ドーナツ棒

ドーナツ棒

ドーナツ棒

お客様より沖縄のお土産をいただきました。おいしくいただきました!

インドでドーナツに似たお菓子はコレかな。グラブジャムーンはシロップに浸かっているので、ちょっとしっとりしています。

グラブジャムーン

ブルーベリーケーキ

ブルーベリーケーキ

お友達でお客様のS様から手作りのケーキをいただいた。実はいままでにも数えきれないくらい何度もいただいている。このブログで「手作りのお菓子いただいた」と書いてある日記はたぶん、ほぼ100%S様からのいただきものだ。

スタッフの間ではひそかに「ケーキ屋さん(ケーキワラ)」というニックネームで呼んでいる。(あまりかわいいニックネームじゃなくてごめんねw)ちなみに、職業はケーキ屋さんじゃありません。(笑)

でね「最近ケーキ屋さん来ないねぇ。きっと仕事が忙しいんだねぇ。」と噂してたら、2時間後にケーキを持って来てくださったのよ。もしかしてオレ「シックスセンス」があるんじゃないかとマジで思いました。

久しぶりにケーキもいただいて、お話もできてうれしかったです。ケーキはいつも通り、とてもおいしかったです。ありがとうございました。

焼き栗

焼き栗

お客様からいただきました。おいしかったです。栗じゃなくてお菓子みたいにほくほくでした。栗の甘みにびっくりしました。

お漬物

お漬物

京都のお漬物いただきました。「七味」と「からし」味なんてもう両方ともインド人好みです。ありがとうございました。

撮影

撮影

お店で動画の撮影が行われました。公開は12月下旬の予定です。

ナイル善己さん

ナイル善己さん

言うまでもないですが、ナイルレストラン3代目のナイル善己さん。

日本で一番最初にできたインド料理専門店。ナイルレストラン。歴史がここから始まったわけで、リスペクトです。

ずっと行きたいと思っていたのですが、やっとかないました。ごちそうさまでした。とてもおいしかったです。お忙しいでしょうから、まさかお会いできるとは思っていなかったので、超ラッキーでした。お話できてとてもうれしかったです。お父さんもお元気そうでなにより。

日本に初めて来た時、当時のお店の社長が成田空港まで迎えに来てくれたんです。そしてナイルレストランの前を通って「ここが、日本で一番古いインド料理屋だよ。」と紹介されました。「今日は、勉強もかねてここでお食事かな?」と思ったら、なぜか「ラーメン食べたことある? ラーメン屋行こう。」と言われ、日本で一番最初に食べた食事はラーメンでした。

その時以来の、リベンジ。(長っ)

ハーバー

ハーバー

お友達からお菓子いただきました。横浜土産の定番のひとつですよね。栗の味です。袋をあけると、表面がピカピカ?でとてもおいしそうです。実際、しっとりしててとてもおいしかったです。60年も愛されているそうです。

60年の長い歴史があるのですが、実は11月からリニューアルしたそうです。よりおいしく変身。材料を北海道十勝産の生クリームと希少糖に変更したそうです。素材にこだわる点にはとても共感を覚えます。伝統を守りつつも、切磋琢磨も大事ですよね。ちなみにまわし者じゃないですよ。(笑)

ARIAKE ありあけ横濱ハーバー ダブルマロン

ちなみに以前はマロンケーキという名前だったのかな?

横浜宝乳菓

宝乳菓

ご近所なので、ご存じの方も多いと思いますが、ケーキハウスノリコさんのイチオシ「横浜宝乳菓」。チーズ味とチョコ味で、どちらも、とってもおいしかったです。

オーナーさんのポリシー「素材にこだわる」「鮮度にこだわる」などについて勝手に共感しています。

サルナシ

サルナシ

サルナシの砂糖漬け。山梨のお土産でいただきました。はじめて食べたのですが、おいしかったです。ドライフルーツなのになぜかジューシーです。

聖者たちの食卓上映会

聖者たちの食卓

高田中央病院の院長ご夫妻よりお話を頂戴し、横浜市高田地域ケアプラザにて9月26日に「映画を観ながらカレーを食べる会」が開催されました。ハリオムは「映画を観ながらカレーを食べる会」にて食されるインドカレーの調理と、映画の解説を担当させていただきました。

今回は黄金寺院(ハルマンデール サヒーブ)を紹介する映画の上映会にお声をかけていただきましたこと、大変光栄に思っています。この機会をくださったご夫妻に心より感謝いたします。また、ご来場くださった皆様が、映画とカレーを楽しんでいただけたのなら、とてもうれしいです。

ハリオム

聖者たちの食卓

黄金寺院には及びませんが、今回はそこそこの大鍋で調理いたしました。

豆カレー

じゃがいものカレー

皆様に召し上がっていただいたのは、豆カレーとじゃがいものカレーでした!

インドカレー

ハルマンデールサヒーブは参拝者に無料で食事を提供しているのですが、それはすべてボランティアで賄われています。宗教も職業も性別も国籍も年齢も関係なく、ハルマンデール サヒーブの食堂では全ての人が同じ食事を食べるのです。


Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る