チキンカリミルチ

チキンカリミルチ

色が地味な料理です。(笑)チキンカリミルチ。最小限のスパイスで仕上げたチキンです。12月のインド料理教室でご紹介いたします。

インド料理教室

スキダール

スキダール

ウラド豆のドライカレーです。12月のインド料理教室でご紹介いたします。

インド料理時教室


チキン65

チキン65

チキン65。12月のインド料理教室でご紹介いたします。チキン65は名前の由来も作り方も、数多くの説がありますが今回はインド風鶏の唐揚げバージョンをご紹介します。

他にチキン65と呼ばれている料理には、味付けや材料は違うのですが、調理法としてはチリチキンに似た作り方のチキン65もあります。唐揚げを更に味付けする手法です。

インド料理教室

アルケチャレ

アルケチャレ

アルケチャレ。11月のインド料理教室でご紹介する予定です。アルはじゃがいも、ケは日本語で言ったら「の」。チャレは「丸いもの」です。「じゃがいもの丸いの」という意味ですが、小さいじゃがいもを皮ごと使った料理です。

11月に小さいじゃがいもが手に入るのか心配になってきましたが、その時は普通のじゃがいもでレッスンします。(笑)今は1年中なんでも手に入る感じなので大丈夫だと思うのですが。レッスンメニューに計画性がなく、思いつきで決めているので、本当にすいません。

この料理のオススメの点は、ものすごくシンプルな構成ということです。一緒にレッスンするビリヤニとは全く逆の料理です。でも、これはこれで大変美味しいです。

インド料理教室

ハイデラバーディダムビリヤニ

ハイデラバーディダムビリヤニ

11月のインド料理教室でご紹介する予定のハイデラバーディダムビリヤニのレシピを作りました。

ハイデラバードは地名で、ハイデラバード地方の料理という意味です。讃岐うどんの讃岐みたいなイメージですか。ビリヤニはハイデラバードの名物料理なのです。ビリヤニといえばハイデラバード、ハイデラバードといえばビリヤニという感じ。

ダムビリヤニの「ダム」は、小麦粉に水を加えて練ったもので(インドではチャパティの生地を使うことが多いです)、鍋とフタをシールして加熱する調理法のことです。

ビリヤニはインドの米料理のことなのですが「ビリヤニってなんだ?」という話だけでも相当長い話になります。取り急ぎ日本の料理で言ったら「炊き込みご飯」のことです。

いままでインド料理教室でご紹介した料理の中で、面倒くささナンバーワンですね。いつもレッスンで言っていますが、面倒くさいものはおいしいんです。(笑)

チキンカレー

まずは炊き込みご飯の具になるチキンカレーを作ります。この時点で「もうチキンカレーだけでいいじゃん。」という感じになってきます。

加熱中

チキンカレーに野菜や米を追加して炊き込みます。フタの上に置いてある黒いものは、アツアツの備長炭です。上からも下からも加熱しちゃうわけです。そして、できあがった料理が一番上の写真です。

ビリヤニの作り方はいろいろな作り方があるのですが、今回ご紹介するのはタージホテルでご提供していたビリヤニに準じたものです。(ホテルでは一度に大量に作るのでその点が違います。)

インド料理教室


より大きな地図で ハイデラバード を表示

キチュリ

キチュリ

緑豆入りのインド式粥。11月のインド料理教室でご紹介いたします。

インド料理教室

チキンジャルフレジ

チキンジャルフレジ

タージホテル勤務時代に人気だったメニューです。勤務当時は頻繁に作ったのですが、退職後初めて作ったかもしれません。肉野菜炒めインド風といった感じでしょうか。スパイシー肉野菜炒めの方がしっくりくるかも。

11月のインド料理教室でご紹介する予定です。最近のインド料理教室メニューのご紹介で、このセリフばかり言っている気がしますが、ビールに合います(笑)

インド料理教室


北インド式オムレツ

北インド式オムレツ

インド式オムレツです。見た目は普通のたまご焼き?ですが、スパイスを使っている点がインド式です。野菜もたっぷり入っています。北インドでしたら、チャパティと一緒に朝食に食べることが多いです。お弁当の一品としても良いですし、サンドウィッチの具としてもオススメです。

見たとおりの料理ですが(作り方もご想像の通りです)、こういったお手軽な料理の方が、実は作る回数が多いと思うので、インド料理教室でご紹介することにしました。

北インド式オムレツ

インド料理教室

ローガンジョシュ

ポークローガンジョシュ

ポークローガンジョシュ

ポークローガンジョシュでございます。インドではマトンで作ることが多いのですが、日本では良質のマトンを入手するのが、一般には難しいと考えましたので(地元のスーパーではなかなか買えないですよね)、ポークにすることにしました。10月のインド料理教室でご紹介する予定です。

これは、タージホテル時代に要人に人気のメニューで、当時は毎日のように作っていたのですが、退職後は全くと言っていいくらい作っていなかったので、お久しぶりの料理です。

コレ、私のインド料理教室では初めてのご紹介となります。いままでご紹介しなかった理由はいろいろあるのですが、その理由のひとつに「作るのに時間がかかる」というのがありました。レッスンの時間内に完成しないものはダメよ、という頑固親父だったのですが、スタッフに「こういうやり方もあるよ」と説得されました。どういうやり方なのかについては当日のお楽しみということで。(笑)

まだ自分的には、ちょっと納得いかない部分もあるのですが、先日のマニアックな回のインド料理教室で「次回はこんなのやろうと思っている」とお話したところ、みなさんの反応が良かったような気がしたので、ご紹介することにしました。

この料理はインド料理の中の分類としては、北インド料理で、ムグライ料理(宮廷料理)です。リッチな感じ? ローガンとは油のことなのですが、油多め、スパイス多めの料理です。先日インド料理教室のご案内を出した「ブナチキン」ほどの、突き抜けた尖った感じはないです。ブナチキンはガツンとくる感じで、ローガンジョシュはじわじわ来る感じですかね。ともかく、私のご紹介してきた料理の中では、スパイス多めの部類であり、さらにいままで使ったことのないスパイス使いをご紹介いたします。

(原則として)○○を△△で使うのはダメと言ってたくせに、それをやっちゃいます。例外もある、、、ということでございます。○と△に入る言葉については、レッスンでのお楽しみということで(笑)

マニアックメニューなので「2回目のレッスン」はおそらくないと思いますので、興味のある方はぜひお申込みくださいませ。お申込み受付は8月末頃に開始する予定です。

インド料理教室

Shikar Roghan Josh

弊社日本人スタッフが、この料理の名前覚えにくい!と言ったのですが、じゃ、「老眼女子」って言ったら「逆に忘れられない」と言われました。

じゃがいもとにんじんのカレー

じゃがいもとにんじんのカレー

じゃがいもとにんじんのカレーを試作いたしました。こちらのお料理は10月のインド料理教室でご紹介する予定です。シンプルなスパイス使いと、お手軽な作り方なので、オススメのレシピです。おそらくこういったシンプルな料理の方が、実際に作る機会は多いと思います。

インド料理教室

↓ブログでもご紹介しておりますが、こちらのレシピとは違う作り方をご紹介いたします。
じゃがいもとにんじんのカレーのレシピ


Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る