インド人のお客様

ラニはインド料理専門店なので、インド人はもちろん、インド周辺の国、
パキスタン、ネパール、バングラディッシュ、スリランカのお客様もご来店になります。
また、一般のレストランに比べたらインド人、その周辺諸国の方だけでなく、
所謂「外国人」のお客様も多いかと思います。
近隣にB社様やT社様などの外資系企業がありそちらにお勤めの方々や、
D学園様関係の方々にもご愛顧いただいております。

先日、ちょっと面白いことがありました。
まず、インドのパンジャーブ地方から来日しているインド人のお客様。
パンジャビ語でお話しました。もともとインドの公用語はヒンディ語、
第二国語が英語です
私はデリー生まれですが、両親がパンジャーブの人なので
パンジャビ語は、会話は普通にできます。

そして次にいらしたのが、私達と同じデリー出身のインド人のお客様。
デリーの自宅も比較的ご近所の方で、デリーの話で盛り上がりました。
こちらのお客様とはヒンディ語でお話しました。

そして、次にいらしたのが、南インドのバンガロール出身のインド人の
お客様でした。私はヒンディ語、パンジャビ語、はネイティブ、
ウルドゥ語はちょっといけますが、南インド方面の言葉は全然わかりません。
そんなわけで、南インド人の方とは英語で会話。

この状態で、次にいらした日本人のお客様はちょっと引いてました。
「うわ!外人ばっかり。」という感じですね。

はじめからご来店になっていた、日本人のお客様に
「いったいいくつ言葉がしゃべれるんですか?」とご質問をうけ、
改めて考えると自分でも笑ってしまいました。

お店が終わった後に、弟と「今日は外人がいっぱいきたね〜。」
(ここはもちろんヒンディ語での会話ですが)
と言ってたのですが、すかざず弟に
「外人がいっぱい来たって言っても、オレ達も外人だからさ
しかもみんなインド人だったし。外人って言われてもな〜。」
と突っ込まれてしまいました。
在日も長いと気分はすっかり日本人です。(笑)

今日はペンキ屋さん

インドカレーブラザーズ
いつもはシェフの私たちが今日は4人でペンキ屋さんになりました。(謎)
ラニのレストラン店舗の外壁の一部は半分に切った細めの丸太が
一面に貼ってあるのですが、雨にあたる部分の丸太さんの色が
ずいぶん褪せてしまっていました。

そこで今日はお店を閉めてから4人で丸太にペンキを塗りました。
慣れない仕事でとても疲れましたが、お店もきれいになって気分爽快です。
通りかかった近所の人に「なんでも自分たちでやってエライね!」
と褒められました。ニコニコ

ペンキ屋さん1

ペンキ屋さん2

ペンキ屋さん3

実は、お店の中の珪藻土の壁も自分たちで左官屋さんをやりました。
だからちょっと下手くそなんですけど、「味がある」ので気に入っています。

リンクチェッカー

便利サイト。
サイト管理者以外には関係ありませんが、
デッドリンクを容易に発見できます。

yahooカテゴリに登録!

ちょっとうれしいニュースです。
8月1日にyahoo!カテゴリ
シェフ、料理研究家」に登録されました。


Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る