チャナダールのサラダ

チャナダールのサラダです。インドでは豆を食べる機会が多いのですが、サラダにも使います。たんぱく質とビタミンが同時に取れる優れもののお料理です。

チャナダール

チャナダールのサラダ

レッスン前に豆をご購入される、イツメンの皆さまのために、豆の写真を掲載しておきます。
チャナダール

インド料理教室

この料理のレッスンは2016年7月下旬に開催する予定です。お申込みの受付は5月上旬より開始する予定です。インド料理教室の開催情報をいち早く入手したい場合は、インド料理教室情報メール配信登録されることをオススメいたします。

アチャーリダムチキン

アチャーリダムチキン

7月のインド料理教室でご紹介する予定のアチャーリダムチキンのレシピを作りました。ここのところ頻繁にご紹介させていただいております「タージホテルの人気メニュー」のひとつだった料理です。辛くないけどスパイシーな料理です。プロのインド料理の中でもアドバンスな料理なので(タージホテルの中でも作れるシェフが限られていた)、作り方を知らないインド人の料理人さんも多数おられると推察します。

今回のメニューの特筆すべき点は、レッスンは骨付きチキンで実施いたしますが「同じレシピでマトンにも応用が可能な点」です。普段は食材を置き換えることはインド料理ではあり得ないというポリシーのハリオムですが、今回に限り例外認定をいたします。よって、今回はマトンを使ったインド料理習得をご希望の方にもオススメいたします。

アチャーリというのは「アチャール用のスパイスを使った」という意味で、過去には「アチャールチキン」をご紹介しておりますが、それとは趣を変えた料理です。使用するホールスパイスの種類は多めです。

いままでご紹介したインド料理の中では、おそらく2番目に面倒な料理です。ちなみに1番はハイデラバーディダムビリヤニです。両方とも煮込みプロセスが「ダム」だからです。これはハイデラバーディダムビリヤニの際にもご紹介しましたが、パンの生地でなべとフタを密閉して煮込む方法です。

アドバンスなメニューだからといって、特別難しいテクニックが必要なわけではないです。初心者の方も臆することなくご参加お待ちしております。本音を言うと(決して上から目線で言っているわけではなく)、まだレパートリーの少ないインド人コックさんに受講してもらいたい。(笑)

なべ

密閉

できあがり

インド料理教室

この料理のレッスンは2016年7月下旬に開催する予定です。お申込みの受付は5月上旬より開始する予定です。インド料理教室の開催情報をいち早く入手したい場合は、インド料理教室情報メール配信登録されることをオススメいたします。

チキンマライティッカ

チキンマライティッカ

チキンマライティッカは日本のインド料理店で取り扱っているお店も多いので、皆様もおなじみの料理だと思います。マイルドな味に仕上げたチキンのバーベキューです。

日本でもいろいろなお店で出しているわけですが、日本のインド料理店でも、インドのインド料理店でも、当然いろいろな作り方があるわけです。今回ご紹介するのは、私が勤務していた当時に、タージホテルのインド料理レストランで出していたチキンマライティッカの作り方です。おそらく、現在でも作り方は大きくは違わないと思います。

辛くないので、お子様でも召しあがれると思います。また、スパイスも控えめな料理なので、日本の食卓の一品としてもなじみが良いと思います。

2016年5月28日のインド料理教室でご紹介する予定です。お申込み受付は3月下旬より開始する予定です。

インド料理教室

ダールカビラ

ダールカビラ

タージホテル勤務時代に人気メニューだった「ダールカビラ」を試作しました。作るのは退職後初めてで、何十年ぶりでした。なつかしい! 2016年5月28日のインド料理教室でご紹介する予定です。お申込み受付は3月下旬より開始する予定です。

カビラとは、ラジャスタンの砂漠地方の遊牧民のことをさします。その遊牧民が好んで食べる豆料理「ダールカビラ」。今回はブラックウラド豆を使います。ブラックマスールを使う場合もあります。

ホテルのメニューにある料理ですが、今回のダールカビラに関しては、ベースが家庭料理なので、シンプルで簡単です。初心者の方にも、特にオススメいたします。

先日、同じ豆を使ったダールマッカニ―を紹介しましたが、ダールマッカニ―はリッチな味わいで、ダールカビラはサラサラのグレービーで軽い仕上がりになります。



最近、ホテルの料理を紹介するのがマイブームの理由。

タージホテル勤務時代に、ホテルのインド料理レストランで出していたメニューをご紹介するのがマイブームです。2007年にインド料理教室をはじめた当初は、シンプルなスパイス使いで失敗のない家庭料理を中心にご紹介してまいりました。この2〜3年は、受講生様のリクエストなども取り入れ、多少の入手難スパイスなども使ったり、スパイスの種類もたくさん使う料理も紹介してまいりました。

自分の中で「プロの料理は若干面倒」「失敗のリスクが家庭料理よりは高い」「材料費も高くつく場合が多い」「入手難な材料を使うことがある」などの理由から、積極的には紹介してきませんでした。でも、近頃気配を感じるようになったのです。(笑)私に求められているのは、プロの作り方に近い料理なんだと。確かに、家庭料理であれば、インド人のお友達に教えてもらってもいいわけで。ということで、私にしかできないことをやっていこうと、徐々に方向転換を模索中です。

