自家製スナック菓子

サモサの生地で作ったスナック
サモサを作ると生地が余るので、その生地を丸く型抜きして揚げました。
お店ではサラダのつけあわせにしたり、スタッフがおやつとして
そのまま食べています。スナック菓子みたいでなかなかおいしいです。

ひき肉を作る

ひき肉
ラニで提供しているお料理には、冷凍していないお肉を使用しています。
お料理に使用するひき肉は、生のお肉を厨房でひき肉に加工しています。

写真はミートグラインダーで小さく切ったブロックの鶏肉をひき肉に
加工しているところです。

ラニでご提供している鶏ひき肉を使っているメニュー

キーマカレー
キーマカレー


パンジャビキーマカレー
パンジャビキーマカレー


シークカバブ
シークカバブ


ちなみに「キーマ」とはヒンディ語でひき肉のことをさします。

■ミートグラインダー動画

インディアンスパイシーサラダ

インディアンスパイシーサラダ
バーべキューチキン赤たまねぎトマトをスパイスで和えた
サラダです。

パパド

パパド
インドのおせんべい。パパドです。
「おせんべいの元」を油で揚げたものです。
チャナ豆の粉でできた生地にスパイスが練りこまれています。
インドにはいろいろな種類のパパドがあるのですが、
ラニで提供するパパドを決めるまでには、インド現地で
30種類以上の中から厳選、一番おいしいと思うものに決めました。

ベスン(チャナ豆の粉)



サモサ

サモサ
インドの代表的なスナックです。
インドでは屋台などでおやつとして売られています。
小麦粉で作った皮の中に、具と入れて形を三角錐に整え、油で揚げたものです。
中身の具はイスラムではひき肉(キーマサモサ)が多いですが、
私達ヒンドゥでは野菜(アルサモサ:じゃがいものサモサ)が主流です。
ラニのサモサも主にじゃがいも、ピーマン、ししとう、レーズン、
カシューナッツほうれん草などをスパイスで味付けした
具が入っています。インドでは、サモサにミントソースをつけて食べます。

■関連記事
サモサを作る [動画]
サモサの作り方
サモサの皮があまったら
サモサいっぱい

ナン生地作り

ナンの作り方(ご家庭でナンを作る場合のレシピをご紹介)

ナンの材料をまぜあわせます
お店でナンの生地を作っているところをご紹介します。
ナンの生地は毎日作っています。だいたい1回に作る量は
25kgぐらいです。まずは、材料を混ぜ合わせます。

マシンを使わないので重労働
その後、全身を使ってよくこねます。なにしろ25kgですから、
かなりの重労働です。最近は、インド料理店でもパン屋さんでも
「コネ」の工程はマシンを使うことが多いですが、
ラニでは全て手作業です。機械は文句を言わないし、病気もしないし、
常に寸分違わぬ同じ作業ができるという利点がありますが、
やはり「手作り」にこだわってしまいます。
餅つき機で作ったお餅よりも、杵つきのお餅の方がおいしそうですよね。



生地ができました
生地がまとまってきました。やっとできあがりです。

汗だくです
写真ではよく見えませんが、汗だくです。

発酵させます
生地ができたら容器に入れて、ラップをかけて発酵させます。


一回目の発酵の後、生地を一個ずつにわけて丸めます。
そして再度発酵させます。





ナン

タンドールでナンを焼く
ガーリックナン
レーズンナン
バトゥラ
インドのパン

ナンは難しいし手間がかかるので、ご家庭で作るならチャパティが
おすすめです。インドでもナンはレストランで食べるもので、
家庭にはタンドールもないのであまり作りません。

チャパティの作り方


インド料理教室でナンの作りかたのレッスンしているところ。
インド料理教室

カッテージチーズを作りました

チーズ1
チーズを作りました。これは、牛乳を煮立てているところです。

チーズ2
これはチーズが固まったとことろです。
チーズ(パニール)入りのカレーに入れます。
黒い点々はスパイスです。

シャーヒパニール
カッテージチーズ入りトマトベースのカレー


サグパニール
カッテージチーズ入りほうれん草のカレー


パニールの作り方

ヨーグルトができあがりました

ヨーグルトできあがり
昨日作ったヨーグルトができあがりました。

ヨーグルトできあがり2

■ヨーグルトを使うインド料理
パパリ
タンドリーチキン
チキンマライティッカ
ミントチャツネ(ミント味のソース)
アルライタ(じゃがいもとヨーグルトのサラダ)
たまねぎのライタ
マトンマサラ
ダヒバラ
マンゴーライタ
ラッシー
マンゴーラッシー
ナン
ガーリックナン
バトゥラ
タンドリーチキン
チキンティッカ
チキンタングリーカバブ
ラムチョップ
レーズンナン

ヨーグルト作り

ヨーグルト作り
ヨーグルトを作るために、牛乳を火にかけているところです。
この牛乳にあるものを混ぜて常温で一晩置くと、翌朝には
ヨーグルトになっています。作り方は企業秘密です。(笑)

ラニではヨーグルトも作っていますが、カレーに入れる
パニール(カッテージチーズ)も牛乳から手作りです。

ヨーグルトのできあがり

■ヨーグルトを使うインド料理
パパリ
タンドリーチキン
チキンマライティッカ
ミントチャツネ(ミント味のソース)
アルライタ(じゃがいもとヨーグルトのサラダ)
たまねぎのライタ
マトンマサラ
ダヒバラ
マンゴーライタ
ラッシー
マンゴーラッシー
ナン
ガーリックナン
バトゥラ
タンドリーチキン
チキンティッカ
チキンタングリーカバブ
ラムチョップ
レーズンナン


Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る