ランチ



チキンバター
豆カレー
カリフラワーのサブジ
サラダ
ライス
ナン

インドのおうちごはん



チャパティ ピラフ インゲンのサブジ じゃがいも

アルダム



じゃがいも料理なのだが、アルジラと何が違うのか?

ご家庭や地方によってもアルダムの定義が違うと思うのだが、私の中でのアルダムは。じゃがいもは丸ごと使う。よって小さいじゃがいもを使う。ボイルあるいは蒸してから皮をむく。(とても手間がかかる。)グレービーを別に作って、さきほどのじゃがいもを投入。できあがりといった寸法。

私もインド料理教室で何度かアルジラをご紹介しておりますが、事前にゆでる場合とクレービーに生のままで投入する場合とありますが、いずれもじゃがいもの皮をむいてから加熱しています。何が一番違うのか?といえば、皮ご加熱して皮をむくことかもしれません。

クレービーに関しては、それこそ日本のご家庭の味噌汁ぐらいに無限に種類があるので、なんとも言えません。アルジラの場合は料理の名前の通りクミンシードは必須ですが、他のルールはない。仕上がりもアルジラもアルダムも汁アリ、汁なしどちらもあり。ある意味、インドではお店で出すなら、お店のカラーを一番出せる料理なのかもしれません。

写真のアルダムは、イモの煮崩れを防ぐために、皮をむいてからさらに油で揚げています。(このあたりは本当に諸説あると思う。)

日本ではいくら手間がかかっていたとしても、じゃがいものカレーってなんだか安っぽいので、あまりメニューとして採用されないのだと思われます。

ジーラピラフ



炊き込みごはん方式

インドのサラダ



野菜は輪切りにするのがルールらしい。玉ねぎ、ネギも生で食べます。

カボチャのサブジとプーリー

カボチャのサブジ

プーリ―

カボチャのサブジとプーリ。カボチャは甘いカボチャではなくて、冬瓜みたいなカボチャです。プーリーはチャパティの生地を揚げたパンです。

インドのパン

インドの朝食

インドの朝食

アルパラタ
ヨーグルト
アチャール

インドのパン

チャオミン

チャオミン

インドのヤキソバ。レストランのメニューです。キャベツと玉ねぎ多め。味はスパイス、スパイスはしていないけど、でも辛いよね〜。日本のヤキソバとは全然違う味。

メティ

メティ

じゃがいもとドライカレー(アルメティ)にするのが、定番の使い方です。苦味のある大人の野菜です。

■メティの種
フェヌグリーク

■乾燥させたメティ
カスリメティ
カスリメティ
カスリメティ

インドのネギ

インドのネギ

インドのネギ。


はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめの本

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る