インドのピーマン

インドのピーマン

インドのピーマン。立派なピーマンです。

日本では、ピーマンのヘタ、種、ワタは捨ててしまうことが多いと思いますが、インドでは食べます。種とワタがおいしいですし、栄養もあるそうですよ。

今度、騙されたと思って、食べてみてください。(笑)

■ピーマンを使ったインド料理
アルシムラミルチ
サブジマサラ
バルワミルチ
ピーマンのサブジ
ピーマンの種とヘタ
アルシムラミルチ
Bharwa Simla mirchi
バルワミルチ
じゃがいもとピーマンのカレー
■関連記事

コメント
ピーマンの種子は、糖尿病治療の内服薬の主成分であるスルフォニール尿素を含有に訂正します。

ピーマンの種とワタを4個食べると体温が約0.5度上昇に訂正します。(体温が約2度上昇は某大学教授の実験です)

ハリオムさま
日本人は約33人に1人は脳卒中になっています。

高血圧(160以上)と肥満が重複すると脳卒中の最大の原因(一般的には40歳以上)となります。ある日、今日にも突然、発症して半身麻痺や死亡します。私の兄も半身麻痺になりました。
多分、肥満だと脂肪細胞が飽和状態になり、脂肪の蓄積ができなくなるのでしょう。
標準体重になるまで脂肪の摂取を1日20g以下  (20gにすると体重は1日で約40g減少します。) にしないと血圧と肥満は低下しません。ダイエット後3ヵ月程経たないと血圧は低下しません。
  • 楠本季一
  • 2016/04/29 2:51 PM

日本薬用植物辞典(医学書)と、トウガラシの文化誌でトウガラシは
発毛剤の原料、風邪や流感、気管支炎、咳、喘息、膀胱炎、腎盂炎、リュウマチ、健胃、の薬理がある。と記載されています。

ピーマンはトウガラシを品種改良したので、胎座と隔壁にトウガラシと同様の薬理物質を含有し継承したのです。

トウガラシの文化誌の本中で、カリフォルニア大学薬学部教授の、
ジメント博士の証言は

「風邪や咳、流感、気管支炎の市販薬は、広く一般に出回っているが、臨床的には治療薬として効果があると証明されたわけではないのですよ。

市販薬の医薬的効果を証明するのは難しい事なのです。気休めの薬としては効果的に働いていますし、専門家がよくいうように、患者を喜ばすために、
薬を処方するわけです。

正直に言いますと、確かに市販薬とトウガラシ(カプサイシン)は同じくらい病気に効きます。でも、私はトウガラシにより信頼を寄せているのです。
トウガラシにはどんな副作用もありませんからね」 と記載されています。

**簡単レシピ
ワタ(胎座)と種と隔壁を取り出して、レンジで120秒〜180秒加熱して調味醤油が普通です。
(ピーマン種、ワタで検索すればいろいろあります。)

野菜園芸大事典(農林省園芸試験場)本中で、
トウガラシはカプサイシンの、含有率が高いのは、胎座と隔壁で、果皮および種子は低い。果皮や種子には、分泌器官が見出されないため、カプサイシンは胎座、隔壁に分泌されたものが飛散付着したものであろうと記載されています。

*カプサイシンは、辛み物質と薬理物質の化合物であり、ピーマンは胎座と隔壁に薬理物質のみ継承したのです。

ピーマン胎座の薬理作用の発見者    楠本季一
  • 楠本季一
  • 2016/08/05 8:47 AM

(医療費11.9兆円削減運動、ピーマン胎座の特段の免疫力)

日本は医療費が高過ぎます。医師、医師会は、食生活も人種も違う、国力も日本の約5倍有る米国を基準にする事で、

国民の平均年収(415万円)とは、かけ離れた高額な診療報酬(勤務医約1700万開業医約2800万円)を得ています。

ここ10年で、平均年収=GDPは増えないで医療費は年間19.7兆円も増えています。10年間で約112兆円も医師と医療界に流れ込んでいます。

日本国債の格付けは、中国、韓国より下位で、世界からは1等国では無く、2等国に見られています。

国の借金は現在1040兆円です。最新の状況からは日本は10年後には1600兆円の借金になり、3等国の格付けとなり
実質的財政破綻(借金1400〜1600兆円時に)するのは確実です。

