インドの九九の教科書表紙

表紙
インドの九九の教科書 表紙
次のページ
インドの九九の教科書です。小学校1年生が勉強する内容です。
表紙のイラストの先生?はなぜが指が4本なのですが、
そんなことより重要なのは内容です。

■ハリオムがインド数学・算数・教育に関して発信している情報
インド式教育の秘密に迫る!
インドの数学
インドの言語
インドの九九の教科書
インド算数の教科書
インド九九の本
インドの教科書
インド人学校が横浜に
インド人学校緑区に開校決定
日本のインド人学校
インドの学校

■平成教育委員会DS


■オススメのインド式算数本
脳のヨーガ インド式計算術

「脳のヨーガ インド式計算術」が発刊されました。
脳のヨーガ インド式 計算術ご購入はこちら

・書名:脳のヨーガ インド式 計算術
・著者名:山田 フラミンゴ 真貴(まさき)
・出版社:秀和システム
・判型:B5判
・ページ数:96ページ
・刷色:2色刷
・発行日:2007年8月1日
・ISBN:978-4-7980-1697-9 C2041
・定価:924円 (本体 880円)

インド式算数教育が脚光を浴びています。
さまざまなインド式算数本が発刊されておりますが、
ハリオムのイチオシの新刊がこちら。
作成にあたっては私も微力ながらアドバイスをさせていただきました。

いまちょっとした話題となっているインド式計算術を「たし算」「ひき算」「かけ算」「わり算」の各算法で解説するとともに、練習用の問題を豊富なドリル形式でわかりやすく解説したテキストです。インドでは小学校1年生のときから専用の教科書を用いて「2桁」の九九を習得しています。そのため、日本では筆算で解く「19×324」といったかけ算もインド人は暗算で計算できてしまいます。この計算能力の高さがアメリカをはじめとするIT業界でのインド人の目覚しい活躍の源泉となっていると考えられ、彼らの計算術は世界中でちょっとしたブームになっています。本書を読めばインド人もびっくりの計算名人になれるかも?!
■関連記事

コメント
ハリオムさん はじめまして。

素直にすごい!
20×20は本当に暗記するんですね。

ところで、20×20まで暗記するメリットって
何なのですか?

ハリオムさん自身、計算は得意ですか?
20×20 は活用していますか?
  • feppy
  • 2007/05/28 3:31 PM
20×20まで暗記すると計算が速くできます。私は計算はあまり得意じゃないですね。弟は速いです。
  • HariOm
  • 2007/05/28 10:00 PM
とても不思議です。
例えば、328×6=1968は
僕は
 6・8=    48
 6・2=   12
 6・3=  18
−−−−−−−−−−−−−−− 
+      1968
という計算を ちょこちょこやるわけですが、
20×20を応用すると、
どうやるのですか?
ますます不思議です。

  • feppy
  • 2007/05/30 10:10 AM
この設問ですと、9×9以上20×20までの九九を使う局面がありませんから、応用のしようがないかと思いますが。
  • HariOm
  • 2007/05/30 7:14 PM
ありがとうございます。

ということは、

19×324=6156 

みたいな計算なら、
使えたりするのですね。 
  • feppy
  • 2007/06/01 10:34 AM
基本は19の段を活用して計算します。インドの算数の授業では、19×4を暗記していて解を出すのはもちろんですが、20×4−4という計算の仕方も教えます。19×4は80−4という考え方です。日本では「授業では」そういうやり方は教えないと聞きました。
  • HariOm
  • 2007/06/04 12:10 AM
平成教育委員会で10月21日に放送していた
インド式計算法。

12 × 35 の場合

   12
 × 35
----------------
   60
360
----------------
420

となるのが日本標準ですが、インド式の場合は

12 × 35 
→ 6 × 2 × 35
→ 6 × 70
→    420

と簡単に早く計算できる♪ 
  • ハリオム
  • 2007/10/28 11:56 PM
今日の平成教育委員会でマス北野さんより紹介されていた
インド式算数は

35×35の場合

10のくらいの3の片方に1をプラスして
3×4=12
1のくらいは普通に計算して 5×5=25

答えは 1225
  • ハリオム
  • 2007/10/28 11:56 PM
今日の平成教育委員会(熱血!平成教育学院?)
でマス北野さんより紹介されていたインド式算数は

26×24=

10のくらい(2+1)×2=6
1のくらいは 6×24=24

答えは624
初めまして。
昨日平成教育委員会のインド式算数を見たのですが、
「十の位の数が同じ時」
の計算の仕方は、例外はないのでしょうか。
例えば、

72×78=5616

なのですが、

47×48=?

の時、実際には2256ですが、

インド式だと2056になりませんか?
  • 2007/12/03 3:33 PM
イチのくらいの数を足し算したときに
合計が10のときに適用されます。

でも1と9だとうまくいかないですね。
10のくらいに0を追加しなくてはならない。
41×49 は 2009 だけど
4×5 と 9 この方法だと209 になる。
1と9の組み合わせのときは10のくらいに
0を入れると覚えていればいいですが。 

というわけで
47×48 ではなくて
47×43 なら使える。

10のくらいが2の場合はインド式は以下に適用。

22×28
23×27
24×26
25×25

インドではそうやって授業で習いました。
私も学校で勉強したのはもう大昔で
現在の職業は料理人で、今となっては
お金の計算以外に九九は使いませんが(笑)

2008年1月20日(土)放送の平成教育委員会(熱血!平成教育学院?)
のマス北野さんご紹介のインド式計算方法。

101×109=

1 01+09 01×09

1 10 09

答えは 11009
2008年02月03日平成教育委員会(熱血!平成教育学院?)
でマス北野さんより紹介されていたインド式算数は

■96×96

100との差が4なので96−4=92
4×4=16

答えは 9216

■106×106

100との差が6 100より大きい場合は差を加算する →112

6×6=36

答えは 11236
今日の平成教育委員会(熱血!平成教育学院?)
でマス北野さんより紹介されていたインド式算数は

12×13=

12+3=15
2×3=06
15+06=156
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
「脳のヨーガ インド式計算術」が発刊されました。 ⇒脳のヨーガ インド式 計算術ご購入はこちら ・書名:脳のヨーガ インド式 計算術 ・著者名:山田 フラミンゴ 真貴(まさき) ・出版社:秀和システム ・判型:B5判 ・ページ数:96ページ ・刷色:2
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/15 2:28 AM
皆様ご訪問ありがとうございました。 8月のアクセス数は 66,057 pv でした。 これからもよろしくお願いします。 Photo by Blue Dawn ■アクセスランキング 1.インド人シェフのブログ 2.インド人シェフのブログ | レシピ 3.インド人シェフのブログ | イン
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/09/02 11:37 AM
皆様ご訪問ありがとうございました。 11月のアクセス数は 54,871 pv でした。 これからもよろしくお願いします。 ■アクセスランキング 1. インド人シェフのブログ 2. インド人シェフのブログ | インド式教育の秘密に迫る! 3. インド人シェフのブログ | イ
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/01/03 9:19 PM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る