インド式計算本 裏表紙

インドの九九の本裏表紙
インド式計算本 裏表紙
前のページへ
インドの小学生が、算数の時間に使っている九九の教科書をご紹介します。
裏表紙には、算数には直接関係ありませんが、アルファベットと
ナーガリー文字が掲載されています。

■そのほかのインド算数・インド九九本を見る
インド算数の教科書
インド九九の本
■インド式計算本
インド式計算本表紙
インドの国歌
数字の1から100
インド計算本 1から4の段
インド式計算本 5から8の段
インド式計算本 9から12の段
インド式計算本 13から16の段
インド式計算本 17から20の段
インド式計算本 21から24の段
インド式計算本 25から28の段
インド式計算本 29から32の段
インド式計算本 33から36の段
インド式計算本 37から40の段
インド式計算本 足し算
インド式計算本 引き算 割り算
インド式計算本 裏表紙

オススメのインド式算数本
脳のヨーガ インド式計算術

「脳のヨーガ インド式計算術」が発刊されました。
脳のヨーガ インド式 計算術ご購入はこちら

・書名:脳のヨーガ インド式 計算術
・著者名:山田 フラミンゴ 真貴(まさき)
・出版社:秀和システム
・判型:B5判
・ページ数:96ページ
・刷色:2色刷
・発行日:2007年8月1日
・ISBN:978-4-7980-1697-9 C2041
・定価:924円 (本体 880円)

インド式算数教育が脚光を浴びています。
さまざまなインド式算数本が発刊されておりますが、
ハリオムのイチオシの新刊がこちら。
作成にあたっては私も微力ながらアドバイスをさせていただきました。

いまちょっとした話題となっているインド式計算術を「たし算」「ひき算」「かけ算」「わり算」の各算法で解説するとともに、練習用の問題を豊富なドリル形式でわかりやすく解説したテキストです。インドでは小学校1年生のときから専用の教科書を用いて「2桁」の九九を習得しています。そのため、日本では筆算で解く「19×324」といったかけ算もインド人は暗算で計算できてしまいます。この計算能力の高さがアメリカをはじめとするIT業界でのインド人の目覚しい活躍の源泉となっていると考えられ、彼らの計算術は世界中でちょっとしたブームになっています。本書を読めばインド人もびっくりの計算名人になれるかも?!

ナーガリー文字に関する書籍
ナーガリー文字
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
・書名:ナーガリー文字
・著者名:こどもくらぶ編集部町田和彦
・出版社:同友館
・サイズ:単行本
・ページ数:55ページ
・発行日:2007年7月
・ISBN:978-4-4960-4322-2
・定価:1,995円 (本体 1,900円)

見て・書いて・読んでみる ナーガリー文字
ご購入はこちら

書籍内で使用されている写真をインド家庭料理ラニからご提供させていただきました。私の公開しているサイト「インド写真集」に掲載されている写真も使用されています。ナーガリー文字は難しいと思いますが、少しでもわかると世界が広がると思います。インドへの滞在、インドへの旅行などのご予定がある方にはぜひ手にとっていただきたい一冊です。
■関連記事

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
インド式計算本 前のページへ 引き算 割り算 次のページへ
  • インド人シェフのブログ
  • 2007/09/01 12:31 PM

はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る