異国の地 ムンバイ

大企業のタタグループのホテルに就職した私。
最初に配属されたのはニューデリーのタージホテル。
でも、そこの厨房での料理人同士の会話はなんと英語だった。


私はインドの首都ニューデリーで生まれ育ちました。
地図でみると、インドの北の方で、インドの南の方よりは
パキスタンやネパールの方が近いです。

私は、タージホテルグループに勤務中に、ムンバイで働いたことがあります。
子供の頃からずっとニューデリーで暮らしていたので、
ニューデリー以外の場所に行ったのは、実はこの社内異動が初めてでした。

ムンバイで一番困ったのが言葉が全く通じないこと。
インドは国土が広いので国内で様々な言語が使われています。
紙幣には、15の言葉でその金額が書いてあります

インドの国語はヒンディ語。第二国語は英語です。
ニューデリーではヒンディー語が多く使われています。
ムンバイではマラーティー語が使われています。

まぁそうは言っても、公用語であるヒンディー語は
そこそこ使えるだろうと思っていました。
でも、その考えは完全に間違っていました。

ムンバイでは、ヒンディー語は全く使い物になりませんでした。
同じインドなのに、全く言葉が通じないなんて、ショックでした。
まるで、外国に来たかのような気分でした。

最初の頃は、ムンバイにやってきたことを本当に後悔しました。
コミュニケーションの手段は英語しかありませんでした。
しかも、その英語も全ての人が使えるわけでもなかったので。

日本も、大阪弁や東北弁などいろんな訛りはありますが、

基本はみんな日本語ですよね。
日本全国どこに行っても日本語が通じる日本は住みやすい国です!

ムンバイ
■関連記事

コメント
初めまして。
いつも楽しく読ませていただいてます。
本当に、インドって言葉がたくさんあって大変ですね。
私も旅行した時、北の方で教えてもらった言葉を南で使ってみたら、「ギャハハ☆」と笑われたことがあります。この場合、通じなかったわけではなく、『なまってる』感じですかね!? 外国人が「そうだべ〜」なんて話したら、確かに笑えますね(そういうタレントもいますが)。
これからも頑張ってください。レシピを参考にして、カレーを作ります。
はまっているのです、カレー作りに…。
  • かおる
  • 2008/08/02 7:09 AM
かおるさま
コメントありがとうございます。インドは多様性の国なんて言われたりしますが、いろんなものがあって飽きないですね。これからもがんばりますのでよろしくお願いします。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
私が、一番最初に就職したのは、インドのタタ財閥が経営する ホテルチェーンのタージグループでした。 ホテルだけをとってみても、かなり大きなグループです。 最初に見習いとして配属されたタージホテルにも、かなりの人数の 料理人が働いていました。 その厨
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/08/02 1:20 AM
ムンバイでテロが起こった。日本でも日本人が犠牲になったということで 大きく報道されている。もちろんインド国内でもトップニュースだ。 インド現地のTV番組は編成を変更して、ずっとテロの報道を行っている。 インド出張中の商社マンの方が犠牲になられたこと
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/11/29 4:04 PM
6月のインド料理教室は、カジキマグロのカレーを作ります。 カジキマグロのカレーは以前もレッスンで取り上げたことがありますが、 今回はココナッツを使って南インド風に仕上げます。 副菜はインド味のポテトサラダです。 ご試食の際には、タンドールオーブンで
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/04/11 12:08 AM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る