、手作りですか?
  • さかき
  • 2012/07/23 6:13 PM
ナンの生地のそばにある容器に入っているのは水です。金串を冷やすのに使います。

丸い布はナンをはりつけるのに使いますが、中にはココナッツの実の外側を半分にしたものが入っています。ふきんなどの布でお弁当を包むような要領で包んでいきます。5重か6重に包むとちょうどよい大きさになります。

http://blog.chefhariom.com/?eid=479967

http://blog.chefhariom.com/?eid=773241
ありがとうございます。
参考になりました。
これからもブログ楽しく読ませていただきます。
  • さかき
  • 2012/07/24 1:59 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
新製品発表会のランチケータリングに行ってまいりました。 新製品がインドの工場で生産されているということで お声をかけていただいたようです。 今回はタンドールオーブンを搬入させていただき タンドールオーブンで焼いたナンとタンドリーチキンを ご提供させ
  • インド人シェフのブログ
  • 2011/07/15 12:30 AM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る