大根と杏露酒のチャツネ

チャツネ
大根と杏露酒チャツネ

大根:1/4本
塩:小さじ1
カイエンヌ ペッパー:小さじ1/2
パプリカ:小さじ1/2
レモン汁:大さじ2
杏露酒:30ml
詳しい作り方⇒野仲美貴のアプリコットキッチン

大根の皮をむいて小さく切り、他の材料すべてとミキサーでドロドロにします。小鉢に移し、タワチキンにつけながら食べます。さっぱりとしながら後味はホット。香辛料の染み込んだタワチキンの味に奥深さを加えます。

■他の杏露酒レシピ
マンゴカクテル
タワチキン

▼こちらもご覧ください
インド料理レシピ
インド料理教室

新しょうがのアチャール

しょうが
しょうがのアチャールを作りました。

スライスします
しょうがをスライスします。

レモンを加えます
そこにスライスしたレモンを加えます。

スパイスとまぜあわせる
スパイスとよく混ぜ合わせます。

密閉できるガラス容器に保存
密閉できるガラス容器にガラス容器に入れ、上からサラダオイルを
加えます。容器を振って全体にオイルをいきわたらせます。
3日ぐらい常温においてできあがりです。保存は冷蔵庫で。

レシピ

新しょうが   適量
レモン     1個〜2個
サラダオイル  45cc(おおさじ3)

ミックススパイスレシピ
塩     30cc(おおさじ1)
カイエン   5cc(こさじ1)
パプリカ  10cc(こさじ2)
ターメリック10cc(こさじ2)
アジョワン 少々
クミンシード少々
フェンネル 少々
ライ    少々
カロンジ  少々

アジョワン以下のスパイスは用意できなかったら
なくてもとりあえずできます。

赤唐辛子のアチャールの作り方

■その他の食材を使用したアチャール
ミックスアチャール
マンゴーアチャール1
マンゴーアチャール2
マンゴーアチャール3
マンゴーアチャール4
マンゴーアチャール5
マンゴーアチャール6
ミックスアチャール
たまねぎのアチャール
にんじんのアチャール
にんじんのアチャール
にんじんのアチャール
かぶのアチャール
赤唐辛子のアチャール
青唐辛子のアチャール
青唐辛子のアチャール
青唐辛子のアチャール
らっきょうのアチャール

▼こちらもご覧ください
インド料理レシピ
インド料理教室

米なすのソテーインド風

米なす

大きなナス、米ナスを使った北インド家庭料理をご紹介します。北インドでは、パンジャビベーガンと呼ばれます。ベーガンはヒンディ語でなすのこと。なすのパンジャビ風という感じですね。

なすをスライスします

なすはヘタを落として、均等な厚みになるようにスライスします。

油を熱します

なべに油を熱します。

両面をよく焼きます

なすの両面をよく焼きます。

スパイスふりかけます

まぜあわせたスパイスをふりかけます。

簡単でおいしいので北インドの家庭ではよく食卓にのぼるメニューです。チャパティと一緒に食べることが多いですね。

レシピ
米なす  適量
カイエン 2.5cc(こさじ二分の一)
パプリカ  5cc(こさじ1)
塩     5cc(こさじ1)
ガラムマサラ 10cc(こさじ2)
サラダ油 30cc

▼こちらもご覧ください
インド料理レシピ [インド家庭料理ラニ]
インド料理教室 [インド家庭料理ラニ]
シェフのおすすめレシピ [インド人シェフのブログ]

野菜スープ

いんげん

今日はお店で出している本日のスープの中から野菜スープを紹介します。

レシピ
いんげん  100g
カリフラワー100g
なす    2本
じゃがいも 2個
にんじん  2本
たまねぎ  1/4
トマト   1個
にんにく  30g
しょうが  30g
水    2000cc

サラダ油  15cc 
クミンシード 15cc(おおさじ1)
ターメリック 10cc(こさじ2)
ブラックペッパー 5cc(こさじ1)
塩      10cc(こさじ2)

