ムンバイでテロ!日本人が犠牲に

ムンバイでテロが起こった。日本でも日本人が犠牲になったということで
大きく報道されている。もちろんインド国内でもトップニュースだ。
インド現地のTV番組は編成を変更して、ずっとテロの報道を行っている。

インド出張中の日本人の商社マンの方が犠牲になられたことに関して、
インド人としてとても申し訳けなく思います。
心よりご冥福をお祈りいたします。

いったい誰(なんのグループ)がなんの目的で実行したのかわからないが、
もういいかげんにやめてほしいと思う。テロを実行したところで
何も変わらないし、失うものしかないと思うのだが。

私はムンバイではタージグループのフライトケータリング
仕事をしていました。
なつかしい町並みの変わり果てた様子に愕然としています。
そして、テロの現場のひとつがタージホテルだというではないですか。
一瞬自分の耳を疑いました。ホテル内で銃撃戦!!?

私はムンバイのタージホテルに勤務した経験はありませんが、
自分がかつて所属していた会社が、
短期間とはいえ暮らしていた街が惨劇の場になった、という事実に
大変ショックを受けています。とても悲しい気持ちです。

いままで、テロといえば人のたくさん集まる空港や、ターミナル駅、
商業地域などで発生するのが相場でした。ホテルがテロの現場になった
という話は私のいままでの人生で、聞いたことがありません。
まして、タージホテルや、オべロイホテルは、高級ホテル。

高級ホテルなどはある意味「聖域」だと思っていたんですが、
もうインドには安全な場所というのはないのか?!!!

犠牲となった方は100名以上。負傷された方はその2倍、3倍。
これからもっと増えるかもしれません。
亡くなられた方、負傷された方、そのご家族の皆様に
心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。
ムンバイで一緒に仕事をしたみんなが無事でありますように。
プージャ(お祈り)は毎日しているが、今日は特別に祈るよ。

ニューデリーで爆弾テロ
テロの国インド
花の料理人(VIPはテロを回避するために予定を公表しない)
ハリオムのVIP対応秘話
インドの地下鉄のセキュリティチェックは空港なみ
■関連記事

コメント
私も驚きました。
タージホテルだったんですか?
本当に、まさか高級ホテルでなんて・・・
ハリオムさんも心を痛めていらっしゃるんですね。
テロはなかなか無くならないでしょうが、少しでも治まっていい方向にならないかしら・・・
犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。
そして、インドに平和が訪れます様に・・・
  • 2008/11/27 4:30 PM
名前を記入していませんでした。
↑は私です。
  • ジャスミン
  • 2008/11/27 4:31 PM
初めまして。
余ったヨーグルトを何に使うか検索していて辿り着きました。
インド料理が大好きな主婦です。

ブログを拝見して、綺麗な日本語で書かれていてビックリしました。
日本を愛してくださっているんだなあ、と、嬉しくなりました。

最新記事を拝読して、思わず書き込みたくなりました。

テロは友好の邪魔をして、折角仲良く親交を結んだ国の人間同志を引き裂く卑怯な行為ですよね。
私達一般市民は、仲良くなる権利があります。卑怯な犯罪組織によって仲を掻き乱された時こそ、私達は一層強く、一層仲良く生きることで犯罪組織の思惑に抗いたいものです。

大切な故郷で事件が起こって、色々とお忙しいこととは思いますが、お体に気を付けて元気に冬を乗り切って欲しいです。
これからも美味しいお料理と素敵な日記を期待しています。

私も横浜市民です♪
お店に行きたくなりました。
今度家族で行きます♪
ジャスミンさま
コメントありがとうございます。
インドもいろいろ複雑な歴史があり、何度か記事にさせていただいておりますが、本当に難しい国ですよ。今回のことはいろいろな意味でとても残念です。コメントをいただいたおかでで元気になれました。これからもよろしくお願いいたします。
ご飯さま
ご訪問&コメントありがとうございます。数多くあるサイトの中から、見つけていただきありがとうございます。また重い話題にコメントもいただき、元気がでました。本当にありがとうございます。実は結構凹んでいたのですが、気力がわいてきました。本当におっしゃる通りです。仲良くしてくださいね。(笑)というわけで、機会がありましたらまたブログに遊びに来てください。そしてご来店もお待ちしております。
はじめまして
2週間くらい前、インドの地下鉄を調べたとき、こちらのBLOGを知りました。

