チキンタングリーカバブ

チキンタングリーカバブ
タンドリーチキンの辛くないバージョンです。

チキンタングリーカバブ
ヨーグルトとカシューナッツペースト、スパイスにつけこみます。
この時辛いスパイスは加えません。塩味のバーベキューチキンです。

チキンタングリーカバブ
1日漬け込んだところで串に刺してタンドールで焼きます。

チキンタングリーカバブ
焼きあがりました。

チキンタングリーカバブ
できあがり!!

■その他のタンドール料理
チャパティ
タンドリーチキン
ナン
ラムチョップ
シークカバブ
タンドリープラウン
レーズンナン
フィッシュティカ

■タンドリーチキンに関する記事
タンドリーチキン
タンドリーチキン用の鶏肉を切り分ける(動画)
タンドリーチキンの仕込み
キール(ささみ)
ウイング(胸と手羽)
ドラム(足)
サイ(腰)

ラムチョップ

ラムチョップ
ラムチョップに使用する調理する前のラム肉です。
もちろん冷凍していない「生」のラム肉です。
日本ではなかなか手に入りません。
正直なところラニでご提供しているお料理
中でもかなり原価率の高い商品です。(笑)

ラムチョップ
ラム肉の余計な脂を取り除いた後に、ヨーグルトスパイス
漬け込んだところ。

1日味付けをしてから串に刺します
1日つけおいてから、串に刺します。

タンドールオーブンで焼きます
タンドールオーブンで焼きます。

焼き上がり
焼きあがったところ。

ラムチョップ完成1
盛り付け完了。お客様にご提供します。

ラムチョップ完成2
おいしいです!!

■その他のタンドール料理
チャパティ
タンドリーチキン
ナン
チキンタングリーカバブ
シークカバブ
タンドリープラウン
レーズンナン
フィッシュティカ

ガーリックナン

ガーリックナン
プレーンナンガーリックのみじん切りをのせてタンドール
焼いたインドパン。香ばしいにんにくの香りがたまらない一品。
食べたら元気になれます。(笑)
緑色のものはほうれんそうを細かく切ったもの。
タレントの森下千里さんもオススメの一品です。

チキンティッカ

チキンティッカ

チキンティッカ
骨なしのバーベキューチキンです。タンドールオーブンで焼きました。
骨があるものはタンドリーチキン
骨のないものはチキンティッカと呼ばれます。ラニでは
レストランメニューで「タンドリーラニチキン」という名でご提供しております。

チキンティッカ
おいしそうですね。実際めっちゃおいしいですが。

ラニでは、そのままバーベキューチキンとしてご提供しておりますが、
カレーやサラダにも使用しています。

■チキンティッカを金串にさしているところ


■チキンティッカをタンドールから取り出す


チキンバターマサラ
チキンバターマサラ
バーベキューチキン入りトマトベースのカレー


ラニチキン
ラニチキン
バーベキューチキン、ピーマン、チーズ入りトマトベースのカレー


インディアンスパイシーサラダ
インディアンスパイシーサラダ
バーベキューチキンと野菜の辛口サラダ


■その他のタンドール料理
チャパティ
タンドリーチキン
ナン
ラムチョップ
チキンタングリーカバブ
シークカバブ
タンドリープラウン
レーズンナン
フィッシュティカ

タンドールでナンを焼く

ナンの生地を休ませています
さてこれはなんでしょう?おまんじゅうみたいですね。これは、ナンの生地
一度発酵させてから、更に1個づつの分量に丸めて発酵させているところです。

ナンの形を作ります
丸くなっているナンの生地を左右の手のひらの間を往復させながら
平らに伸ばしていきます。そして更に生地のはしを下に引っぱり、
ナン独特の涙形に整形します。

生地を枕に乗せてタンドールの壁に貼り付けます
生地を枕に乗せてタンドールの壁に貼り付けます。

ナンがタンドールに貼り付いているところ
こんな感じでタンドールの壁に貼り付いています。

タンドールから取り出します
焼きあがったらタンドール専用の2本のステンレスの棒を使って取り出します。
1本は先がとがっていて直角に曲がっています。もう1本は先の方が平たく
なったヘラのような形をしています。
尖っている棒の方でナンを突き刺します。
そしてもう一方のヘラを使い生地をタンドールの壁からナンをはがします。
生地が壁からはがれても、もう一方の棒で突き刺しているので
下に落ちてしまうことはありません。
素早く引き上げてできあがりです。焼きあがったナンはどこかにこの棒を
突き刺した穴があいています。今度よ〜くチェックしてみてください。

ナンが焼きあがりました
ナンが焼きあがりました。外側はパリっと、内側はモチっと、
ほんのり甘みのあるナンです。できたてがおいしいです。





タンドール用ステンレス棒
2本のステンレスの棒はこんなものです。

■関連記事
インドの主食ってナンですか? [インド家庭料理ラニ]
ナンの作り方 [動画付きレシピ]
インドのパン

■その他のタンドール料理
チャパティ
タンドリーチキン
ラムチョップ
チキンタングリーカバブ
シークカバブ
タンドリープラウン
レーズンナン
フィッシュティカ

■インド料理教室でナンの作り方講習中

インド料理教室

タンドリーチキン

タンドリーチキン

タンドリーチキンは、北インドを代表する料理で、スパイスヨーグルトで下味をつけたチキンをタンドールオーブンで焼いたものです。ラニでご提供させていただいているタンドリーチキンは素材にこだわりを持っています。インド直輸入の新鮮なスパイスを使用、鶏肉は冷凍ものは一切使用しておりません。

