1〜50

1〜50
インド九九の本 1〜50
前のページ 2ページ 次のページ

インドの数学(ヒンディ語の数字の読み方)
■インド九九の本

■ハリオムがインド数学・算数・教育に関して発信している情報
インド式教育の秘密に迫る!
インドの数学
インドの言語
インドの九九の教科書
インド算数の教科書
インド九九の本
インドの教科書
インド人学校が横浜に
インド人学校緑区に開校決定
日本のインド人学校
インドの学校

■オススメのインド式算数本
脳のヨーガ インド式計算術

「脳のヨーガ インド式計算術」が発刊されました。
脳のヨーガ インド式 計算術ご購入はこちら

・書名:脳のヨーガ インド式 計算術
・著者名:山田 フラミンゴ 真貴(まさき)
・出版社:秀和システム
・判型:B5判
・ページ数:96ページ
・刷色:2色刷
・発行日:2007年8月1日
・ISBN:978-4-7980-1697-9 C2041
・定価:924円 (本体 880円)

インド式算数教育が脚光を浴びています。
さまざまなインド式算数本が発刊されておりますが、
ハリオムのイチオシの新刊がこちら。
作成にあたっては私も微力ながらアドバイスをさせていただきました。

いまちょっとした話題となっているインド式計算術を「たし算」「ひき算」「かけ算」「わり算」の各算法で解説するとともに、練習用の問題を豊富なドリル形式でわかりやすく解説したテキストです。インドでは小学校1年生のときから専用の教科書を用いて「2桁」の九九を習得しています。そのため、日本では筆算で解く「19×324」といったかけ算もインド人は暗算で計算できてしまいます。この計算能力の高さがアメリカをはじめとするIT業界でのインド人の目覚しい活躍の源泉となっていると考えられ、彼らの計算術は世界中でちょっとしたブームになっています。本書を読めばインド人もびっくりの計算名人になれるかも?!
■関連記事

コメント
こんにちは〜。
知人に聞かれたのですが、
「akkaravadisal」って何ですか?
カタカナ(発音)ではどのように書きますか?

ラニのカレー最高!
もうTVで紹介しないで!!
  • tomoko
  • 2007/07/05 9:00 AM
tomoko さま
「akkaravadisal」という言葉はわからないです。スペリングが間違っているのではないかと思いますが???
ハリオムさん、こんばんは〜
インド料理の名前で、「お米をスパイスと牛乳と砂糖で炊いたもの」らしいのですが。
もし分かったら教えてください。
でも、akkaravadisal なんですけど、ヒンディ語ではないのかもしれないですね。
  • tomoko
  • 2007/07/05 11:44 PM
それは、Kheer(キール)ではないでしょうか? ご飯というより「デザート」なんですけどね。英語のページですが以下のページに説明があります。
http://en.wikipedia.org/wiki/Payasam
まさにコレって感じです。
ありがとうございました。
またカレー食べにいきまっす!!
  • tomoko
  • 2007/07/06 8:13 PM
ヒンドゥ教のお祭りラクシャバンダンでキールを作ったので写真を掲載しました。以下urlをご参照ください。
http://blog.chefhariom.com/?eid=489932
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
「脳のヨーガ インド式計算術」が発刊されました。 ⇒脳のヨーガ インド式 計算術ご購入はこちら ・書名:脳のヨーガ インド式 計算術 ・著者名:山田 フラミンゴ 真貴(まさき) ・出版社:秀和システム ・判型:B5判 ・ページ数:96ページ ・刷色:2
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/08/15 2:28 AM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る