まだ、テロの犯人や、人質になっている人がいるとニュースで聞きましたが、早くテロが解決し、1人でも犠牲者が少なくなるように祈ってます。

どのような理由でテロをしているか、わかりませんが、銃を撃っても幸せな世の中にはならないと思います。
幸せな世の中にするには、幸せを撃たなければいけないと思います。
ハリオムさんの料理を食べて幸せになりたいです。
  • オレンジ
  • 2008/11/28 12:07 AM
オレンジさま
コメントありがとうございます。
そうなんですよね。ムンバイのテロはまだ解決していないんですよね。ホテルから出られない日本人の方が数名いるという報道もありました。一刻でも早く解決してほしいです。
毎度のことですが、犯行グループはイスラムの過激派ということになるんでしょう。結局は「宗教の問題」ということになりそうです。確かにカシミール地方はパキスタンとインドとの対立といいますか、イスラムとヒンドゥの対立、なかなか解消しておりません。ムスリム(イスラム教徒)の友達もたくさんいますし、一人ひとりは同じ人間ですから、必ず分かり合えると思うんですね。でもなぜかグループになり、そして何かの作用で暴走してしまうんですね。悲しいことです。
凹んでなかりいないで、みんなが幸せになる料理をこれからも作っていきたいと思います。ありがとうございます。
ハリ、元気ですか?
このニュースを聞いた途端、ハリのことを
思い出しました。ロンドンではこのニュース
のことばかり報道してます。

友達の1人はつい最近ムンバイへ引っ越し
たんだけど、爆音が部屋からでも聞こえる
そうで、とても怖いそうです。

私もハリと同感で、宗教や文化が違っても
きちんと話をして、中身を知れば必ず分かり
合えると思っています。

We miss your curry dishes so much...
  • katherine@ロンドン
  • 2008/11/28 3:02 AM
故国での悲しい事件に胸を痛めておられることと思います。当面、見守ることしか対処の方法が見つからないのがもどかしいですね。

それぞれが、お互いの違いを認められる社会になるよう、出来ることや出来るばしょから努力していきたいという想いを改めて強く感じます。

犠牲になられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。
  • オニオン
  • 2008/11/28 8:14 AM
katherine@ロンドン さま
コメントありがとうございます。お久しぶり!!お元気ですか? 家族もみんな元気ですか? ニュースを見て私のこを思い出してくれてとてもうれしいです。今回のテロは英国人をはじめ欧米の観光客がターゲットだったという報道もあり、英国ロンドンでも当然大きく取り上げられていることでしょうね。イギリスにはインド人も多いですしね。

I am looking forward to seeing you again. Please come to my restaurant at first when you will come back to Japan!!
オニオンさま
再度コメントありがとうございます。亡くなられた日本人の方の、家族や職場の人の気持ちを考えると胸が痛いですね。ご本人もお若いのにさぞ無念だっただろうなと思うととても悲しいです。インド人の警察官も優秀で勇敢な人が何人も殉職しています。
普通で平凡な毎日に感謝して、地道に自分の仕事をしていこうと思います。
昨日からニュース番組はこの事件のことだけをずっと流しています。ZEE TVとAAJ TAKを交互に見ているのですが、取材現場もかなり混乱しているようで、ニュースの中身自体もかなり錯綜しています。

とてつもない恐怖はもちろんのことながら、犠牲になった方々やそのご家族のことを思うと何ともやりきれません。事件が一刻も早く終結するよう願うしかありません。

この地上からこうした事件がなくなり、みんなが平和に暮らしていくにはどうすればいいのでしょうか。今の時代の私たちにとっての大きな課題だと思います。
  • ogata
  • 2008/11/28 4:47 PM
以前インドに旅行に行く際に色々と参考にさせて頂いて、コメントさせて頂いた者です。
とても楽しく過ごして良い思い出が出来た国での大規模テロ、とても悲しくなりました。
ハリオムさんもきっと心を痛めていらっしゃると思って覗かせて頂いたら、たくさんの方からコメントがあって皆さんに愛されておられるんだなぁと思いました。