1人当たりのGDPはニュージーランドより下位の35位です。医療費増大により国力の低下に歯止めが掛かりません。

日本政府発表の医療費は年間約44兆円です。税金は約18兆円投入しています。

日本の国家予算は約97兆円です。うち、国債費が約24兆円あります。

国家予算はつまり97−24=73兆円です。医療費に税金が国家予算の約25パーセント使われています。

OECDの国際比較統計は、2015年の日本の公的、民間、個人支出分の合計医療費は0.5274兆ドルです。

ドル計算で、同じアジア人、韓国は年間1人約2500ドルの医療費です。日本は1人約4167ドル(0.5274兆ドル÷1.26573億人)の医療費で韓国の約1.7倍支払わせられています。
OECDと日本政府の発表には大きな差異があります。私はOECDを信じます。

GDP比から、日本は1人3225ドル(2500ドルx1.29GDP比)の医療費が適正です。0.5274兆−0.4082兆(3.225千ドルx1.26573億人)=0.1192兆ドルで医療費は年間11.9兆円(0.119兆ドル)削減すべきです。

英国の一人当たりGDPは日本の1.252倍です。英国の一人当たり医療費は4025ドルです。GDP比から日本の国民は英国人より年間医療費を12兆円(((4025÷1.252GDP比=3215ドル、よって4167[一人当たり日本の医療費]-3215[一人当たり英国の医療費]=952ドルx1.26573億人=0.12兆ドル))多く支払わせられています(国民負担能力よりも)。

病気は負の出来事です。病気ゼロ、医療費ゼロが理想です。病気、医療費が増える事は国民、国家に何一つ利益が有りません。何一つ利益にならない医療費は最大の無駄使いです。医療費が増える事は国民、国家、国力が衰退するだけです。

病気、医療費が増える事を喜ぶ人間は、医師、医師会、医療界だけです。

私は、この情報がネット上で共有される様に全国の国民、各種団体、メディア、議員、政党、省庁に発信します。私の情報を拒否したいのは既得権益者の医師、医師会、医療界だけです。

負の出来事の為に、国民は約53兆円も浪費(負の出来事の言葉として)しているのです。
日本は財政破綻が目前であるのに、
負の出来事の為に、国家予算の約2.5割相当を、使っている現状では日本の景気、経済が良くなるはずが有りません。

ピーマン胎座の壱番の特性は、風邪、流感等に特段の免疫力(ヤフー知恵袋の「ピーマン胎座」で検索)が有り、薬より効き目が有り、
鎮痛作用が有る事です。

弐番目の特性は、殆どの病気の原因で有る、加齢による毛細血管の血流の低下を大幅に改善し、血流を特段に回復させる事です。

トウガラシを品種改良してピーマンが出来たので、トウガラシ胎座(辛み物質と薬理物質の化合物)とピーマン胎座(薬理物質のみ)は
同じ種源なので、トウガラシと同様にぴーマン胎座にはどんな副作用もありません。

胎座を摂取する事で健康が増進し(ネット上「ピーマン胎座」で検索)、財政悪化の主因である医療費を大幅削減する事ができます。

私は健康を増進させて、医療費削減に繋げる全国運動を提唱する目的で、情報発信をしています。

負の出来事の為に、年間約53兆円も、医療費に使っていては、景気、経済は良くなりません。日本は財政破綻、沈没目前です。

皆さんも一緒に、全国の国民、各種団体、メディア、議員、政党、省庁に対して情報の発信者になる事で、歪んだ医療行政の改善と医療費の無駄の削減に繋がると期待しております。

データーの出典  ネット上の、GLOBALNOTE(グローバルノート)  一人当たり名目GDP=国連2014年データー
             
  • 楠本季一
  • 2016/08/22 11:53 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る