手動みじん切りマシン


食材をみじん切りにする手動マシン。どう考えても包丁で切った方が
早くてキレイなんでアレなんですけどね。(笑)

たまねぎのみじん切り

インドの泡だて器

泡立て器
インドの泡だて器です。卵を溶いたり、ラッシーを混ぜ合わせたりする
時に使います。先の方についている羽の先端を混ぜる容器の中で固定して
柄を上下に動かすと羽が回転して材料が混ざります。


実際に食材を混ぜている動画も撮影すればよかったですね。

おろしがね

おろしがね
インドのおろしがねは、金属でできた四角い筒に
取っ手がついたような形をしています。それぞれ4面とも
違う用途になっています。
こちらの面は一番荒い面で、鬼おろし用。

おろしがね
中くらいの面。

おろしがね
この面は「おろし」ではなくて「スライス」です。

おろしがね
一番細かい面。

スパイスを粉にする道具(手動)

スパイスを粉末にする道具
こちらは昔使っていた道具。器の中にスパイスを入れて、それを
棒で叩いて細かくします。イマドキあまり使われていませんね。
ミキサーの方が早いし楽ですからね。

スパイス ミキサー グラインダー 粉砕

スパイスを粉にする道具(電動)

ミキサー
スパイスグラインダー(ミキサー)です。このマシンは
ホールスパイスを細かくするときに使います。
インドの家庭には必ず1台あるはずです。

スパイス ミキサー グラインダー 粉砕

チャパティを作る道具

チャパティ
北インドのパン、チャパティの生地を伸ばす専用の台と棒です。
チャパティの作り方

インドの圧力鍋

圧力なべ
開業以来レストランの厨房で使用しているこの圧力鍋はインド製です。
インドで最も有名なメーカーです。圧力鍋専門メーカー。
カレーの豆を茹でるのに使っています。
圧力鍋は、インドの家庭には必ず1つはあるはず。
ちょうど食事の準備の時間になると、インドの住宅街では
圧力鍋の鳴く音がここかしこから聞こえるのですよ。

HAWKINS ホーキンス プレッシャークッカー
HAWKINS圧力鍋カタログ[PDF]

スパイスボックス

スパイスボックス
インドの家庭にはかならずあるスパイスボックス。
こちらはステンレス製で、ぴったりしたステンレスのふたがついているもの。
毎日の料理には欠かせないスパイスをここに入れておいて、
料理のたびに使います。

なべ

なべ
インドのカレーなべです。
インドカレーでは、なべにフタをしないで強火で煮込む場合がありますが、
このインドカレーなべを使うと、カレーが飛び散ることがありません。
普通のなべで煮込みを行うと、キッチンが悲惨なことになったりします。

インドの七輪

バッティ

バッティ
バッティといいます。日本の七輪みたいなものです。
ニューデリーにあったお父さんのレストランでは、ガスではなく
バッティを使って調理していました。

さすがにニュデリー近辺で、今でもバッティを使っている家はないと
思いますが、屋外でBBQをする時などには今でも使います。
日本でも、さすがに自宅で七輪を使う人は最近ではあまりいないと
思いますが、屋外でBBQをするときには使いますよね。

インドの七輪は、骨組みは金属でできていて、内側を粘土とセメントを
混ぜ合わせたもので作ります。金属の枠はインドで作ってもらいました。
内側の粘土とセメント部分は、日本に持ってきてから自分で作りました。

バッティ

バッティ

バッティは弊社ケータリングサービスのご注文が屋外だった場合に
使うために準備しました。毎年ガーデンパーティーをオーダーして
くださるお得意様がいらっしゃるので。
ケータリングサービス


Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る