チャンドラヤーン1号

2008年10月22日にインドは月探査衛星の打ち上げに成功。
打ち上げた場所は、スリハリコタのサティシュ・ダワン宇宙センター。
チャンドラヤーンはサンスクリットで月の乗り物という意味です。
今後2年間に渡って月の観測をするそうです。
やるときゃやるんだな、インドも。
月

■スリハリコタ サティシュ・ダワン宇宙センター所在地

航空写真を選んで、地図上のマーカーの近くを
(マーカーそのものだと機能しませんのでくれぐれもマーカーの付近を)
ダブルクリックしていくと、航空写真がどんどん拡大されて
宇宙センターのロケット発射台の航空写真を見ることができます。
拡大していく間に、海の色の美しさに驚きました。
Googleってすごいですね。拡大しすぎでしまったときは「−」ボタンを
押すと一つ前の画像に戻りますよ!

■インドの産業・経済に関する記事
代理母ビジネス
インドの医療ビジネス
IT産業
自動車産業
携帯電話事業
デリーメトロ
■関連記事

コメント
インド初の無人月探査機、月面着陸に成功 2年間調査
11月15日12時6分配信 CNN.co.jp

ニューデリー(CNN) インド初の無人月探査機「チャンドラヤーン1号」が14日、月面着陸に成功したと、インド宇宙研究機関(ISRO)が発表した。今後2年間をかけ、月面の様子を詳しく調べるほか、水や氷の存在についても調査する。

「チャンドラヤーン」はサンスクリット語で「月の乗り物」の意。10月22日にインド南部スリハリコタの宇宙センターから打ち上げた。月面に着陸した14日は、ジャワハルラール・ネルー初代インド首相の誕生日。元首相は1962年に近代インドの宇宙計画を打ち出しており、ISROは歴史的な日になったと述べている。

探査機は米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)、ブルガリアからの機器も積載している。観測結果は各国と共有し、今後の月探査に向けて活用する。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
チャンドラヤーン1号無事月面着陸ということでなによりですね。 ITや数学分野で一定の評価を受けている最近のインドですが、 科学の分野でもこれを契機に躍進してほしいものです。 ⇒チャンドラヤーン1号 ■Yahoo!News 最近yahooのニュースの編集者さん
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/11/17 11:23 AM
マルチ・スズキ・インディアは乗用車ではインド国内でシェアナンバー1を 誇る自動車会社。日本のスズキ株式会社の子会社です。 「Aスター」2008年1月にニュデリーで開催されたオートエキスポで撮影。 今月、マルチスズキは2008年のオートエキススポでもすで
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/11/21 12:10 AM
皆様ご訪問ありがとうございました。 11月のアクセス数は 69,897 pv でした。 これからもよろしくお願いします。 ■アクセスランキング 1. インド人シェフのブログ 2. レシピ 3. インドの携帯電話 4. チャパティの作り方 5. チャンドラヤーン1号 6. ナン
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/12/01 12:39 AM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る