ラダとクリシュナ

ラダとクリシュナ

クリシュナはイケメンでプレイボーイな神様。インドの神様はときに青い肌で描かれます。(本当は黒い肌なのですが、絵に描くとき黒だとなんだかわからないので 青で表現するようになったようです。)

クリシュナは、3人の最高神の一人ビシュヌ神の8番目のアヴァターラ(化身)とされています。ラダは牛飼いの女。クリシュナの恋人です。ラダは人妻です。(ってことは愛人?)

この二人の恋の物語は詩人ジャヤデーヴァの手により、「ギータ・ゴーヴィンダ」という抒情詩(ヒンドゥ教の聖典)にもなっています。

この「ギータ・ゴーヴィンダ」物語は、インド古典舞踊(オディッシー舞踊:東インド・オリッサ州の伝統舞踊)などの演目としても取り上げられます。舞踊だけでなく、音楽、絵画、彫刻などあらゆる芸術の題材となっています。

インドには神様ポスターやカードがたくさん売っていて、クリシュナ神のはとても人気のある神様で彼のいろいろな絵がありますが、「ラダクリシュナ」(ラダとクリシュナの二人の図)も人気があります。
■関連記事

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
青い肌のシヴァ神。時に、神様は青い肌で描かれます。 (本当は黒い肌なのですが、絵に描くとき黒だとなんだかわからないので  青で表現するようになったようです。) ちなみに右側の真ん中あたりの白いものは蛍光灯の反射です。 このシヴァ様は事務所の壁に
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/11/24 12:16 AM
ヒンドゥ教の神様「クリシュナ」。 クリシュナはヴィシュヌの生まれ変わり。 イケメンでプレイボーイという設定です。 ⇒ラダとクリシュナ
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/10/11 1:02 AM
クリシュナ(神様)の誕生を祝うお祭りです。 お寺にお参りに行きます。 クリシュナは夜中の12時に刑務所で生まれたとされていて、 お寺では12時にパルシャダが施されます。 パルシャダとは、お寺からありがたい食べ物が 参拝者に施されるもので、フルーツ(バ
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/08/13 12:07 AM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る