今回は日本人の犠牲者が出たということで大々的に報道していますが、私がインドに行く1週間前にもデリーでテロがあり(ハリオムさんも書かれていましたが)滞在中にもパキスタンのマリオットでの爆弾テロがあって、夏に行ったトルコでも滞在中にイスタンブルで爆弾テロで多数の方が犠牲になりました。

おのおのの信じるもの、思想、理想が違って衝突や摩擦が起きるのは普通だと思います。
私にもムスリムの友人がいます。イスラム教過激派によるテロ行為によって、なんの罪もない(穏健派の)イスラム教を信仰する方達が迫害や差別的な感情を抱かれることにも強い憤りを感じます。

テロによって犠牲になるのは一般市民です。
そのテロに対する報復行為で犠牲になるのもまた一般市民です。

一人一人出合ったならば良き友人にもなれる筈なのに…本当に悲しいことです。

ハリオムさん、美味しい料理は食べた人を皆間違いなく幸せに出来ると思います。
皆が美味しいものを食べて幸せな気持ちになっていれば争いも起きないと思います。

これからも、美味しい料理でたくさんの方を幸せな気持ちにしていってくださいね。
  • sude
  • 2008/11/28 6:38 PM
ogataさま
コメントありがとうございます。blog拝見させていただきました。退屈であることの幸せ。まさに私も同じことを考えており、とても共感を覚えました。また、今回の件が及ぼす「経済逆効果」といいますか「経済的損失」に関して大きな懸念をいだいている点も。
タージホテルに関しては、いくら改装したところで、こんな大惨事の現場に誰も宿泊したくないですよね。ホテルとして今後の経営はムリなんじゃないかと。
物理的に街を修復するための費用の損失ももちろんですが、ビジネスの停滞による損失もまた大きいかと。今回のテロによって多くの企業が休業しています。そりゃ仕事より命が大事ですからね。
また「インド旅行」が世界各国でキャンセルされまくりでしょう。そりゃそんな危険な国に今行く必要はないですからね。そしてそのイメージは払拭されるまでには、長い時間が必要でしょうね。
今回の事件はテロではなくて「戦争」という視点にも共感します。
ogataさん、もしかして半分インド人ですか?
もうひとつ心配なのは、政治的なリーダーの中の一部がこれ以上やられっぱなしはありえないだろう。報復が必要だ。という見解を出していること。確かにここのところテロが続いていますからね。しかし、互いに罪のない市民を傷つけあってもそこには悲しみしか残らない。
sudeさま
コメントありがとうございます。報道で私のことを思い出していただき、blogに来訪いただきとてもうれしいです。
今年はテロがとても多く、私のムスリムの友達も最近お店に来なくなってしまいました。たぶんあわせる顔がないと考えているからだと思います。そういう人です。私はなんとも思っていないんですけどね。でもやはり私が彼の立場だったら同じようにあわせる顔がない思いでしょう。
みんながsudeさまのように考えていればもめごとも起こらないんですが、残念ながら世の中はそのようにはできていないようで。
励ましのお言葉ありがとうございます。元気が出ます。
ヒンディ語のニュース番組
http://idesitv.com/ibnhindi.php
ずっとLiveで放送しています。
画像だけでも様子はわかります。

英語
http://idesitv.com/ibnenglish.php
こちらは英語版なので内容は違いますが
アナウンスはわかるかと思います。
  • ハリオム
  • 2008/11/28 10:48 PM
こんなにコメントをいただいたのはblog開設以来初めてです。本当にありがとうございます。
はじめまして、ハリオムさん。

NYからアクセスしています。 このBlogを拝読させてもらうきっかけになったのがNYのLittle Indiaと言うエリアにあるレストランの中で、数件のIndian restaurantにハマってしまい、お料理は好きなので いろいろな国のお料理を試していたのですが そのときレシピを探していたりでここに行き着きました。:) 

テロのことはNYでも毎日の様に報道され ハリオムさんと同じインド出身の方々を始め たくさんの人が心を痛めていますが 特にゆかりがある様で・・・心中お察しいたします。 
私も911を経験し、友人を失いました。 そうですよね、テロは新たな悲しみや憎しみを無意味に増やすだけで何もポジティブなことやクリエイティブなコトは生み出さないし、何より生産的でないと思います。 ホントに何より早くなくなって欲しいことと思います・・・。

