タンドールでチャパティを焼く

チャパティの生地を伸ばす棒

チャパティの生地を伸ばす専用の棒です。インドからもって来ました。日本にあるめん棒と同じですね。インドの家庭では、チャパティは専用のタワという道具で焼きます。日本だったらフライパンで焼くのがいいと思います。ラニではタンドールで焼いています。その様子をご紹介します。

こんな感じで生地を伸ばします

まず生地を伸ばします。うどんやそばと同じ要領です。

その後少し手でも生地を伸ばします

めん棒で伸ばした生地をそのまま焼いてもいいですが、プロの場合は更に生地を左右の手のひらの間を往復させながら、しかも少しづつ回転させながら均等に伸ばしていきます。(うまくできるようになるまでは1年くらいかかります。)

生地を枕に乗せます

生地を枕に乗せます。

タンドールの壁に生地を貼り付けます

タンドールの壁に貼り付けます。見ていると簡単そうなのですが、貼り付ける部分のタンドールの壁はオーバーハングしていますので、落ちないようにうまく貼り付けるには熟練が必要です。

タンドールにチャパティの生地が貼り付いているところ

生地がタンドールの壁に貼り付いているところです。

焼けたら取り出します

焼きあがったら、タンドール専用の2本のステンレスの棒を使って取り出します。1本は先がとがっていて直角に曲がっています。もう1本は先の方が平たくなったヘラのような形をしています。尖っている棒の方でチャパティを突き刺します。そしてもう一方のヘラを使い生地をタンドールの壁からはがします。

生地が壁からはがれても、もう一方の棒で突き刺しているので下に落ちてしまうことはありません。素早く引き上げてできあがりです。焼きあがったナンやチャパティはどこかにこの棒を突き刺した穴があいています。今度よ〜くチェックしてみてください。

タンドール用ステンレス棒

2本のステンレスの棒はこんな形状です。

チャパティ完成!

できあがりです!

チャパティの作り方
チャパティ

■その他のタンドール料理
タンドリーチキン
ナン
ラムチョップ
チキンタングリーカバブ
シークカバブ
タンドリープラウン
レーズンナン
フィッシュティカ
■関連記事

コメント
はじめまして、インド、カレーの大好きな者です。スパイスからカレーを作りますが、なかなか、うまく作れません。
スパイス等を検索していたら、ラニさんのお店とお料理教室があるのを知りました。
一度、お店へ行って見たいです。
ご兄弟でお店をなさっているのですね。
皆様にお会いするのも楽しみです。
  • しもだあつこ
  • 2014/08/28 11:30 PM
しもだあつこさま
コメントありがとうございます。機会がございましたら是非ご来店くださいませ。またインド料理教室も、手前味噌ですが、オススメです。
  • ハリオム
  • 2014/08/29 12:23 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
マンゴーチャツネです。マンゴーのジャムのようなものです。 ナンやチャパティなどのインドパンに挟んだり、 サモサ、パコラに添えて、また辛いカレーの箸休めなど万能選手です。 ⇒マンゴーチャツネの作り方
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/14 12:22 AM
チャパティは何度かご紹介していますが、思いの他美しく写真が撮れたので 再度ご紹介することにいたしました。 チャパティの作り方 チャパティをタンドールで焼く
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/18 7:04 PM
カジキマグロの炭焼きバーベキューです。 カジキマグロにスパイスで味付けをします。 串にさします。 タンドールオーブンで焼きます。 もりつけて出来上がりです。 ■その他のタンドール料理 ⇒チャパティ ⇒タンドリーチキン ⇒ナン ⇒ラ
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 4:39 PM
ナンの生地にココナッツとレーズンを入れてタンドールで焼いた甘いデザートです。 食後にどうぞ! ■その他のタンドール料理 ⇒チャパティ ⇒タンドリーチキン ⇒ナン ⇒ラムチョップ ⇒チキンタングリーカバブ ⇒シークカバブ ⇒タンドリープラウン
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 4:42 PM
えびの炭焼きバーベキューです。 ブラックタイガーにスパイスで下味をつけます。 串に刺します。 タンドールオーブンで焼きます。 えびの炭焼きバーベキューのできあがり。 ■その他のタンドール料理 ⇒チャパティ ⇒タンドリーチキン ⇒
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 4:45 PM
日本ではトルコ語のシシカバブという名称の方が広く認知されているようです。 ひき肉に野菜を混ぜ、スパイスで味つけしたシークカバブのタネ。 ラニのシークカバブは鶏肉100%です。 タネを串に巻きつけていきます。日本の料理で言うと焼き鳥のつくねに
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 4:51 PM
タンドリーチキンの辛くないバージョンです。 ヨーグルトとカシューナッツペースト、スパイスにつけこみます。 この時辛いスパイスは加えません。塩味のバーベキューチキンです。 1日漬け込んだところで串に刺してタンドールで焼きます。 焼きあが
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 5:03 PM
ラムチョップに使用する調理する前のラム肉です。 もちろん冷凍していない「生」のラム肉です。 日本ではなかなか手に入りません。 正直なところラニでご提供しているお料理の 中でもかなり原価率の高い商品です。(笑) ラム肉の余計な脂を取り除いた後に
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 6:17 PM
骨なしのバーベキューチキンです。タンドールオーブンで焼きました。 骨があるものはタンドリーチキン、 骨のないものはチキンティッカと呼ばれます。ラニでは レストランメニューで「タンドリーラニチキン」という名でご提供しております。 おいしそうです
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 6:48 PM
さてこれはなんでしょう?おまんじゅうみたいですね。これは、ナンの生地を 一度発酵させてから、更に1個づつの分量に丸めて発酵させているところです。 丸くなっているナンの生地を左右の手のひらの間を往復させながら 平らに伸ばしていきます。そして更に
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 6:54 PM
タンドリーチキンは、北インドを代表する料理で、スパイスやヨーグルトで 下味をつけたチキンをタンドールオーブンで焼いたものです。 ラニでご提供させていただいているタンドリーチキンは素材に こだわりを持っています。 インド直輸入の新鮮なスパイスを使用
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 6:56 PM
脂がのっていてとてもおいしいです。 もちろんラムも冷凍ものではなく「生肉」を使用しています。 ラムチョップ(仔羊肉の炭焼きバーベキュー)を焼いているところです。 (実際はタンドールの中で焼いているので、写真は焼き上がったものです。) バーベ
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 7:04 PM
小麦粉の全粒粉です。インドでは「アタ」と呼びます。 この「アタ」を使いチャパティを作りました。 小麦のふすまも入った粉で作ったヘルシーなパンです。 北インドの家庭では普段チャパティーを食べています。 この写真はインドのアタですが、日本の全粒粉はも
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/22 7:06 PM
■ナン インドのパンといえばまず最初に思い浮かべるのがナンでしょうか? ⇒ナンをタンドールで焼く ⇒ナン生地つくり ⇒インドの主食ってナン? ⇒タンドール ■ガーリックナン ⇒ガーリックナン ■バトゥラ ナンの生地を油で揚げたパン。豆カレ
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/02/18 11:45 PM

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る