インド象

インド象
お店にいるインド象です。(笑)
インドと象と日本と言えばネール首相が日本のこども達にプレゼントしたインド象「インディラ」のエピソードが思い出されます。

インド製ラグ2

インドの布
こちらは女性用トイレの中に飾ってあるインド製のラグです。
照明が暗いのでフラッシュを使いましたので平面に映っていますが、
実物はもっと立体的です。全体はパッチワークのような感じ。
モチーフは、ビース、スパンコール、ミラー、色糸などのの刺繍で
全て手作業でつくられています。

ディワリの飾り

ディワリの飾り
ディワリの飾りです。

インド製ラグ1

インドの布
ラニの男性用トイレの中に飾ってあるmade in Indiaのラグです。
全体はパッチワーク風の作りで、刺繍やビーズ、スパンコール、ミラー
などで装飾されています。すべて手作りです。

事務所の象さん

象さん×4
事務所の窓際に並んでいる象さんブラザーズです。
事務所の窓は、裏通りの道路に面しています。
普段はロールスクリーンを下げているので、
外からは象さんしか見えません。

近所の子どもがものすごく近くまで来て、
象さんをず〜っと見ていることがよくあります。

傘たて

太鼓1
これは傘立てに使っているのですが、
インドのパンジャブ地方の伝統的な打楽器
「ドール」の胴の部分を再利用したものです。
傘立てになる前は、太鼓だったんです。

太鼓2
上から見たらこんな感じ。これ手彫りなんですよね。1本の大きな木の幹を
太鼓の形に彫りあげたということですよね。

ぞうさん

ぞうさん
この象さんの鉢置きはとても気に入っています。

インドと象と日本と言えば、こんな事が昔ありました。第二次大戦後
インドから上野動物園にインディラという名前の象がやってきました。

事務所の象さん
インド象
木彫りの象の親子

ガネーシュ

ガネーシュ
象の神様ガネーシュです。गणेश
ネズミに乗っています。日本名は、観喜天、聖天。

†ガネーシュにまつわる神話†
ガネーシュはジヴァとパールヴァーディの子どもです。
ガネーシュはパールヴァーディが夫の留守中に自分の「アカ」から
作り出した息子です。パールヴァーディは
「お風呂に入っている間入り口を見張っておいて」と息子に頼みます。
そこに夫シヴァが帰宅するのですが、家に知らない男が。
シヴァは怒って息子ガネーシュの首を切って殺してしまいます。
後から事情を知ったシヴァは、象の首を切って息子につけて
息子を生き返らせました。

ガネーシュ

ガネーシュ

コブラに乗るガネーシュ
シヴァ神とガネーシュ
ガネーシュの置物
ガネーシュの絵
ガネーシュの木像
ガネーシュ
ガネーシュの絵

象の神様ガネーシュ

ガネーシュ
デフォルメされたガネーシュ。店内の壁のどこかにありますので
ご来店の際に探してみてください。

ガネーシュの絵
ガネーシュの木像
コブラの上に乗るガネーシュ
ガネーシュの置物
ねずみが大きいガネーシュの絵
ガネーシュの彫像
ガネーシュのレリーフ

太陽

太陽
太陽をモチーフにした壁飾りです。
なかなかわかりにくい場所にあるので、よ〜く探してみてください。

2009年7月 横浜の日食


はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめの本

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る