■タンドリーチキンができあがるまで

ちょっと生々しいですが、鶏肉はこういう感じで一羽まるごと仕入れます。
鶏肉

鶏肉

皮をむいてからタンドリーチキン用に切り分けます。(動画)


キール(ささみ)
ウイング(胸と手羽)
ドラム(足)
サイ(腰)

スパイスやヨーグルトに漬け込んで味をしみこませます。
タンドリーチキン

串にさします。
串に刺します

下味を付けた鶏肉を金串にさす(動画)


下味をつけたチキンを串に刺します。食紅で色をつけたタンドリーチキンもありますが、ラニでは食紅は使っていません。スパイスの本来の色です。
串に刺します

タンドールオーブンで加熱します。
タンドールの中に入れます

ちなみにタンドールの壁に貼り付いているのはチャパティです。
チャパティの作り方
チャパティをタンドールで焼く

■関連記事
一羽丸ごとタンドリーチキン

■その他のタンドール料理
チャパティ
ナン
ラムチョップ
チキンタングリーカバブ
シークカバブ
タンドリープラウン
レーズンナン
フィッシュティカ

タンドールでチャパティを焼く

チャパティの生地を伸ばす棒

チャパティの生地を伸ばす専用の棒です。インドからもって来ました。日本にあるめん棒と同じですね。インドの家庭では、チャパティは専用のタワという道具で焼きます。日本だったらフライパンで焼くのがいいと思います。ラニではタンドールで焼いています。その様子をご紹介します。

こんな感じで生地を伸ばします

まず生地を伸ばします。うどんやそばと同じ要領です。

その後少し手でも生地を伸ばします

めん棒で伸ばした生地をそのまま焼いてもいいですが、プロの場合は更に生地を左右の手のひらの間を往復させながら、しかも少しづつ回転させながら均等に伸ばしていきます。(うまくできるようになるまでは1年くらいかかります。)

生地を枕に乗せます

生地を枕に乗せます。

タンドールの壁に生地を貼り付けます

タンドールの壁に貼り付けます。見ていると簡単そうなのですが、貼り付ける部分のタンドールの壁はオーバーハングしていますので、落ちないようにうまく貼り付けるには熟練が必要です。

タンドールにチャパティの生地が貼り付いているところ

生地がタンドールの壁に貼り付いているところです。

焼けたら取り出します

焼きあがったら、タンドール専用の2本のステンレスの棒を使って取り出します。1本は先がとがっていて直角に曲がっています。もう1本は先の方が平たくなったヘラのような形をしています。尖っている棒の方でチャパティを突き刺します。そしてもう一方のヘラを使い生地をタンドールの壁からはがします。

生地が壁からはがれても、もう一方の棒で突き刺しているので下に落ちてしまうことはありません。素早く引き上げてできあがりです。焼きあがったナンやチャパティはどこかにこの棒を突き刺した穴があいています。今度よ〜くチェックしてみてください。

タンドール用ステンレス棒

2本のステンレスの棒はこんな形状です。

チャパティ完成!

できあがりです!

チャパティの作り方
チャパティ

■その他のタンドール料理
タンドリーチキン
ナン
ラムチョップ
チキンタングリーカバブ
シークカバブ
タンドリープラウン
レーズンナン
フィッシュティカ

ラムチョップ

ラムチョップ
脂がのっていてとてもおいしいです。

ラムチョップ
もちろんラムも冷凍ものではなく「生肉」を使用しています。

ラムチョップ
ラムチョップ(仔羊肉の炭焼きバーベキュー)を焼いているところです。
(実際はタンドールの中で焼いているので、写真は焼き上がったものです。)
バーベキュー料理はすべてタンドールオーブンで焼きます。
長い串に肉を刺して、それをタンドールの中に入れてます。
余分な油がすべて落ちるので、ちょっと煙っています。
それが炭火焼のおいしさの秘密でもあります。

ラムチョップ
ラム肉は肉自体に含まれる脂肪分が牛肉、豚肉、鶏肉と比べると少なく、
ラム肉の脂肪分は体に吸収されにくい性質があり、
同じ量を食べても他の肉に比べ太りにくいと言われています。
また、ラム肉自体に含まれるコレステロールの量が少ないだけでなく、
同時にコレステロール値を下げる不飽和脂肪酸も
摂取できるというとってもありがたいヘルシーなお肉なのです。

最近「ラム肉はダイエットにいい」とメディアで取り上げられ、
巷ではジンギスカン料理などがブームになっているようです。
ラム肉がダイエットにいいと言われる理由は
ラム肉には「Lカルニチン」という成分が多く含まれていて、
その「Lカルニチン」が体内の脂肪燃焼を促進するという点です。

ちなみにラムとマトンの違いですが、ラムは生後1年までの子羊肉、
マトンはそれ以外の羊肉を指します。

ラニで提供しているマトンを使ったメニュー。
マトンカレー
マトンカレー


マトンサグ
マトンサグ


ラムチョップの仕込みから焼き上がりまで

■その他のタンドール料理
チャパティ
タンドリーチキン
ナン
チキンタングリーカバブ
シークカバブ
タンドリープラウン
レーズンナン
フィッシュティカ


Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 deliciousにブックマークする ライブドアクリップに追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る