仕事は教えてもらえない

これは、インドに限らず、職人の世界ではどの国もそうかもしれません。

私はお父さんのお店では、お父さんやおじさんに仕事を教えて
もらいました。具体的には包丁の使い方から始まって、
この食材にはこのスパイスが合うとか、この料理の作り方のコツは
この作業だ、というような内容です。

ところがですね、タージグループの厨房では、料理は一切教えて
もらえませんでした。昔風に言えば、技術は盗めということ
なんでしょうかね。

特に料理人の世界では、年齢はあまり関係なくて、
オーダー通りの料理をおいしく作ることができれば、
昇格できるわけですから、厨房ではみんながライバルなんですね。

ですから、シェフのアシスタントをしていた見習い時代などは
「肝心なポイント」に来ると、シェフは「アレ取ってきて」
のような用事をわざわざ頼むわけですよ。
そして「肝心なポイント」は絶対に見せてくれない。
勿論、教えてもくれない。

私の場合は、親がニューデリーでもそこそこ有名なレストランを
経営していたのでなおさらガードが固かったですね。
シェフによっては、自分のレシピを盗んで親に教えるんじゃないか
と思っていた人もいると思います。なにしろ私のニックネームは
シアルコッティの息子」でしたから。

そんなわけで、できあがった料理から自分でいろいろ考えて、
何度も失敗して自分流のやり方を会得するほかなかったです。

仕事を終えて家に帰ってから、家族に料理を作って
毎日復習しました。家族は私の料理を食べられるので
喜んでいましたが、私は試行錯誤の毎日でした。
様々な修行の末に私はシェフになりました。
タージマハールホテル

■■■ 仕事は教えてもらえない番外編 インド料理教室 ■■■
今では、インド料理教室をレストランの厨房で開催している私。
講師をやることになったキッカケはレストラン勤務をしていたときに、
会社からカルチャーセンターの講師をするように業務命令が
あったからです。

本音は「私が人生をかけて手に入れた方法を、そんなに簡単に
人に教えられるわけなかろう!」でした。

そんなわけで、不本意ながら始まった講師業だったわけですが、
今は別の心持ちで楽しくやっています。

それはなぜか、、、
もし秘伝のインドカレーの作り方を、そのままそっくり
伝えたとしても、私の作るのと同じようには簡単にはできない
ということ。

ある意味「本物のプロのレシピ」というのはレーシングカーみたいなもので
テクニックのある人やプロがうまく運転するならば速く走れるけれど、
一般の方には乗りにくいことこの上ないものだったるするわけです。
ハンドルにも遊びがないですから、すぐコースアウトしてしまいます。
ヘタするとエンジンすら始動できなかったりする恐れもあります。

というわけで、私が現在ご提供するインド料理の作り方は、
カローラぐらい身近で、リーズナブルなもの。
ガソリン代もあまりかからないし、もちろんオートマなので
エンストもしません。車庫入れも簡単ですよ!

そのようなレシピを考案するのにとても魅力を感じています。
手順通り作れば、失敗もなくおいしいインドカレーを作ることができます。
それは、創造的な仕事なのでとても楽しいです。

私の紹介するインド料理
■関連記事

コメント
こんにちは。
有名店程、「盗み見して覚える」のが当たり前の様ですね。
みなさん苦労されて頑張ってらっしゃるんですね。

家庭料理はリーズナブルな料理で十分です。
最近あまりインド料理を作ってなかったんですが、そろそろ作りたくなりました。
私はハリオムさんのレシピを堂々と盗み見させて頂きます(笑)
  • ジャスミン
  • 2008/08/01 4:28 PM
書いていらっしゃる通り、どんなにレシピを教えていただいても、ピッタリくっついて作り方を指導してくださっても、同じ様には作れないものですね。

横浜から引っ越すときに、色々なレストランのシェフからレシピをいただきましたが、同じには作れませんでした・・・;
レストランのお料理は、そこでいただくのが一番ですね。
  • オニオン
  • 2008/08/01 10:31 PM
ジャスミンさま
いつもコメントありがとうございます。実はインドカレーは、日本のカレールーを使った欧風カレーより手早くできたりするんですよね。お子様も大きくなって、ある程度の辛さもOKのご家庭には、インドカレー本当にオススメの一品なんですよ。また「食べ盛りの高校生の息子の友達が数人遊びに来ます」なんて場合にも、大なべにいっぱいのインドカレーなんてちょっとしたサプライズもアリでいいと思いますよ。
オニオンさま
ご訪問、コメントありがとうございます。そうなんですよね。お料理教室でも、全く同じ材料を、同じ分量使っているのに、各テーブルでできあがりが全然違います。そんな経験から現在のように考えるようになりました。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
現在は自分のお店の厨房でインド料理教室を開催している私ですが、 もともとは人にインド料理を教えるつもりは全くありませんでした。 なぜかと言えば、私はインド料理を簡単に習得したわけではないから。 インド料理の世界に入って、ここまでたどり着くまでの  
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/11/19 12:14 AM
「今の若いものは」 私も若いころは自分のお父さんに言われたんですよね。「おまえのような奴がタージグループで勤まるわけがない。すぐやめて帰ってくるさ。」 実際、お父さんのお店での仕事も、決して楽ではなかったのですが、タージグループでの仕事は、今思い出
  • インド人シェフのブログ
  • 2013/02/06 12:20 AM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る