私の意識が変わってきた理由は、明らかに受講生の皆様のレベルが上がってるのも一因であります。ご自宅で作ったレッスンメニューの写真をたびたび拝見するのですが、この料理でこのレベルまでいけるなら、もっとプロ仕様に寄せても問題ないなという感じるのも理由の一つです。

インド料理教室

Dal Kabila

さつまいものカレー

さつまいものカレー

さつまいものカレーです。インドではさつまいもはあまりカレーには使わないのですが、日本では手に入りやすい食材なので、今回レッスンメニューとして取り上げました。

甘いの後にスパイシーが来ます。無理矢理他の食べ物に例えたら塩キャラメル的な感じでしょうか。

インド料理教室

たけのこのカレー

たけのこのカレー

4月のレッスンでご紹介する予定のたけのこカレーです。面倒ですが、できれば香り高い生タケノコを茹でるところから作りたいです。今回はタケノコの季節ではないので、水煮を使いました。水煮のタケノコでも、しっかりタケノコの味を楽しめます。

サラサラのスープカレーのような仕上がりです。タケノコの素材感を生かし、シンプルなレシピに仕上げました。ちなみにチキンも入っています。

インド料理教室

アルシムラミルチ

アルシムラミルチ

じゃがいもとピーマンのカレーです。どちらかというとピーマンが主役。インドではピーマンだけで調理することは少なく、じゃがいもとセットになることが多いです。シンプルなスパイス使いで、家庭料理の定番でもあります。今回はドライ寄りに仕上げました。ピーマンはヘタも種もそのまま使うのがインド流。

3月のインド料理教室でご紹介する予定です。

インド料理教室

チキントマトカレー

チキントマトカレー

タージホテルのメニューだったチキントマトカレーです。バターチキン(ムルグマッカニ―)とは全く違った料理です。トマトが主役のチキンカレーです。私はコレ大好きなんです。タージグループ退職後は作った記憶がないので、久しぶりに作りました。

このチキントマトカレーの特徴は、たくさんの種類のスパイスを使うことです。ホールスパイスは10種類使います。タージホテルのレシピを忠実に再現します。その点は惜しむことなく、本当の作り方を皆様にお伝えいたします。普段私のインド料理教室で「手に入りやすい材料で」と申しておりますが、入手難なスパイスもあるかもしれません。ちなみに、インド料理教室常連の皆様はご自宅にすでにお持ちの、既出のスパイスの組み合わせとなります。

またトマトカレーの名前の通り、トマト多めです。普段は生トマト推しのハリオムですが、今回はタージホテルのレシピ通りに水煮のトマト缶を使います。私のレッスンでトマト缶を使うのは初めてです。チキンは骨付きチキンを使います。仕上がりはサラサラのスープカレーのような仕上がりです。サラサラスパイシー!

作り方自体は、特に難しい点はありませんが、インドの高級レストランの味をご自宅で再現できるという意味で、とてもオススメの回です。神回と言ってよいと思いますw。

3月のインド料理教室でご紹介する予定です。

インド料理教室

ダールマッカニ―

ダールマッカニ―

2月27日のインド料理教室でご紹介予定の豆カレーです。2月27日はグレービーのあるカレーの2本立てでございます。(通常は一方はドライカレーにすることが多いです。)

北インドでおなじみの豆カレーです。名前は聞いたことある人も多いのではないでしょうか。ダールマッカニ―もいろいろな作り方があるのですが、私が王道と考えている、ウラド豆(小さい黒豆)ラージマ豆(レッドキドニー)の2種類を使う予定です。

マッカニ―はバターのことで、バターを使った濃厚な仕上がりになります。お楽しみに!

インド料理教室

チキンカレー

チキンカレー

2016年2月27日のインド料理教室でご紹介しようと考えている、チキンカレー。タージホテルで提供していたチキンカレーの中のひとつです。

インド料理教室

コレ、昔は絶対「他人に教えない」って思っていたんだけどな〜。なんだか、最近そういうコダワリどうでもよくなってきちゃって。なぜ紹介しないと考えていたか、というとプロの作り方だから。そんなもの5,000円で教えませんよ。と思ってた。<え?そこなの? イヤ、お金の問題じゃないんだけどサ。

特にインド料理教室では「家庭料理」をご紹介するというポリシーを強く持っていたので、いままで登場しなかったわけです。いろいろなものやり過ぎて、単にネタ切れかもしれません。(笑)

プロ仕様なので、条件がよければ1週間ぐらいは悪くならないです。普段のインド料理教室では「翌日までに食べきれ!」「冷凍保存禁止」と言ってますが、時間が経過しても、味があまり劣化しません。なんなら冷凍してもOKです。

チキンカレーといっても、いろいろな作り方があるのですが、このチキンカレーは「ヨーグルトを使っている」「トマトは入っていない」などの点が、特筆すべき特徴かと思います。よろしかったら、プロの料理人の方、カフェでランチで出しちゃおうかなとか、名乗る必要はございませんので、ぜひ受講してください。オススメです。

「普通のチキンカレー」の作り方


Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る