ハッピーディワリ!

ディワリは光のお祭りとも言われます
今日はインド(ヒンドゥ教)最大のお祭りディワリです。
お祈りの準備ができました。

ディワリでは光を灯します
お店の外にも光を灯して、お客様をお出迎えしました。
ディワリは光のお祭りとも言われています。

お母さんの願い
お母さんが書いた神様へのお願い。

手作りのお菓子
インドのお祭りやお祝いごとには甘いお菓子が欠かせません。
これはベスン(チャナ豆の粉)で作ったお菓子です。

ミターイ
これは買ってきた甘いお菓子。ナッツも入っています。

賑やかな神棚
ディワリに限らずお祭りの日は神棚をきれいに飾りつけします。

プージャ(お祈り)
プージャ(お祈り)しているところ。お祈りの後、みんなで
ラクシュミーの唄を歌います。

プージャするために用意するもの
左下のボールに入っているのは、小麦粉で作った甘い食べもの。
プージャが終わった後に、みんな一口ずつ食べます。

プージャ
水で溶いた赤い粉をおでこにつけてもらいます。

プージャ
水で溶いた赤い粉をおでこにつけてもらいます。

プレゼント
ディワリはインドのお正月のようなもの。お年玉や、新しい洋服を
もらいます。

プーリ作り
ディワリの日の定番ご飯は、じゃがいもとプーリあるいは、
チャナ豆とプーリです。プーリとはチャパティの生地を
油で揚げたもの。

ベジタリアン
お祭りの日は皆ベジタリアンです。今日のご飯は、
チャナ豆のカレーとプーリ。

インドでは家の周囲に火をともしたり、電飾をつけたりする家もあります。
プージャが終わったら、家の前で花火をします。
インドではものすごく派手に花火をやります。
爆竹や、打ち上げ花火で大音響なんてこともあるのですが、
最近はテロへの警戒が強化されていて、警察や行政は爆竹を控えるように
呼びかけています。そのため、昔ほど派手ではなくなってきています。
日本ではご近所にご迷惑なので、近所の人気のない公園で
ひっそり線香花火のような花火を地味にやりました。

ディワリには、子どもはお年玉をもらいますが、
働いている人はボーナスをもらいます。ボーナスと一緒に
甘いお菓子ももらいます。そんなわけでお菓子屋さんは
このディワリだけで1年の半分に相当する売上があると
言われています。

ハッピーディワリ」とお祝いの言葉をかけあいます。
親戚や近所の人が挨拶に来たら甘いお菓子ミターイを出すので
自宅には20kgぐらいのミターイを用意します。

また、日本の「喪中」と一緒で、その年にだれか家族が亡くなった家では
ディワリを派手には行いません。「ハッピーディワリ」とは
家族の間でも言いません。また、親戚や近所の人も挨拶を控えます。
もし道で会っても、喪中の家族には「ハッピーディワリ」と声はかけません。

インドのお祭り
ディワリ2008
ディワリにはインドスイーツが不可欠
ファニア
ディワリのグリーティングカード2009
ディワリグリーティングカード2007
ディワリの飾り
ディワリの飾り
ディワリの飾り
デュシャラ
ラクシュミープージャ
ヴィシュカルマデー

Happy Diwali! ハッピーディワリ!

om
明日からヒンドゥ教最大のお祭りディワリが始まります。
明日は、お金の神様ラクシュミーがやってきますので失礼のないように
今日は神棚を中心に家中を念入りに大掃除します。

ディワリの様子

カルバチョート

今日はカルバチョートというお祭り。
インド全土の女性が、夫の長寿を願って断食をします。
また、手足にメヘンディをします。

インドのお祭り

デュシャラ Dussehra

ディワリの21日前に行われるお祭りです。
神様ラーマが、3人の悪者
ラワン、メグナット、クンブカラヌを退治したことを祝うお祭りです。
紙や木に書かれた悪者の絵を燃やします。
田舎では今でも盛んに行われているようですが、
最近は都市部では火を燃やすのが危険という理由から
昔ほど盛んに行われてはいません。

インドのお祭り

ドゥルーガプージャ

ナブラットリーの神棚
ナブラットリーの期間中は特に神棚も賑やかです。
今日は先日始まったナブラットリーの最終日です。
この日はドゥルーガプージャと呼ばれます。

お供え物
神棚へのお供え物。手前にある茶色いものは、jyoti(ジョーティ)
と言って、粉で作ったものですが、その中にギー(油)を入れて
火を灯します。

お祝いのごはん
これは「カンジャック」と呼ばれる食べ物です。牛乳と砂糖で甘く
味付けしたご飯と、スパイスで味付けしたブラックチャナ豆(ひよこ豆)
を食べます。このカンジャックは、ディワリの最終日とナブラットリーの
最終日に、年2回だけ食べるご飯です。

子どもはみんなお小遣いをもらいます。お年玉みたいなものですね。
だから子どもはこの日をとっても楽しみにしてます。
男の子より女の子のほうが多くもらいます。

インドのお祭り
お祝いの日に食べるもの

ナブラットリー

今日からヒンドゥ教のお祭りナブラットリーが始まりました。
今年は9月で期間は1週間です。みんな期間限定ベジタリアンになります。

ラクシャバンダン

ラキィ
今日はヒンドゥ教のお祭り、ラクシャバンダンの日です。
インドに住む妹たちから、ラキィ(赤いミサンガ)をもらいました。
今日はお祝いにキール(牛乳と砂糖で炊いたおかゆ)を食べます。
妹達は、兄さんからお小遣いをたくさんもらいます。


はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る