いんげんを5mmぐらいの幅に切ります。この写真は1パック全部を切ったのでちょっと量が多いですね。

じゃがいも1

じゃがいもは1センチぐらいの幅にスライスします。

じゃがいも2

フライドポテトのように切ります。

じゃがいも3

更に細かくします。

にんじん

にんじんもじゃがいもと同じ要領で切ります。

なす1

なすも、じゃがいもにんじんと同様スライスしてから縦にも包丁を入れて

なす2

更に細かくします。

カリフラワー

カリフラワーはひと房ずつに分けます。写真は大きめのものを分けたところなので量が多いです。

たまねぎ

玉ねぎはみじん切りに。赤たまねぎがオススメ。

しょうが

にんにくしょうがはみじん切りにします。(写真はしょうがのみ)

オイル

なべにオイルを熱します。

クミンシードを入れます

クミンシード、にんにく、たまねぎの順に炒めていきます。

トマトを入れます

乱切りのトマトを加えます。

しょうがを入れます
しょうがを加え更に炒めます。

野菜を入れます

野菜をすべて加え炒めます。

スパイスを入れます

スパイスを加えます。

水を入れます

全体になじんだところで水を加え、2時間ぐらい弱火で煮込みます。

野菜スープできあがり

できあがりました。

▼こちらもご覧ください
インド料理レシピ [インド家庭料理ラニ]
インド料理レシピ [インド人シェフのブログ]
インド料理教室

たまねぎのライタ

たまねぎ

たまねぎ半分を粗いみじん切りにします。赤いたまねぎがない場合は普通のたまねぎでもOK。その場合は一度水にさらして苦味と辛味を取り除きます。

材料を全部まぜます

材料をすべて混ぜ合わせます。(写真では風味付けにアルガンオイルを加えています。入れなくてもOK。)

野菜ライタできあがり

できあがり!

レシピ
赤たまねぎ 半分
プレーンヨーグルト 500g
ほうれん草 少々

クミンパウダー 15cc(おおさじ1)
カイエン 2.5cc(こさじ2分の1)
ブラックペッパー 5cc(こさじ1) 
塩      10cc(こさじ2)

インド独特の「ヨーグルトを使ったサラダ」です。お好みできゅうり、ピーマン、トマトなどを組みあわせてもok。

▼こちらもご覧ください
インド料理レシピ [インド家庭料理ラニ]
シェフのレシピ [インド人シェフのブログ]
インド料理教室

▼赤玉ねぎ(紫玉ねぎ)
インドでは玉ねぎと言ったら赤玉ねぎが普通です。インドカレーに使う玉ねぎも全て赤玉ねぎです。赤玉ねぎは辛みや苦みが少ないので生で食べるのに向いています。スライスしてそのままサラダにしてもいいです。

インドの赤たまねぎ

じゃがいもとにんじんのカレー

材料

本日使用する食材です。たまねぎは赤くない普通のたまねぎでもOKです。今日は、ご近所の野菜の生産者さんがお客様としてご来店くださり、お土産に取れたての唐辛子をいただきました。本日は辛味スパイスのカイエンは使用せず、生の唐辛子で辛味を出すことにします。

じゃがいもとにんじんを切ったところ

じゃがいもとにんじんを食べやすい大きさに切ります。じゃがいもとにんじんは同時に調理しますので、にんじんはじゃがいもよりは、火が通りやすい大きさに切ります。

たまねぎ、とまと、にんにく、しょうがを切ったところ

たまねぎはスライス、トマトは乱切り、しょうがは千切りにんにくはみじん切りにします。

クミンシードを炒めます

サラダ油をなべに熱し、クミンシードを香りがでるまで炒めます。

にんにく、しょうがを炒めます

にんにく、しょうがを炒めます。にんにくがほどよくキツネ色になったところで、

じゃがいもとにんじんを炒めます

じゃがいもとにんじんを加え炒めます。

スパイス

本日使用するスパイス。生の唐辛子がない場合は、カイエンペッパーを使用します。

スパイスを入れます

じゃがいもの周囲が透明になってきたところで、スパイス、刻んだ唐辛子を加えます。

たまねぎを入れます

焦げ付かないように手早く炒めながら、たまねぎを加え更に炒めます。

トマトを入れます

トマトを加え水分がなくなるまで炒めます。

水を加えます

水を加え、蓋をしながら20〜30分弱火で、じゃがいもとにんじんに火を通します。

火が通ったらできあがり

じゃがいも、にんじんに火が通ったらできあがりです。

じゃがいもとにんじんのカレー

できあがりです。

レシピ
じゃがいも 3個
にんじん  3本
たまねぎ  半分
トマト   2個
にんにく  30g
しょうが  40g
とうがらし 10本(カイエン こさじ1/2で代用可)
水     500cc

