アルガンオイルレシピ

アルガンオイル

アルガンオイルを使用できるレシピをご紹介しています。リンク先のサラダ油はアルガンオイルで調理することも可能です。

チャパティ
赤唐辛子のアチャール
秋茄子としめじのサブジ
じゃがいもとにんじんのカレー
米なすのソテーインド風
野菜スープ
トマトソースのパスタ
■関連記事

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
パスタは塩を加えた多めのお湯で普通にアルデンテにゆでます。 本日使う具材は、たまねぎ、なす、しめじです。 にんにくはみじん切りにします。 ホールトマト。 なべに油をひきます。できるだけ少なめで。 にんにくがいためられる量があればO
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/10/29 11:56 PM
ソースの具に使用する野菜です。なす、アスパラガス、たまねぎ、 パセリ、ほうれん草です。写真にはないですがにんじんも使いました。 にんじん、アスパラガスは食べやすい大きさに切り、ボイルしておきます。 なす、たまねぎはスライス、パセリはみじん切りにし
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/11/29 11:49 PM
大きなナス、米ナスを使った北インド家庭料理をご紹介します。 インドでは、パンジャビベーガンと呼ばれます。 ベーガンはなすのこと。なすのパンジャビ風という感じですね。 なすはヘタを落として、均等な厚みになるようにスライスします。 なべに油を
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/01/23 1:49 PM
今日はお店で出している本日のスープの中から 野菜スープを紹介します。 いんげんを5mmぐらいの幅に切ります。 この写真は1パック全部を切ったのでちょっと量が多いですね。 じゃがいも1センチぐらいの幅にスライスします。 フライドポテトのように切
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/01/23 1:51 PM
たまねぎ半分を粗いみじん切りにします。 赤いたまねぎがない場合は普通のたまねぎでもOK。 その場合は一度水にさらして苦味と辛味を取り除きます。 材料をすべて混ぜ合わせます。 できあがり! レシピ 赤たまねぎ 半分 プレーンヨーグルト 500g
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/01/23 1:54 PM
本日使用する食材です。たまねぎは赤くない普通のたまねぎでもOKです。 今日は、ご近所の野菜の生産者さんがお客様としてご来店くださり、 お土産に取れたての唐辛子をいただきました。 本日は辛味スパイスのカイエンは使用せず、生の唐辛子で 辛味を出すことに
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/01/23 1:57 PM
なすは食べやすい大きさに切ります。 玉ねぎ(できれば赤たまねぎがいいです)はスライス、 トマトは乱切り、しょうがは千切り、ししとうはナナメに切ります。 本日使うスパイスはこれ! なべに油を熱します。 しょうがを炒めます。 材料を
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/01/23 1:59 PM
⇒チャパティの作り方(動画版)はコチラ 小麦粉の全粒粉です。インドでは「アタ」と呼びます。 この「アタ」を使いチャパティを作りました。 小麦のふすまも入った粉で作ったヘルシーなパンです。 北インドの家庭では普段チャパティーを食べています。 この
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/01/23 2:01 PM
今日は赤とうがらしのアチャールを作りました。 赤唐辛子は、包丁で縦に切れ目を入れます。 包丁で切れ目を入れたところから、とうがらしの中にミックススパイスを 入れます。 さらに余ったスパイスを上からふりかけて軽く混ぜ合わせます。 密閉でき
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/01/23 2:04 PM
パラタを作りました。パラタはチャパティの生地を使って作ります。 チャパティーの生地ににギー(ghee:インド周辺諸国特有のすましバター)を加え、 何回か折りたたんでパイのように層を作り、それを焼きます。 普通のバターでもいいですし、私は植物性油を使って
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/11/18 1:49 PM

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめの本

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る