パパドの話



お店のメニューでパパドというインドのおせんべいを出しています。パパドはお店でも家庭でも一から作るものではなく、できあがっているものを買ってきて、揚げたり焼いたりして食べます。

パパドは、マメの粉にスパイスなどを配合した薄っぺらいせんべいです。日本のおせんべいにもたくさんのメーカーや酒類があるのと同様、インドのパパドにおいても、たくさんのメーカーとフレーバーがあります。

ここで写真で紹介するのは、Lijjat社のパパドなのですが、私はLijjat社のパパドを買うと決めています。

Lijjat社は、私がタージグループに勤務していた頃にできた会社だと記憶しているのですが、創業時より障碍者の雇用に力を入れている会社でした。その企業理念に感銘を受けまして、いつもパパドはLijjat社の製品を購入しています。




■関連記事

コメント
コメントする








   

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめの本

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る