某ファミレスの39円のお食事について

ええ、まぁとにかく同じ品質ならば消費者の皆様には
お安いならお安いほどありがたいですよね。

しかしながら、完全に採算度外視の
価格設定というのはいかがなものでしょうか?

逆に言うと、大企業といえども
そこまでして集客しなければならないほど
追い詰められていたということですよね。
 #環境が厳しい点については全力で肯定します。

でも正直そこまで(利益無視)やっちゃうと
さらに自分の首をしめるような結果に
なるような予感もいたします。

 #通常のキャンペーンでは集客の起爆剤には
 #ならないというところまで行ってたという
 #ことなんでしょうね。それは充分理解しますが、
 #私どものような零細企業にとっては
 #大迷惑な話です。

関係者の方がご覧になって不愉快な
思いをされましたら心よりお詫び申し上げます。

しかしながら、
大企業であればこそ業界全体のことも考慮し、
常識的な価格設定をされるべきだったのでは
ないかと強く思いましたので
あえて言わせていただきました。
■関連記事

コメント
えーっ!そんなん、ありですか?
『スロー・フード』、とりあえず、スロー・フードではないかと思うところへ来て、最近の主婦が、かつての労を厭い(嫌い)スーパーマーケットで手に入るもので済まそうとしているのにショックなのに・・・できるかぎり、自分でやってみようとしている自分が、むなしくなってきます、39円?何が起爆剤ですか?自分を安売りしてはいけないです。
  • Pandora
  • 2011/12/05 8:24 PM
そうなんですよね。同業者として悲しくなります。
  • ハリオム
  • 2011/12/06 11:59 PM
逆ですよ!

大企業こそ業界全体を考えなくてもOKなんです。

ミシンが売れなければクルマを作ればいい。

クスリが売れなければ化粧品を売ればいい。

零細カレー屋ならカレーが売れなければ閉店するしかないんです(涙)


例え話が回りくどかったですが資源の移動のしやすさのお話でした。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめの本

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る