わたくしごとではありますが、来年には5年半ぶりに日本に行く予定で、東京・横浜は友達がいるし、毎回行くので ゼヒお店のほうにお邪魔させていただきたいと思います。 

 では、これからもバラエティーに富んだ 素敵なブログをよろしくお願いしますね! 
  • Ayaka
  • 2008/11/29 3:01 PM
Ayakaさま
コメントありがとうございます。今度はNYからですか!!! 国際色豊かになってまいりました。NYのインド料理レストラン、私も行ったことありますよ。NYは寒かったという思い出しかありません。(笑)
911の時にNYにいらしたんですか。私は日本にいましたけど、それでものすごい衝撃でした。まして現地にいたんでは、きっと人生変わるぐらいの出来事だったことでしょう。
今は負の状態のインドですが、早なるべく早く回復してくれたらなぁと思います。
来年帰国されるんですね。ぜひご来店くださいませ。ニューヨークのインド料理店よりウマイのもを食べさせますよ!!
お待ちしております。
最後まで軍も制圧に苦慮していたタージホテルも、ついにテログループが軍により制圧され3日に及んだテロも一応の決着を迎えました。警官や軍人は勇敢に戦ったと思います。殉職された方も多数。
テログループが5,000人を殺害する計画だったらしいです。意味がわからないんですけど。準備にもものすごい時間をかけているわけですよ。よくわからないですけど、何ヵ年計画なんでしょう。テログループの実行犯の若者たちは、その能力をもっと別な方向に発揮することはできなかったんですかね。もう洗脳されてしまって、どうにもならなかったんでしょうか。
恐れていたことが現実になりました。私のムンバイ時代の上司の家族、奥様とお子様3人がタージホテルの銃撃戦で亡くなったようです。ご本人は生存されているようですが。
今回の事件で亡くなられた皆さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
人生も半世紀を過ぎると「自分の死に方」を考えることもあるわけです。別にすぐ死ぬ予定はないのですけど、もしかして明日交通事故などで帰らぬ人になるかもしれませんよね。普段はそういうことはあまり考えていないので、まぁとりあえず普通の寿命までは生きているんだろうなと。
今回のテロの犠牲者ような死に方ってもうやっぱりあり得ないですよ。運命だったと言ってしまえば簡単ですけど、そういうもんじゃないぞと。
篤姫の手紙を読んだ西郷隆盛が「なすべきことをなすためにここまでがんばってきたんだ。私はやるしかないんだ。」
♪すいません。私はドラマは見てませんが、ドラマにはまっている日本人スタッフから内容を聞きました。ちなみにこのシーンでスタッフは泣いたそうで。幾島との別れとこの西郷さんのシーンはスタッフのツボだたそうで♪
でね、なすべきことをなさないままの気持ちで天に召されてしまい、まさに無念だっただろうなと思うわけです。
 事件現場に沢山の蝋燭が燈されている報道写真を見ながら、私も一緒に御冥福をお祈りしました。
 事件に巻き込まれた皆様のそれぞれの慣習を私は知らないけれど、せめて気持ちだけは一緒に黙祷を捧げて行きたいと思います。

 これから世界中で、次の権力を握りたい集団が発狂しては、一般市民を巻き添えにテロを起こすんだろうかと不安に思います。
 聖戦を名乗って世の中を乱して勝手に死ぬなら自業自得の馬鹿ですけど、そこに巻き添えを食うのは御免ですね。
 私は思うに、イスラム教などの有名宗教の肩書を勝手に使って大量殺人をする集団を見るたび、その宗教に対する冒涜の極みと感じます。
 どの宗教にも神様の教えを勘違いして狂暴化する人達が居ると思いますが、本当に迷惑ですね。よほど特殊な神様でも無い限り、どの神様も愛と平和を説きこそすれ、憎しみ合いや大量殺人を勧めては居ない筈です。
 勘違いした聖戦を繰り広げて生き甲斐を感じたい人達は、火星にでも住んで勝手に永久に戦い続けていればいいのに、と思います‥
ご飯さま
コメントありがとうございます。聖戦って本当に意味がわからないんですよ。正当化される無差別大量殺人はないと思うんですよね。そういう集団の目的はなんなんだろう。いくら考えてもわからないです。権力?金?
「宗教」というのはなかなか難しいもので。特にインドではそれを強く感じますね。何事も「諸刃の剣」ということですよね。宗教があることによるメリットもあるし、デメリットもある。インドとパキスタンの争いの歴史は、宗教同士の戦争みたいなものですから。
(何度もスミマセン。。。)