クミンシード 10cc(こさじ2)
パプリカ 10cc(こさじ2)
ターメリック 15cc(おおさじ1)
ガラムマサラ 15cc(おおさじ1)
塩      10cc(こさじ2)
サラダ油  50cc 

見た目はとってもジャパニーズカレーですが、味は全然違います。ヒンディ語では ALOO GAJAR アルカジャ と呼ばれます。アルはじゃがいも、ガジャはにんじんのことです。要するに「そのまんま」の名前です。

▼こちらもご覧ください
インド料理レシピ [インド家庭料理ラニ]
インド人シェフのレシピ [インド人シェフのブログ]
インド料理教室

産地直売野菜

いつも行く銀行の近所に野菜の無人販売所があります。銀行の帰りには必ず寄って旬の産地直売の野菜を買っているのですが、偶然生産者の方とお会する機会がありました。それをきっかけに当店のお客様になっていただきました。そういうわけで、ご来店の際には野菜のお土産をいただいてしまうのです。いつもありがとうございます。

秋なすとしめじのサブジ

なすとしめじ

なすは食べやすい大きさに切ります。

トマト、たまねぎ、しょうが、ししとう

玉ねぎ(できれば赤たまねぎがいいです)はスライス、トマトは乱切り、しょうがは千切り、ししとうはナナメに切ります。

スパイス

本日使うスパイスはこれ!

油を熱します

なべに油を熱します。

しょうが入れます
しょうがを炒めます。

その他の材料を全部入れます

野菜をすべて加えます。

中華料理の要領でなべふります

中華料理の炒め物の要領で、強火で手早く火を通します。中華なべを使ってもいいでしょう。

手早く炒めて仕上げます

スパイスを加え、野菜の歯ごたえを残しつつも、火はしっかり通します。

なすとしめじのサブジできあがり

できあがり!!!

レシピ
なす  2本
しめじ 1パック
玉ねぎ 半分
トマト 1個(小)
しょうが 20g
ししとう 5個

パプリカ 5cc(こさじ1)
ターメリック 5cc(こさじ1)
ガラムマサラ5cc(こさじ1)
塩  5cc(こさじ1)
カイエン 2.5cc(こさじ2分の1)
サラダ油  30cc

▼こちらもご覧ください
インド料理レシピ
インド料理教室

チャパティの作り方

チャパティの作り方(動画版)はコチラ

アタ

小麦の全粒粉です。インドでは「アタ」と呼びます。北インドの家庭では普段はアタから作ったチャパティーを食べています。

レシピ
アタ(全粒粉) 500g
水       350cc
塩        10cc(こさじ2)

アタに塩と水を加えます

作り方はとっても簡単です。まずアタに塩と水と加えます。

混ぜ合わせます

手早く混ぜ合わせます。

生地をまとめます

少し練りながら更に生地をまとめていきます。そのままラップをかけて30分ほどおいて生地をなじませます。

チャパティの生地

チャパティの生地を伸ばすめん棒。丸めた生地と伸ばした生地。

生地をチャパティ1個づつの大きさに分けて丸めます。丸くした生地をめん棒で平らに伸ばします。

ご家庭では、フライパンに油を引かないで両面を焼いてください。達人になると焼いている最中に、パンが球状に膨らみます。

チャパティ

チャパティがふくらんだ様子布巾でおさえながら焼くと膨らみます。

タワで焼いていることろ

フライパン(タワ)で焼きます。

できあがり

焼きあがったところ。

このチャパティに赤唐辛子のアチャールをはさんで食べるのがインド流です。

■プーリ
プーリ

チャパティの生地を油で揚げるとプーリというパンになります。

■タンドールで焼く場合
チャパティをタンドールで焼く様子

丸めてから平らにのばします

平らに伸ばした生地。

焼きます

タンドールの壁に貼り付けます。(修行が必要です)

チャパティ完成!

