昨日

KAL (THA)
カル(タ)
yesterday

KAL BARISH THE
カル バリシ ティ
昨日は雨だった
It rained yesterday.

今日

AAJ
アジ
today

AAJ BARISH HE
アジ バリシ ヘ
今日は雨だ
It rains today.

じゃがいもとにんじんのカレー

材料

本日使用する食材です。たまねぎは赤くない普通のたまねぎでもOKです。今日は、ご近所の野菜の生産者さんがお客様としてご来店くださり、お土産に取れたての唐辛子をいただきました。本日は辛味スパイスのカイエンは使用せず、生の唐辛子で辛味を出すことにします。

じゃがいもとにんじんを切ったところ

じゃがいもとにんじんを食べやすい大きさに切ります。じゃがいもとにんじんは同時に調理しますので、にんじんはじゃがいもよりは、火が通りやすい大きさに切ります。

たまねぎ、とまと、にんにく、しょうがを切ったところ

たまねぎはスライス、トマトは乱切り、しょうがは千切りにんにくはみじん切りにします。

クミンシードを炒めます

サラダ油をなべに熱し、クミンシードを香りがでるまで炒めます。

にんにく、しょうがを炒めます

にんにく、しょうがを炒めます。にんにくがほどよくキツネ色になったところで、

じゃがいもとにんじんを炒めます

じゃがいもとにんじんを加え炒めます。

スパイス

本日使用するスパイス。生の唐辛子がない場合は、カイエンペッパーを使用します。

スパイスを入れます

じゃがいもの周囲が透明になってきたところで、スパイス、刻んだ唐辛子を加えます。

たまねぎを入れます

焦げ付かないように手早く炒めながら、たまねぎを加え更に炒めます。

トマトを入れます

トマトを加え水分がなくなるまで炒めます。

水を加えます

水を加え、蓋をしながら20〜30分弱火で、じゃがいもとにんじんに火を通します。

火が通ったらできあがり

じゃがいも、にんじんに火が通ったらできあがりです。

じゃがいもとにんじんのカレー

できあがりです。

レシピ
じゃがいも 3個
にんじん  3本
たまねぎ  半分
トマト   2個
にんにく  30g
しょうが  40g
とうがらし 10本(カイエン こさじ1/2で代用可)
水     500cc

クミンシード 10cc(こさじ2)
パプリカ 10cc(こさじ2)
ターメリック 15cc(おおさじ1)
ガラムマサラ 15cc(おおさじ1)
塩      10cc(こさじ2)
サラダ油  50cc 

見た目はとってもジャパニーズカレーですが、味は全然違います。ヒンディ語では ALOO GAJAR アルカジャ と呼ばれます。アルはじゃがいも、ガジャはにんじんのことです。要するに「そのまんま」の名前です。

▼こちらもご覧ください
インド料理レシピ [インド家庭料理ラニ]
インド人シェフのレシピ [インド人シェフのブログ]
インド料理教室

産地直売野菜

いつも行く銀行の近所に野菜の無人販売所があります。銀行の帰りには必ず寄って旬の産地直売の野菜を買っているのですが、偶然生産者の方とお会する機会がありました。それをきっかけに当店のお客様になっていただきました。そういうわけで、ご来店の際には野菜のお土産をいただいてしまうのです。いつもありがとうございます。

デュシャラ Dussehra

ディワリの21日前に行われるお祭りです。
神様ラーマが、3人の悪者
ラワン、メグナット、クンブカラヌを退治したことを祝うお祭りです。
紙や木に書かれた悪者の絵を燃やします。
田舎では今でも盛んに行われているようですが、
最近は都市部では火を燃やすのが危険という理由から
昔ほど盛んに行われてはいません。

インドのお祭り

10月の壁紙

10月の壁紙
Photo by Blue Dawn

ガネーシュ

ガネーシュ
象の神様ガネーシュです。गणेश
ネズミに乗っています。日本名は、観喜天、聖天。

†ガネーシュにまつわる神話†
ガネーシュはジヴァとパールヴァーディの子どもです。
ガネーシュはパールヴァーディが夫の留守中に自分の「アカ」から
作り出した息子です。パールヴァーディは
「お風呂に入っている間入り口を見張っておいて」と息子に頼みます。
そこに夫シヴァが帰宅するのですが、家に知らない男が。
シヴァは怒って息子ガネーシュの首を切って殺してしまいます。
後から事情を知ったシヴァは、象の首を切って息子につけて
息子を生き返らせました。

ガネーシュ

ガネーシュ

コブラに乗るガネーシュ
シヴァ神とガネーシュ
ガネーシュの置物
ガネーシュの絵
ガネーシュの木像
ガネーシュ
ガネーシュの絵

2006年9月のアクセス数

皆様ご訪問ありがとうございました。
9月のアクセス数は6,312pvでした。
これからもよろしくお願いします。

ドゥルーガプージャ

ナブラットリーの神棚
ナブラットリーの期間中は特に神棚も賑やかです。
今日は先日始まったナブラットリーの最終日です。
この日はドゥルーガプージャと呼ばれます。

お供え物
神棚へのお供え物。手前にある茶色いものは、jyoti(ジョーティ)
と言って、粉で作ったものですが、その中にギー(油)を入れて
火を灯します。

お祝いのごはん
これは「カンジャック」と呼ばれる食べ物です。牛乳と砂糖で甘く
味付けしたご飯と、スパイスで味付けしたブラックチャナ豆(ひよこ豆)
を食べます。このカンジャックは、ディワリの最終日とナブラットリーの
最終日に、年2回だけ食べるご飯です。

子どもはみんなお小遣いをもらいます。お年玉みたいなものですね。
だから子どもはこの日をとっても楽しみにしてます。
男の子より女の子のほうが多くもらいます。

インドのお祭り
お祝いの日に食べるもの

今何時ですか?

KITTENE BAZE HEI
キッテネ バジ ヘ

What time is it now?

ちなみに質問に対する答えは
1時10分です…エク ダス
5時30分です…パンチ ティース

ヒンディ語の数の数え方

象の神様ガネーシュ

ガネーシュ
デフォルメされたガネーシュ。店内の壁のどこかにありますので
ご来店の際に探してみてください。

ガネーシュの絵
ガネーシュの木像
コブラの上に乗るガネーシュ
ガネーシュの置物
ねずみが大きいガネーシュの絵
ガネーシュの彫像
ガネーシュのレリーフ


はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

ブログ記事検索

プロフィール

インド料理教室

記事

カテゴリ

過去記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

others

mobile

qrcode

ページのトップへ戻る