タンドールでナンを焼く

ナンの生地を休ませています
さてこれはなんでしょう?おまんじゅうみたいですね。これは、ナンの生地
一度発酵させてから、更に1個づつの分量に丸めて発酵させているところです。

ナンの形を作ります
丸くなっているナンの生地を左右の手のひらの間を往復させながら
平らに伸ばしていきます。そして更に生地のはしを下に引っぱり、
ナン独特の涙形に整形します。

生地を枕に乗せてタンドールの壁に貼り付けます
生地を枕に乗せてタンドールの壁に貼り付けます。

ナンがタンドールに貼り付いているところ
こんな感じでタンドールの壁に貼り付いています。

タンドールから取り出します
焼きあがったらタンドール専用の2本のステンレスの棒を使って取り出します。
1本は先がとがっていて直角に曲がっています。もう1本は先の方が平たく
なったヘラのような形をしています。
尖っている棒の方でナンを突き刺します。
そしてもう一方のヘラを使い生地をタンドールの壁からナンをはがします。
生地が壁からはがれても、もう一方の棒で突き刺しているので
下に落ちてしまうことはありません。
素早く引き上げてできあがりです。焼きあがったナンはどこかにこの棒を
突き刺した穴があいています。今度よ〜くチェックしてみてください。

ナンが焼きあがりました
ナンが焼きあがりました。外側はパリっと、内側はモチっと、
ほんのり甘みのあるナンです。できたてがおいしいです。





タンドール用ステンレス棒
2本のステンレスの棒はこんなものです。

■関連記事
インドの主食ってナンですか? [インド家庭料理ラニ]
ナンの作り方 [動画付きレシピ]
インドのパン

■その他のタンドール料理
チャパティ
タンドリーチキン
ラムチョップ
チキンタングリーカバブ
シークカバブ
タンドリープラウン
レーズンナン
フィッシュティカ

■インド料理教室でナンの作り方講習中

インド料理教室
■関連記事

コメント
球状生地の仕込みから焼き上がりまで
地元湘南のお祭りに出店しているインド料理店と全く
同じ作り方でした。とても分かりやすい説明です。
  • daiki
  • 2016/06/05 3:08 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
マンゴーチャツネです。マンゴーのジャムのようなものです。 ナンやチャパティなどのインドパンに挟んだり、 サモサ、パコラに添えて、また辛いカレーの箸休めなど万能選手です。 ⇒マンゴーチャツネの作り方
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/14 12:22 AM
タンドールはいつも弟の担当ですが、今日は張り切ってナンを焼いてみました。 自分で写真を撮っていると、自分が写れないので弟に撮ってもらいました。 インドのホテルでは私はカレー担当シェフでした。 タンドールの仕事はお父さんのお店で勉強しました。 イン
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/18 11:06 PM
カジキマグロの炭焼きバーベキューです。 カジキマグロにスパイスで味付けをします。 串にさします。 タンドールオーブンで焼きます。 もりつけて出来上がりです。 ■その他のタンドール料理 ⇒チャパティ ⇒タンドリーチキン ⇒ナン ⇒ラ
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 4:39 PM
ナンの生地にココナッツとレーズンを入れてタンドールで焼いた甘いデザートです。 食後にどうぞ! ■その他のタンドール料理 ⇒チャパティ ⇒タンドリーチキン ⇒ナン ⇒ラムチョップ ⇒チキンタングリーカバブ ⇒シークカバブ ⇒タンドリープラウン
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 4:42 PM
えびの炭焼きバーベキューです。 ブラックタイガーにスパイスで下味をつけます。 串に刺します。 タンドールオーブンで焼きます。 えびの炭焼きバーベキューのできあがり。 ■その他のタンドール料理 ⇒チャパティ ⇒タンドリーチキン ⇒
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 4:45 PM
日本ではトルコ語のシシカバブという名称の方が広く認知されているようです。 ひき肉に野菜を混ぜ、スパイスで味つけしたシークカバブのタネ。 ラニのシークカバブは鶏肉100%です。 タネを串に巻きつけていきます。日本の料理で言うと焼き鳥のつくねに
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 4:51 PM
タンドリーチキンの辛くないバージョンです。 ヨーグルトとカシューナッツペースト、スパイスにつけこみます。 この時辛いスパイスは加えません。塩味のバーベキューチキンです。 1日漬け込んだところで串に刺してタンドールで焼きます。 焼きあが
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 5:03 PM
ラムチョップに使用する調理する前のラム肉です。 もちろん冷凍していない「生」のラム肉です。 日本ではなかなか手に入りません。 正直なところラニでご提供しているお料理の 中でもかなり原価率の高い商品です。(笑) ラム肉の余計な脂を取り除いた後に
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 6:17 PM
プレーンナン にガーリックのみじん切りをのせてタンドールで 焼いたインドパン。香ばしいにんにくの香りがたまらない一品。 食べたら元気になれます。(笑) 緑色のものはほうれんそうを細かく切ったもの。
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 6:20 PM
骨なしのバーベキューチキンです。タンドールオーブンで焼きました。 骨があるものはタンドリーチキン、 骨のないものはチキンティッカと呼ばれます。ラニでは レストランメニューで「タンドリーラニチキン」という名でご提供しております。 おいしそうです
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 6:48 PM
タンドリーチキンは、北インドを代表する料理で、スパイスやヨーグルトで 下味をつけたチキンをタンドールオーブンで焼いたものです。 ラニでご提供させていただいているタンドリーチキンは素材に こだわりを持っています。 インド直輸入の新鮮なスパイスを使用
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 6:56 PM
チャパティの生地を伸ばす専用の棒です。インドからもって来ました。 日本にあるめん棒と同じですね。<綿棒じゃありませんヨ!  インドの家庭では、チャパティは専用のタワという道具で焼きます。 日本だったらフライパンで焼くのがいいと思います。 ラニでは
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 6:59 PM
脂がのっていてとてもおいしいです。 もちろんラムも冷凍ものではなく「生肉」を使用しています。 ラムチョップ(仔羊肉の炭焼きバーベキュー)を焼いているところです。 (実際はタンドールの中で焼いているので、写真は焼き上がったものです。) バーベ
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 7:04 PM
お店でナンの生地を作っているところをご紹介します。 ナンの生地は毎日作っています。だいたい1回に作る量は 25kgぐらいです。まずは、材料を混ぜ合わせます。 その後、全身を使ってよくこねます。なにしろ25kgですから、 かなりの重労働です。最近は
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/19 7:05 PM
■ナン インドのパンといえばまず最初に思い浮かべるのがナンでしょうか? ⇒ナンをタンドールで焼く ⇒ナン生地つくり ⇒インドの主食ってナン? ⇒タンドール ■ガーリックナン ⇒ガーリックナン ■バトゥラ ナンの生地を油で揚げたパン。豆カレ
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/02/18 11:45 PM
6月のインド料理教室は、カジキマグロのカレーを作ります。 カジキマグロのカレーは以前もレッスンで取り上げたことがありますが、 今回はココナッツを使って南インド風に仕上げます。 副菜はインド味のポテトサラダです。 ご試食の際には、タンドールオーブンで
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/04/11 12:07 AM
ナンの生地を伸ばしてタンドールで焼くところです。 とっても短い動画なのですが、初挑戦ということでお許しください。 これからいろいろとご紹介していきたいと思います。 ラニのサイトを開設した頃は、インターネットも一般的に なってきたとはいえ、
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/08/02 10:30 PM

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る