チャパティ

タンドールで焼きあがったチャパティです。

■パラタ
オイルを加えます

生地を作る段階で、アルガンオイルやバターを加える作り方もあります。生地がよりリッチになります。また、焼く段階でオイルやバターを使い、パイのように層を作って焼くパン(パラタ)もインドにはあります。

■インドのアタと日本の全粒粉
アタは小麦粉にふすまも入った粉です。日本で売っている全粒粉はもう少し色が濃いようです。ふすまの配合の割合が違うからです。

▼こちらもご覧ください
レシピ|インド人シェフのブログ
インド料理レシピ[インド家庭料理ラニ]
インド料理教室[インド家庭料理ラニ]

赤とうがらしのアチャール

赤とうがらしのアチャール
3日たってできあがったあかとうがらしのアチャールです。
辛いですが、おいしいです。チャパティなどにはさんで食べます。

赤唐辛子のアチャールの作り方

■その他の食材を使用したアチャール
ミックスアチャール
マンゴーアチャール1
マンゴーアチャール2
マンゴーアチャール3
マンゴーアチャール4
マンゴーアチャール5
マンゴーアチャール6
ミックスアチャール
たまねぎのアチャール
にんじんのアチャール
にんじんのアチャール
にんじんのアチャール
かぶのアチャール
赤唐辛子のアチャール
青唐辛子のアチャール
青唐辛子のアチャール
青唐辛子のアチャール
らっきょうのアチャール
新しょうがのアチャール

▼こちらもご覧ください
レシピ|インド人シェフのブログ
インド料理レシピ[インド家庭料理ラニ]
インド料理教室[インド家庭料理ラニ]

赤とうがらしのアチャール

赤とうがらし

赤唐辛子は、包丁で縦に切れ目を入れます。

ミックススパイス

包丁で切れ目を入れたところから、とうがらしの中にミックススパイスを入れます。

とうがらしにスパイスを入れます

さらに余ったスパイスを上からふりかけて軽く混ぜ合わせます。

オイルを入れます

密閉できるガラスの容器に入れて、そこにマスタードオイル(サラダ油でもOK)を入れ、容器ごと軽く振って、オイルを全体にいきわたらせます。

できあがり

常温に3日間ぐらいおいたら出来上がりです。保存は冷蔵庫で。1年ぐらいは持ちます。

スパイスをまぜたところ

これがミックススパイスです。

レシピ

赤とうがらし  2パック
マスタードオイル 45cc(おおさじ3)

ミックススパイスレシピ
塩     30cc(おおさじ1)
カイエン   5cc(こさじ1)
パプリカ  10cc(こさじ2)
ターメリック10cc(こさじ2)
アジョワン 少々
クミンシード少々
フェンネル 少々
ライ    少々
カロンジ  少々

ミックススパイスのアジョワン以外のホールスパイスが手に入らない場合は、あるものだけで作ります。アジョワンのみは必須です。

ヒンディ語では、バルワミルチアチャールと呼ばれます。とても人気のあるアチャールです。

できあがりはこちら⇒赤唐辛子のアチャール

■その他の食材を使用したアチャール
ミックスアチャール
マンゴーアチャール1
マンゴーアチャール2
マンゴーアチャール3
マンゴーアチャール4
マンゴーアチャール5
マンゴーアチャール6
ミックスアチャール
たまねぎのアチャール
にんじんのアチャール
にんじんのアチャール
にんじんのアチャール
かぶのアチャール
赤唐辛子のアチャール
青唐辛子のアチャール
青唐辛子のアチャール
青唐辛子のアチャール
らっきょうのアチャール
新しょうがのアチャール

▼こちらもご覧ください
レシピ|インド人シェフのブログ
インド料理レシピ[インド家庭料理ラニ]
インド料理教室[インド家庭料理ラニ]


Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る