 歴史に疎いもので、トンチンカンなことを言ってたら申し訳ありません。
 今回、インドとパキスタンの宗教の違いを利用したパワーゲームのように感じます。インドとパキスタンに仲良くなられたら困る権力者や財閥が、宗教を隠れ蓑に戦争を仕掛けたんじゃないかと‥、ふと思いました。
 
 と、まだ続きを書いたんですけど、あまりに長くて恥ずかしいので続きは自粛します(笑)
 続きは殆ど独り言で、歴史も知らずに感想を言ってるだけなので自分のblogに書くことにしました。

 早くインドとパキスタンに平和が戻りますように。
 これからも、インドのお食事や文化を沢山紹介して欲しいです。
 今日はチャイっぽい物をひたすら作っては飲んでいました。
 明日はチャパティっぽい物のタンドーリチキンっぽい物を作ってみるつもりです。
 全粒粉を買いに行かなければ。
 毎日ハリオムさんの日記からレシピを探しているのですが、時間帯によってページを開けないので、毎日ちょっとずつ。
 これからも日記楽しみにしています☆
ご飯さま
コメントありがとうございます。全然スマナクないですヨ。なかなか普段、濃い話をする機会もないですしね。インド・パキスタン問題はインド人にとっては
…というよりもともと私のファミリーは現在のパキスタンに住んでいました。簡単に言うと、英国から独立する際に、パキスタンとインドに別れたんですが、パキスタンはイスラムの国として独立するからヒンドゥ教の人は出てってくれと言われて追い出されたわけ。…
そういう意味では、インド人、パキスタン人なんて言ったところで、同じ人ですよ。もともと双方とも英国領インドです。むしろ南インド住民と北インド住民はDNA的には別系列のような気がします。逆に、北インド人とパキスタン人はもとはと言えば一緒。…
ま、そんなことはどうでもいいんですが、印パ問題を話題にすると、あまりにも当事者すぎて、実名を公表したうえで、公に発言するには不適切な内容になってしまいそうなので、お茶を濁しておきます。

これからもインド情報を皆様にお届けします。このblog開けないときがありますか?私は普通に使えていますが、時間帯によるんですね。もっとお高いサーバを契約すればよかったでしょうか?(笑)
テロの現場となった、ムンバイのタージマハールホテルとトライデントホテルの営業が再開されたようです。(全館ではなく一部再開)関係者のみなさんには、並々ならぬご苦労があったことと思いますが、年内に再開できてよかったです。
今日、ついにパキスタンが国家として、今回のムンバイのテロの犯人がパキスタン人であるということを認めました。どこの国の人間であろうとやったことに変わりはありませんが、もともとよくなかった印パの関係が更に悪化しそう、、、というか実際悪化しています。
しかしイスラームの戦士ということなら、なぜ今回ムンバイ(南インド)を選んだのか個人的には理解できない。なぜなら、南インド(ムンバイ)はインド国内でも、住民のイスラーム教徒の割合が高い地域である。テロの動機が(本当の動機はよくわからないが表面上は)宗教だと言うのだったら、なぜ同胞の多い場所を選んだのだろうか。
理由はなんであれ、テロを実行したところで何も得るものはないのだから、本当にもうやめてほしいと思います。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
インドで行われる友達の結婚式に呼ばれました。 服装やお祝いはどうすればいいですか? お客様よりお問い合わせがあったんですが、せっかくなので 情報共有しましょうということで記事にすることに。 ■服装について インドでは結婚披露宴の服装は特に正装で
  • インド人シェフのブログ
  • 2008/12/04 12:07 AM
日本からの円借款によりニューデリーにも地下鉄が建設されまして 順次開業しております。 乗車にはプリペイドカード(スイカやパスモのようなもの)か 1回乗車用のプラスティックのコインを購入します。 改札は内蔵ICチップを読み取るスイカ・パスモ方式です
  • インド人シェフのブログ
  • 2009/12/28 10:16 AM

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る